« 工作 | メイン | 読書 »

2013年01月01日

●あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

2013年も今まで同様,写真ネタにはこだわらず,アクセス数アップも意識せず,更新頻度も適当に続けていきたいと思っておりますので,どうぞよろしくお願いいたします。

日々の細々したどうでもいい話はツィッターで。>Twitter(@hsohei)

猫たちの様子はアメーバブログにも書いています。>ソウヘイ航宙記

Pete and Delta

2012年12月31日

●写真って楽しいねっ〜2012年総括〜

3.11の東日本大震災から1年9ヶ月。波はあるものの余震は続いていて,今月も一回津波注意報が出たりした。原発事故の放射線は,2012年12月末現在で0.055〜0.060uSv/hくらい。昨年の半分以下,1/3近くに下がってきている。事故前に比べると2倍くらいの値。

トピックスとしてはアマチュア無線関係が多かった。開局した当初は災害時に安心かな,という程度だったのが,うっかりCW(モールス通信)を試してみたところが,これがけっこう面白くてハマってしまった。オールモードの無線機FT-817を買ったり,ハムフェアにも出掛けてみたし,コンテストに参加して海外とも交信することができた

新しいことに挑戦するのは楽しいし,これからもアマチュア無線は少しずつ続けていければ良いと思っている。ただし,1年間やってみてそんなにのめり込むようなことはないだろうと踏んでいる。なぜかといえばアマチュア無線は所詮「金がないと極められない/金さえあればそこそこ極められる」趣味だとわかったから。もちろんCWをはじめとしてPhoneでもオペレートのスキルに依存する部分はあるし,アンテナだとか電波伝搬を勉強することは必要だ。でも,いくらスキルを磨いたって無線機が買えなければ交信できないし,アンテナを建てる場所だって要る。そして無線機や道具類はいちいち高価。お金のない人は私のようにQRP(低出力)と移動運用で慎ましくやるのが精一杯。この1年で無線関係に20万円くらい使っても,だ。

そういう意味ではアマチュア無線というのは楽器やスポーツよりも,車だとかカメラに近い趣味ではないだろうか。そしてつぎ込んだ金額で満足度が変わるような趣味にはそれほど夢中になることはできない。これから続けていくにしても,投資は最小限に,スキルと知識を伸ばす方向で楽しみたいと思っている。

アコースティックギターの弾き語りは,無線とは対照的に90%はスキル依存であり,こっちの方こそ末永く楽しめる気がしている。とはいえスキルに依存するということは常に練習していないと上達はないということで,忙しいとなかなか厳しいのが実態。かろうじて年2回の発表会()だけは参加するようにしている。

猫のピートは7歳デルタは5歳になった。今年はいつものフォトコンテストで,かんなさんの撮った写真が特別賞を受賞した。日々の写真はアメブロの方に載せている。

読書は年末になってついにKindleが発売され,私も早速PaperWhite 3Gを購入した。今後紙の本と電子書籍の読書比率がどのように変わっていくのかは予測できないけれど,1年後の総括ではある程度方向性が見えてくるかもしれない。保管場所のことを考えるとKindle優位なので,購入を迷っている本が複数ある場合はKindle版が出ている方を優先する可能性は高い。

ということで今年読んだ本は下記。

【SF】
キリストのクローン/新生(上・下)(J.ボーセニュー)
キリストのクローン/真実(J.ボーセニュー)
南極点のピアピア動画(野尻抱介)
希望(瀬名秀明)
連環宇宙(R.C.ウィルスン)
天冥の標6 宿怨 PART1(小川一水)
白鹿亭綺譚(A.C.クラーク)
銀河ヒッチハイク・ガイド(D.アダムス)
拡張幻想 ー年刊日本SF傑作選ー(大森望・日下三蔵 編)
宇宙の果てのレストラン(D.アダムス)
機龍警察 自爆条項(上・下)(月村了衛)
天冥の標6 宿怨 PART 2(小川一水)
宇宙クリケット大戦争(D.アダムス)
去年はいい年になるだろう(上・下)(山本弘)
フェッセンデンの宇宙(E.ハミルトン)
さようなら、いままで魚をありがとう(D.アダムス)
ほとんど無害(D.アダムス)
小説版ドラえもん のび太と鉄人兵団(瀬名 秀明, 藤子 ・F・不二雄)

【ミステリ】
工学部・水柿助教授の逡巡(森博嗣)
工学部・水柿助教授の解脱(森博嗣)
四季 春(森博嗣)(再読)
タカイ×タカイ(森博嗣)
朽ちる散る落ちる(森博嗣)(再読)
シャーロック・ホームズ作品集(I) お風呂で読む文庫(C.ドイル)
シャーロックホームズ作品集(II) お風呂で読む文庫(C.ドイル)

【ご参考】
2011年総括
2010年総括
2009年総括
2008年総括
2007年総括
2006年総括
2005年総括

2012年12月01日

●今週見た景色 東京ディズニーシーとホテルミラコスタ

今年もバケーションパッケージで,メインは2時間半のガイドツアーと,ビッグバンドビートの鑑賞。体力がないのでできるだけ疲れないように,アトラクションは最小限とした。人気のトイストーリーマニアはパッケージのファストパスで遊ぶことができた。

昨年は大震災への配慮でシー開園10周年にも関わらずかなり簡素なクリスマスとなっていたけれど,今年は少し元に戻しつつあるようだった。昨年はツリーがなかった場所にツリーが戻っていたり,といったところで知ることができる。

業績好調なオリエンタルランドだが,コストに無頓着なわけではなくて,顧客満足度を下げないギリギリのところでコストを削っている。それは今まではホテル毎に専用品を作っていた小物(紙ナプキンや段ボール箱)をディズニーホテルで共通化したり,水のペットボトルもオリジナルからいろはすに変わったり,という感じだ。定点観測しているといろいろなことがわかってくる。

ミラコスタは通算11泊目。部屋はヴェネツィアンサイドの5F。ちょうど足場をかけて外装を補修している部分が良く見えた。

今回は初めて一眼レフを持って行かずに,コンデジのEX-ZR200だけにしてみた。ディズニーリゾートは人工的に「作られた景色」ではあるけれど,それだけに風景,ポートレイト,夜景,料理,屋外,室内,遠景,望遠などいろいろなシチュエーションの撮影を試すことができる。

明るい条件で低感度で風景を撮る程度なら,あまりアラは目立たないけれど,それ以外では画質や構図をどうこう言うのは厳しい感じ。とにかくノイズがひどいし,センサーが小さいので絞りの効果もほとんど出ない。ただ,記録という意味では手振れ補正や複数枚の合成などでとりあえず「写る」ので,その点は評価しても良いと思う。EOS Kiss X2に標準ズームだと,撮れないシーンはどう頑張っても撮れないので。あとはやっぱり軽くて良い。一眼レフを持って歩くのは肩が凝る。

ヴェネツィアンゴンドラ周辺
カラー・オブ・クリスマスヴェネツィアン・サイド スーペリアルームオチェーアノディナーコース
CASIO EX-ZR200

【その他の写真(Flickr)】

【参考記事】
2011年の様子
2010年の様子
2009年の様子
2008年の様子
2007年の様子
2006年の様子
2005年の様子
かんなさんのミラコスタウェディングページ

2012年04月22日

●映画鑑賞 名探偵コナン11人目のストライカー

恒例のコナンくん映画。昨年は震災で閉館していたシネコンも無事に復旧した。ただ内装が避難誘導や節電を考えてか簡素になっていた。

公開後一週間経った土曜朝9時からの上映で,空席80%ほど(つまりガラガラ)。

Jリーグとタイアップしていろいろとやっていたようだけど,サッカーには興味がないのでよくわからなかった。選手本人が声を当てているところはいちいち不自然で,もちろん彼らは役者じゃないので当然なんだけど,こういう演出ってサッカーが好きなちびっこは嬉しいんだろうか...

アクション頼りなところも最近では定番化してしまって,「大人の頭脳」よりもむしろ,小学生になっても驚異的なコナンくんの身体能力にすべてがかかっている感じ。確か初期の頃は「やっぱり小学生の身体じゃ体力もないし云々...」という設定があったように思うけれど。

どうせちびっこ向けでは同時期に公開される仮面ライダー,戦隊もの,ドラえもん,プリキュア,クレしんなどに敵わないのだから,もう少し探偵らしさを生かす脚本を望みたい。けど,やっぱり映画はアクションだよね,ってことになるのかなぁ。

まあ健気な蘭ちゃんがかわいいので,来年も観に行くでしょう。

参考リンク:劇場版名探偵コナン公式サイト

2012年03月15日

●今さらスキーの話でも書きましょうか

スキーについてはブログでほとんど書いたことがなかったかもしれない。パジェロでスピンしたときくらいか。

新潟出身のくせに新潟に住んでいた頃はほとんどスキーなんてやったことがなくて(子供の頃のおもちゃスキーは除く),社会人になって茨城に引越してから,しかもパジェロを買ってからようやくスキーに目覚めたという感じである。

まあスキーに目覚めたというよりは,今風に言うと婚活に目覚めたというのが正しいかもしれない。

茨城からスキーに行くとなると,那須方面に行くにしても会津方面に行くとしても,片道3時間とか見積もる必要があって,ちょっとした旅行気分である。

で,合コンなりで知り合った女の子に,いきなり温泉旅行やディズニーランドに行きましょうとはなかなか誘いづらいけれど,日帰りでスキーに行くなら誘いやすい。男2,女2などのグループならあまり警戒もされない(別に悪いことをするわけではない)。連絡用にと電話番号とメルアドをゲットするのもごく自然にできる。

車はワンボックスだと快適だが,独身フリーでワンボックスというのも狙い過ぎでちょっとあざとい感じもする。ツーシーターのデートカーも論外。軽自動車も厚着した大人4人が長時間乗ることを考えるとちょっと厳しい。スタッドレスとチェーン,スキーキャリア,雪を落とすブラシくらいは準備しておこう。

出発はだいたい朝6時台が目安。男グループを拾ってから女性を迎えにいく。とにかく滑ることだけが目的の若いグループだと朝というより夜(3時とか4時とか)に出発する連中もいるが,気温が低くて凍結のリスクも高いし,女性はメイクなどの都合で集合時間の2時間前には起きることを考えて時間を設定してあげる気遣いが欲しい。

車中のトークにも気をつけたい。単なる友達で気心が知れているなら,「こないだの合コンは失敗だった」とか「メール送っても返ってこないんだけど」的な自虐話で盛り上がるのも良いけれど(そしてそれはそれで楽しいけれど),少しでも相手に興味があるなら,相手のことをいろいろと聞き出すチャンスである。BGMとして新譜をレンタルしてMD(時代を感じるなぁ)に入れておくとか,21時台のテレビドラマなどをチェックしておくのは基本である。タイプの芸能人などは,聞かれたらさらっと答えられるように。私はほんとに芸能情報に疎くて,最初の頃は苦労した。「芸能人で言えば誰がタイプ?」って聞かれても,そもそもどんな人がテレビに出ているか知らないので答えようがなかったのである。

馬鹿馬鹿しいとは思うのだが,長い道中で必ず,これはもう100%確実に話題になるのが「血液型」。間違っても「そんなの何の根拠もないよね」などと放言しないこと。基礎知識として,A型は几帳面,B型はズボラでマイペースくらいを押さえておけば充分である。その他だった場合は「え~,A型かと思った」とか言っておけば問題ない。

スキー場のチョイスだが,男だけなら車の中で着替えることもできるけれど,特に初級者の女の子がいる場合はきちんとしたロッカーがあるところを選ぼう。リフトも乗降場所でスローになるクアッド(4人乗り)か,ゴンドラだと楽。シングルとかダブルは全員中級者以上の場合にしよう。ダブルだと誰が誰と一緒に乗るかとか,微妙な駆け引きもある。

スキーなりスノボはとにかく男は滑れないことには話にならない。私も上に書いたように滑れなかったが,会社の同期の男友達と2人だけで毎週通ってまずは練習をした。少なくとも中級コースを滑れる程度にはなりたい。逆にそれ以上上手になってもあまり意味はない(目的が違う)。

ゲレンデではエスコートに徹すること。女の子が初心者の場合はなおさらである。転んだときは手を貸して,スキーが外れたら拾ってあげる気遣いが欲しい。ただこういうことをするためには自分がそこそこ滑れないといけないので,やはり練習は重要だ。小回りの効くファンスキーがオススメである。スノボははっきり言ってこういうシチュエーションには向いていない。ほとんど水平に近い初心者コースでは自分自身の身動きが取れないので(よほどモテる人でカッコ良さをアピールするなら別)。

お昼を食べて,午後は1時間くらい滑ったら帰り支度をしよう。あまり疲れると帰りの車内は全員爆睡でトークもできないし,日が落ちてからの雪道は危ない。

そして茨城に帰り着く頃にはちょうど晩ごはんの時間になって,自然にファミレスで食べて行こうか,という話になる。ここで次回に繋げられればハッピーである。

とまあ,理論は完璧なのだが,かんなさんのハートを射止めた(?)ときはスキーとは関係ないシチュエーションだった。現実というのはそういうものである。

ぜひ参考にしていただきたい。あくまでもフィクションなので,誰と行ったんだ,とかいう質問にはお答えできない。

※ちなみにこの記事は昨年の311の直前に下書きをして,そのままお蔵入りになっていたもの。1年経ったので蔵出し。


2012年03月03日

●今日見た景色 真壁のひなまつりと筑波山梅まつり

年度末仕事に追われている昨今だが,リフレッシュも必要ということで日帰りバスツアー。

桜川市真壁のひなまつり。震災により登録文化財の被害が大きく,現在でもかなり痛々しい状態。直すといっても文化財だけにいろいろと考えながらしなくてはならず,難しいのだろう。

「寒い中、真壁に来てくれる人をもてなせないか」という住民の思いから始まった真壁のひなまつり。 歴史ある町割りの中、300余棟を超える見世蔵、土蔵、門などが軒を連ね、その内の104棟が国の登録文化財に登録されています。平成22年6月29日には国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。 ひなまつり期間中は、そうした風情ある町並みの中に江戸から明治、大正、昭和、平成までのひな人形、手作りのつるし雛、地元特産のみかげ石で作ったひな人形などが飾られます。こうしたひな人形を飾る家は約160軒を数え、期間中に真壁を訪れる観光客は約10万人を超えます。--桜川市観光ガイドより

真壁ひなまつり

真壁ひなまつり真壁ひなまつり真壁ひなまつり


筑波山の梅まつりはまだ紅梅が三分咲きくらいで,見頃はもう少し先。筑波山はロケーションが良いし,ちょうど雛コンテストの日ということで,かんなさんがVX-7でCQ雛コンテストを出したが,空振り。バスツアーの限られた時間だったのでちょっと厳しかったかも。コンテストではないが,東京日野市からCQを出している局があったので,430MHzでQSO。距離は約90km。内蔵ホイップアンテナでもロケーションが良ければ結構届く。RSレポートは51を頂いた。

筑波山梅まつり

2012年01月01日

●あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

2012年も今まで同様,写真ネタにはこだわらず,アクセス数アップも意識せず,更新頻度も適当に続けていきたいと思っておりますので,どうぞよろしくお願いいたします。

日々の細々したどうでもいい話はツィッターで。>Twitter(@hsohei)

猫たちの様子はアメーバブログにも書いています。>ソウヘイ航宙記

デルタとススキ

2011年12月31日

●写真って楽しいねっ〜2011年総括〜

2011年,やはり311の東日本大震災のインパクトは大きかった。幸い我が家は人的・猫的な被害はなかったし,マンションは揺れがひどくて家財はずいぶんダメになったが,住むところがなくなったわけではない。インフラが復旧するまで2週間に及ぶかんなさんの実家での避難生活も大変ではあったがとにかく家族がみな無事だったことを感謝したい。当時の日記を読み返すと,なかなか生々しい。給水車に3時間並んだこと,わずかしか品物のないスーパーに入店するのに2時間並んだこと,福島原発の状態を注視しつついざというときに逃げるためのガソリンを温存して徒歩で行動したこと,10日間シャワーも浴びられなかったこと,一日に何度も沢に水汲みに通ったこと…。できればもう二度と経験せずに済ませたいものだ。

我が家の被災状況

震災後も余震が続き,9ヶ月以上経った現在でも1日か2日に一回くらいは体感できる揺れがある。そんな状況なので狭い部屋の中は備蓄の水や食料品などが所狭しと並び,倒れたり落ちて危険なものはすべて撤去するか床置きにしてあり,とても人様にお見せできる状態ではない。こんな体制をいつまで続ければいいのか,難しいところだ。

原発事故の放射線だが,2011年の12月現在で,事故前の5倍くらいの値(0.14uSv/hくらい)で推移している。ちなみに5月は0.2uSv/hくらいだった。

震災以外の話題としては,iPod touchを買って日記(プライベートな方)をEvernoteに移行したこと盆栽を買ったこと,かんなさんのパソコン更新,そしてアマチュア無線の免許(3アマ)を取って無線局を開局したことなどがあった。

アコースティックギターの弾き語りは現在ほとんど教室には通っておらず,コードを忘れない程度に気が向いたときにちょっと弾くくらい。アコギは手軽な楽器ではあるが,本当に忙しいとやはり手が付かない。ただ,来年も発表会だけは出ようと思うので,何か課題曲を考えなければいけない。

猫のピートは6歳デルタは4歳になった。猫のネタはいちいち書いていないけれど,それは安定した日常ということで幸せなことだ。写真はアメブロの方に載せている。

読書は淡々と文庫新刊SFを読んだり再読したり。

【SF】
スティーヴ・フィーヴァー ポストヒューマンSF傑作選(山岸真編)
さよならペンギン(大西科学)
ぼくの、マシン ゼロ年代日本SFベスト集成<S>(大森望編)
アンブロークンアロー戦闘妖精・雪風(神林長平)
青い星まで飛んでいけ(小川一水)
地球移動作戦(上・下)(山本弘)
天獄と地国(小林泰三)
天冥の標IV: 機械じかけの子息たち(小川一水)
ねじまき少女(上・下)(P.バチガルピ)
あなたのための物語(長谷敏司)
結晶銀河 ー年刊日本SF傑作選ー(大森望・日下三蔵 編)
プランク・ダイヴ(G.イーガン)
ZOKURANGER(森博嗣)
究極のドグマ―穂瑞沙羅華の課外活動(機本伸司)
冷たい方程式(T.ゴドウィン他)
天冥の標V 羊と猿と百掬の銀河(小川一水)

【ミステリ】
黒猫の三角(森博嗣) 再読
人形式モナリザ(森博嗣) 再読
月は幽咽のデバイス(森博嗣) 再読
夢・出逢い・魔性(森博嗣) 再読
魔剣天翔(森博嗣) 再読
恋恋蓮歩の演習(森博嗣) 再読
六人の超音波科学者(森博嗣) 再読
キラレ×キラレ(森博嗣)
捩れ屋敷の利鈍(森博嗣) 再読
赤緑黒白(森博嗣) 再読
工学部・水柿助教授の日常(森博嗣)

【その他】
吾輩は猫である(夏目漱石) 電子ブック

【ご参考】
2010年総括
2009年総括
2008年総括
2007年総括
2006年総括
2005年総括

2011年12月11日

●今週見た景色 東京ディズニーリゾートとホテルミラコスタ

今年はかんなさんのプランによると,「ショーを楽しむ2日間」というコンセプトで,シーとランドのショー予約席をアレンジしたバケーションパッケージを使った。

それよりも今年は大震災があったので,例年通り行けるかどうかも不安だった。「今年は無理かもね」と5月頃には話していた。なんとか営業が再開され,余震はまだ続いているものの,旅行に行けるだけのゆとりができたということを感謝したい。

ディズニーシーは今年開園10周年となる。5周年やランド25周年のときはかなり盛大に祝っていたので,「来年は賑やかだろうね」と,昨年訪れたときには話していた。しかし震災後のいろいろな配慮などもあってか,かなり控えめな印象を受けた。まあこれは仕方がないことだと思う。

クリスマスのデコレーションは昨年からすでに簡素化の方針が見えていたが,今年は上記のようにさらに簡素になっていると感じた。以前はリースやツリーが飾られていた場所に何もなかったり,というような変化である。毎年同じ時期に定点観測しているとけっこうはっきりわかるものだ。

ミラコスタ宿泊は通算10泊目。部屋はかんなさんが体調を崩してしまった2008年以来のハーバービュー。新しい夜の水上ショー「ファンタズミック」は部屋から鑑賞することができた。

ただ2日間の滞在中,初日の昼から翌日の午前中は小雨に降られてしまった。前々から日程は決まっているため,当日に天気,体調など好条件が揃うかどうかは運任せなところもある。

写真はミラコスタの防災関係の設備を中心に。昨年テルメヴェネツィアのキャストに教えていただいたが,火報や非常口の誘導灯など,以前は消防法で色や大きさがかなり厳しく決められていたのだが,ディズニーが関係当局と交渉して,デザイン的にマッチするものを認めてもらったとか,そんなことをおっしゃっていた。

テルメヴェネツィア

テルメヴェネツィアテルメヴェネツィアミラコスタのお部屋ハーバービュー 部屋からの眺望

EOS Kiss X2 / EF-S 18-55mm f/3.5-5.6 IS

【その他の写真(Flickr)】

【参考記事】
2010年の様子
2009年の様子
2008年の様子
2007年の様子
2006年の様子
2005年の様子
かんなさんのミラコスタウェディングページ

2011年10月10日

●週末見た景色 群馬

恒例の群馬板倉。今年はハンディトランシーバのVX-7で144/430MHz帯をワッチしながら,常磐道〜北関東道〜東北道を走った。

北関東道で栃木に入ったあたりから144MHz帯の交信が増え始め,不確実だが埼玉からのコールも聞こえてきた。関東平野はアマチュア無線には適したロケーションなのかもしれない。

お世話になる親戚のお宅は,渡良瀬川の土手の近くで,河川敷を利用した板倉滑空場がある。ここでは週末になるとグライダーが離着陸しており,それを眺めているだけでも楽しめる。

無動力のグライダーは,動力付きの軽飛行機(曳航機)とワイヤーで結ばれて,引っ張られて離陸し,上空でワイヤーを外して滑空に入る。着陸はやり直しの効かない一発勝負だが,ふわりと上手に降りていたのが印象的だった。

板倉滑空場

VX-7の広帯域受信モードで板倉フライトサービスの周波数をワッチしながらのんびりとグライダーを眺めていた。無線では風の状況や,曳航機の高度などが交信されていた。

板倉滑空場

この辺では写真のような避雷針付きのアンテナタワーが多くのお宅にあり,こんなのがあればアマチュア無線のアンテナを設置するのも簡単かもしれない。

群馬の家のアンテナタワー

群馬旅行板倉滑空場群馬旅行

写真はすべてEOS Kiss X2 / EF-S 18-55mm f/3.5-5.6 IS

参考リンク
2010年の様子
2009年の様子

2011年10月01日

●日記その後(14年経過)

パソコンで,というか電子データとして日記を付けはじめて14年経った。最近はiPod touchで書いたり,Twitterでつぶやいた内容を最終的にEvernoteに送って,クラウド上に日記を置いている。なので「パソコンで書いている」と単純に言えなくなった。

Evernote上にデータがある関係で,いつでも過去の日記を参照するというわけにはいかない(iPhoneを買えば可能)のと,Evernoteは日記専用ソフトとは違うので使い勝手が悪いのが現状の課題。あと,以前も書いたことだがどのくら長期に渡ってサービスが継続するか不安ということもある。

長らく使っていた千年日記では,日記を付ける機能の他に,年中行事のリマインダー機能があって,「あと1週間で○○さんのお誕生日です」みたいなことが起動するたびに表示されたため,忘れてはいけない記念日や誕生日を登録しておくことができた。Macは基本的に毎日使うので,そういう年中行事リマインダーのソフトがないかどうか探したのだが,まだ見つけられない。

過去の日記もすべて月ごとのテキストファイルに分割してEvernoteに転送してある。しかしこれも,1ヶ月単位のノートがたくさんあるだけで,あまり見やすくない。検索機能は一応あるがやはり専用ソフトにはかなわない。

結局,汎用のソフトはなんでもできる代わりに,それ専用に特化して作られた専用ソフトの使い勝手にはかなわないということの確認にはなった。

とはいえ,今のところこれ以上良い方法は思いつかないので,もっと良い手段を思いつくか,新しいサービスが始まるまではiPod touch+Evernoteで日記を続けていくつもり。

2011年04月17日

●映画鑑賞 名探偵コナン沈黙の15分

恒例のコナンくん映画。震災の影響でいつも使っているシネコンがまだ営業再開していなかったので,少し遠いところまで足を伸ばした。

公開初日(土曜日)の昼からの上映で,空席30%ほど。他のちびっこ向けアニメが充実(ドラ,くれしん,プリキュア等)していたので,小さなお子様は少なかったようだ。ちびっこもどれを観るか悩むところだろう。

コナン映画は15周年記念作品。最近アクション重視の話が続いているので,15周年で原点に戻って眠りの小五郎パターンを期待していたけれど,やっぱり今回もアクションだった。

ちょっとわざとらしい新潟弁が,新潟出身者としては少し気になったかな。

2011コナン

参考リンク:劇場版名探偵コナン公式サイト

2011年04月10日

●富士桜の盆栽その後(1ヶ月半経過&桜坂弾き語り)

2月の終わり頃に花木センターで買ってきた富士桜の盆栽の続報である。

実は3月11日の東日本大震災のとき,震度6強を記録したうちのマンションでは家具が倒れたり食器が崩れたりと,かなりの被害が出た。そしてベランダの花台に置いていた富士桜の盆栽も,花台ごとひっくり返ってしまったのである。

その後はライフラインがすべて止まり,特に水道は復旧までに10日を要した。私たちは猫を連れて同じ市内にあるかんなさんの実家に避難していた。盆栽は鉢がひっくり返って,根が露出した状態で2晩放置し,その後荷物を取りに戻ったりしたときに応急的に鉢に戻して,貴重な汲み置きの水を最小限あげるということを,ライフラインの復旧まで続けた。

正直なところ,この盆栽についてはもうダメかと思っていた。植え替えをしたばかりだったし,根が露出した状態で放置したり,その後も水不足と,かなりのダメージを受けたと思ったからだ。

しかし植物というのは意外と生命力があって,少しずつ花芽も大きくなってきた。この写真は4月3日。

富士桜の盆栽

そしてこの翌日にはついに一輪が開花し,その後は次々と花が開いていった。この写真は4月10日。

富士桜の盆栽

一重咲きで白っぽいというのは予想通りだが,思ったよりも花弁が細長くて,やっぱり実際に見て初めてわかることというのは多い。そしてこれも情報通り,花はすべて下向きに咲く。これは花芽が上向きに出ていても,咲くときにはクネっと下向きになるので面白い。

富士桜の盆栽富士桜の盆栽

ソメイヨシノほどの華やかさはないけれど,なんといっても震災を生き延びたことで愛着が湧いたので,今後も大切にしたいと思う。まずはひっくり返ったときにヒビの入った鉢をなんとかしなければ...。

せっかくなので開花した桜と一緒に,「桜坂」を弾き語り。ギター教室の発表会も震災のために延期になっている。

2011年02月24日

●週末の買物 富士桜の盆栽(後編)

前回からの続き

いじるのはじっくり眺めてから,とは思いつつ,でもプラのポットに入ったままではねぇ,底から根っこも出てるし…。ということで早速植え替えることにした。

こういう作業こそ親父がよくやっていたので,もっとちゃんと見て教わっておけば良かったと今さら思っても遅い。

とりあえず本とかんなさんの助言を参考に,土は赤玉土と腐葉土を混ぜて,鉢の底には水捌けを考えてゴロっとした石を敷いた。ネットでは赤玉土と富士砂を混ぜると書いてあったので,本当は富士砂が欲しかったのだがホームセンタには10kg入りの袋しかなかった。さすがにそんなに要らない。

ポットから慎重に出してみると,根がびっしりと隙間なく覆っている。これでは窮屈そうだ。しかしどの程度切ったりするものなのかその辺の感覚が全然ないのであとは適当。いきなり枯れたら悲しいので,新しい鉢で窮屈にならない程度に少し切るにとどめた。

植え替え植え替え

正面もまだ仮決めで,枝については今回は触っていない。元々かけられていた針金は外した。

富士桜

この状態でまずはちゃんと枯れずに花や葉が出るかどうか見守りたいと思う。

写真を撮っていて思ったのは,盆栽の写真を撮る環境を少し考えないといけないということ。ベランダではなかなか絵になる背景がないし,室内だとライティングが難しい。でもやっぱり背景のことを考えると室内かなぁ。


2011年02月23日

●週末の買物 富士桜の盆栽(前編)

すっかり興味がアナログ化してきて,今度は盆栽である。

かんなさんは3年ほど前から五葉松と梅を寄せ植えにして育てているが,私は様子を見ているだけだった。

実家には親父が育てていた盆栽というか鉢植えの梅やサツキやボケがあったと思うが,まったく興味がなかった。雪囲いや水やりは手伝ったこともあったが,もっと興味を持ってあげれば親孝行になったのになぁ,などと思うこともある。

今回自分でも始めようと思ったきっかけは,かんなさんが松と梅の今後の展開(枝の剪定や針金かけ)の参考にと盆栽の本を買ったことと,大きめのホームセンターの盆栽のコーナーで店員さんにいろいろと話を聞いたことが影響している。

そのホームセンターの盆栽コーナーはさつき専門店として割と有名で,百万円以上もするさつきを通販もしている。

で,2時間くらい懇切丁寧にさつきのことを説明してくれたお店の人には大変申し訳なかったのだが,さつき盆栽は自分には合わないと思った。イメージとして,立派な盆栽でも最初は小さな苗の状態から丁寧に世話をして何十年もかけて育てていくものだと思っていたのだ。しかし実態は植木屋さんが畑に地植えした状態で枝を切りながら幹を太らせ,適当なタイミングで掘り返して鉢に移すというではないか。つまり最初から大きな状態で買ってきて,あとは針金かけとか剪定で枝を育てることを楽しむものなのだ。

せっかく植物を育てるなら,幹の成長から10年,20年といったスパンで楽しみたいではないか。

かんなさんは3年育てた松と梅でだいぶ感触がつかめたので,松を苗から育ててみたいとおっしゃる。

そこで最初のお店で紹介してもらった少し遠い花木センターに行ってみた。ら,これがすっかりハマってしまったというわけ。

とにかく盆栽の種類が多くて,見ているだけでも楽しい。私はなんとなく紅葉がきれいなモミジか,桜が良いな,と思いながら見ていた。桜もいろいろ種類があって,多いのは緋寒桜や八重桜。個人的に桜はソメイヨシノが好きだが,ソメイヨシノは大きくなる木であり盆栽には向かないのだそうな。

で,桜コーナーを眺めていたら一鉢だけぽつんと,富士桜というのがあった。富士桜はどんな桜だろうと,携帯で検索してみたところ,あまり大きくならない木で,小木でも花を咲かせる特徴があり,花は白っぽい一重咲きらしい。これはなんとなくイメージしている桜に近いのではないかと思い,これだけたくさん盆栽がある中で一鉢だけという点にも運命的なものを感じて購入することにした。

立派なさつきと違って,仕立てる前の盆栽の苗というのは安い。富士桜は1500円,かんなさんが買った黒松の苗は580円だった。

「買ってきた盆栽はまず写真を撮ってよく眺めましょう」と本に書いてあったので写真を撮っておく。幹の太さは根元でも1.5センチ程度。ヒョロっとした感じだが,吹き流しか懸崖にしてはいかが?という示唆なのだろう,最初から針金で曲(きょく)がつけてあった。

富士桜

長くなったので続く。

2011年01月01日

●あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

2011年も今まで同様,写真ネタにはこだわらず,アクセス数アップも意識せず,更新頻度も適当に続けていきたいと思っておりますので,どうぞよろしくお願いいたします。

日々の細々したどうでもいい話はツィッターで。>Twitter(@hsohei)

猫たちの様子はアメーバブログにも書いています。>ソウヘイ航宙記

ピートとデルタ

2010年12月31日

●写真ってたのしいねっ〜2010年総括〜

2010年といえばSF読みにとっては意義深かったけれど,現実にはこれと言って大きなトピックのなかった年だったかもしれない。カメラ店のフォトコンテストで最優秀賞をもらったのと,5年ぶりにパソコンを買い換えたのがうれしかったかな。

日常のネタはツィッターでつぶやくことが多くなって,ブログの更新が停滞するようになったのも今年の特徴。これはネット界全体に共通する話で,何年も更新を続けてきた日記やブログが今年からぱったり更新されなくなったという人を何人も見ている。これが一過性の現象なのか来年以降も継続するのか,さらに新しい何かが出てくるのか注目である。

アコースティックギターの弾き語りは継続して習っているが,2年目に入って多少音の違いが判るようになってきたというのか,弦やギターのパーツが気になった年でもあった。サドルを買って削ったりアンプを買ってピックアップを付けたりもした。ただこれは反省点でもあって,つい器材の方に興味がいってしまいがちになるのだが,いくら器材が充実しても腕が上がるわけではないので,演奏の練習に力を入れるべきだろう。

アメーバの猫写真ブログの方はとうとう惰性で今年も1年間毎日更新を続けてしまった。小さいサイズの写真をアップするようにしているので,無料の2GBを使い切るまでには50年くらいかかる計算である。忙しかったり旅行中でも毎日更新できるのは,事前に公開する日時を指定して記事を書いておける予約機能のおかげだ。

車(ポロ)のネタはあまり書いていないが,想像よりもトラブルが少ないためである。今後トラブルが増えてきたら記事にする機会が増えるかもしれない。(できれば増えないでもらいたいが)

読書も文庫新刊SFは低調で,なんだか最近はアンソロジーばかり出て食傷気味。商売的に売りやすいのだろうか?唯一の収穫は小川一水の「天冥の標」シリーズで,まあこのシリーズが始まったことだけでも2010年は価値があったかも。

【SF】
NOVA1(大森望 責任編集)
ZOKU(森博嗣) 再読
メシアの処方箋(機本伸司)
虐殺器官(伊藤計劃)
Self-Reference ENGINE(円城塔)
ラギッド・ガール(飛浩隆)
ゼロ年代SF傑作選(SFマガジン編集部編)
天冥の標<1> メニー・メニー・シープ(上・下)(小川一水)
天冥の標II 救世群(小川一水)
微睡みのセフィロト(冲方丁)
アードマン連結体(N.クレス)
機龍警察(月村了衛)
地球最後の野良猫(J.ブレイク)
パズルの軌跡 穂瑞沙羅華の課外活動(機本伸司)
MM9(山本弘)
NOVA2(大森望 責任編集)
天冥の標 3 アウレーリア一統(小川一水)
スペースプローブ(機本伸司)
量子回廊—年刊日本SF傑作選(大森望,日下三蔵[編])
アリスへの決別(山本弘)
神狩り2 リッパー(山田正紀)
天体の回転について(小林泰三)
ここがウィネトカなら、きみはジュディ 時間SF傑作選 (大森望編)
ディアスポラ(G.イーガン) 再読
ハーモニー(伊藤計劃)

【ミステリ】
Φは壊れたね(森博嗣) 再読
θは遊んでくれたよ(森博嗣) 再読
τになるまで待って(森博嗣) 再読
すべてがFになる(森博嗣) 再読
冷たい密室と博士たち(森博嗣) 再読
λに歯がない(森博嗣)
そして二人だけになった(森博嗣) 再読
笑わない数学者(森博嗣) 再読
詩的私的ジャック(森博嗣) 再読
封印再度(森博嗣) 再読
ηなのに夢のよう(森博嗣)
ゾラ・一撃・さようなら(森博嗣)
幻惑の死と使途(森博嗣) 再読
夏のレプリカ(森博嗣) 再読
今はもうない(森博嗣) 再読
イナイ×イナイ(森博嗣)
数奇にして模型(森博嗣) 再読
有限と微小のパン(森博嗣) 再読

【ご参考】
2009年総括
2008年総括
2007年総括
2006年総括
2005年総括

2010年12月19日

●映画鑑賞 チェブラーシカ

映画「チェブラーシカ」(日本語版)と同時上映の「くまのがっこう」を鑑賞。

今回初めてシネコンのプレミアスクリーンで鑑賞。28席の小さなスクリーンだが,シートがゆったりしていて極楽。席数が少ないこともあって事前予約で満席になっていた。

ちぇぶの旅日記など,個人的にチェブラーシカには結構昔から思い入れがあったので,今回スクリーンで観られて良かった。

参考リンク:映画「チェブラーシカ」「くまのがっこう」公式サイト


2010年11月27日

●今週見た景色 東京ディズニーシーとホテルミラコスタ

今年は普通に部屋だけ予約して,プールで過ごす時間を多めに取り,アトラクションは待ち時間ゼロで乗れる刺激の少ないものだけ。

ミラコスタ宿泊は通算9泊目。昨年はテルメヴェネチア(スパ&プール)が改装工事中で入ることができなかった。どんな風に変わっているのか楽しみにしていたが,特に変わった様子はない。キャストに聞いてみたら改装というか,サウナのボイラの修理だったそうな。

プールに限らず,ホテルとホテルから見えるパーク内は365日24時間稼働なのでメンテが大変なんですとおっしゃっていた。例えばある程度の大きさの施設になると,定期的に受電設備の点検のために全停電が必要になるが,ディズニーシーとミラコスタには現在閉園日がないので,点検は短時間の部分停電を時間を選んで行っているのだそうだ。興味深いお話がいろいろ聞けそうだったが,魔法が解けるといけないのでそれ以上は聞かないことにした。

部屋は屋外プールに面した1Fで,専用の庭に出られるタイプ。夜中のパークの様子を見たりはできないので,初めての方は面白くないと思うが,部屋の天井が高くて,部屋数が少ないので静かだし,庭の雰囲気も良い感じなので,リピータにはオススメ。

今年から部屋のアメニティーグッズのデザインが変更になり,テレビが液晶に変わっている。

夜のショーはお休み中で,来年4月からの新しいショーに向けて工事が進んでいる。これでもショーの休止期間が最短になるようにギリギリの工程を組んでいるんですと,7年前に挙式をコーディネートしてくれた担当の方(現在は宴会係)が話していた。うっかり工程とか聞いて魔法が解けそうになった

来年はディズニーシー開園10周年ということで,今から楽しみだが,あまり混雑すると大変だなぁ。そういえば毎年このクリスマス前の時期に行っているが,今年は飾り付けがパーク内,ホテル内ともに例年より簡素だったように思う。これも来年に向けた伏線なのだろうか?

パーク
お部屋チャペルディナープール

EOS Kiss X2 / EF-S 18-55mm f/3.5-5.6 IS

【参考記事】
2009年の様子
2008年の様子
2007年の様子
2006年の様子
2005年の様子
かんなさんのミラコスタウェディングページ

2010年10月13日

●ホロホロその後(7年で全滅)

先日残っていた2匹のうち,1匹が死んだという記事を書いたが,その後間もなく残った1匹も目に見えて元気がなくなり,この一週間ほどは底の方でほとんど動くことがなく,どうやら死んでしまったようである。

まさに後を追うように,という感じだが,単純に1匹では閉鎖環境を維持できなかったか,寿命(7歳)だろう。

ストレスを感じると体が白くなるホロホロだが,遺骸は真っ赤だったので,安らかに亡くなったと信じたい。合掌。

余ったXウォーターはどうするかなぁ。エサ遣りも水替えも不要なホロホロだが,環境を維持するためにはそれなりに気を使うので,また飼おうか,という気には今のところならない。

2010年10月11日

●週末見た景色 栃木 蔵の街

1年ぶりの群馬板倉。渡良瀬川の土手を散歩するのが楽しみだったけれど,残念ながら雨だった。

観光は栃木の蔵の街。特別何か目玉的な観光シンボルがあるわけではないけれど,歩いていて気持ちのよい街づくり。

ランチは夕顔ラーメンとじゃがいも入り焼きそば。

栃木蔵の街
栃木蔵の街夕顔ラーメンじゃがいも焼きそば

EOS Kiss X2 / EF-S 18-55mm f/3.5-5.6 IS

2010年09月30日

●ホロホロその後(7年目前で残り1匹に)

メンテナンスフリーの小エビ(スカーレットシュリンプ)のホロホロで生き残っていた2匹のうち,1匹がいなくなっていることに最近気がついた。7歳を目前にして,とうとう残り1匹になってしまった。

個体が死んだ場合には,腐敗して水質が悪化するのを防ぐために,すぐに残りの個体が遺骸を食べてしまうらしい。今回も気付いたときには1匹しかいなくて,もう1匹は痕跡すら残っていなかった。ミステリなら迷宮入りである。

公式サイトによると8年以上も生きている個体もあるとのことだが,うちはヒーターも入れていないし,そもそも早々に個体数が2匹に減ってしまったので,まあここまでよく頑張ったという感じだろう。

最後に残った1匹はもし死んでも誰のも食べてもらえないわけで,なんだか物悲しいものがある。

とりあえず最後の1匹を見守っていきたい。

ホロホロ

2010年06月21日

●続々・勧誘電話撃退法ーー効率的なターゲット獲得法

会社にかかってくるしつこい勧誘電話については何度か取り上げている

今回の話は,それ系の業者の方には非常に参考になってしまうので,公開するかどうか迷ったけれど,どうせこんなことは(裏の)営業マニュアルにも書いてあるだろう。

先日,東京ビッグサイトで開かれた某展示会で説明員をやった。説明員をするのは幕張メッセに続いて2度目である。

当然,多くの来場者のうち自社技術に興味を持ってくれた方や,逆に自分の製品を売り込みたい方もいて,そういう来場者とは名刺交換することになる。もちろん99%は正当な目的を持った方なのだが,ヤツらはさりげなく紛れ込んでいるのである。

敵「(展示を見て)ほぉー,御社はこんなことをやっておられるのですか」
私「そうなんです」
敵「実は私,営業をやっておりまして,できれば名刺交換をお願いしたいのですが」
私「もちろん構いませんよ」
敵「私どものグループでは,不動産やマンション,福祉など多角的にやっておりまして...」
私「(げっ,まずい...)」
敵「なのでもし何か機会がありましたらよろしくお願いします」
私「は,はぁ...」

技術系の展示会である。不動産やマンションの営業マンがどんな用かと言えば,名刺の収集しかない。

入場は有料だが別に職種は問われないし,興味があれば学生でも専業主婦でも自由に入ることができる。そして出店しているのは1小間数十万円の費用を払ってイベントコンパニオンまで雇っている大手企業ばかり。100枚も名刺交換すれば充分元は取れるだろう。

学会などの名簿を元に電話してくるのはいかにもテレアポのバイトっぽいが,今回のように直接収集したターゲットの情報はもっと上位の営業が利用する。なんといっても直接会って名刺交換しているので,「先日はどうも」みたいな感じで電話をかけやすいし,こちらも邪険にはできない。なんといってもフルネームから役職,所属,電話番号,住所,メールアドレスまですべての個人情報を握られてしまっている。ひょっとしたら写真だって撮られているかも。

というわけで早速翌日には電話がかかってきたけれど,私はどういうわけかいつも出張中ということになっているので悪しからず。

しかし最近は特定の人を出せと電話すると,必ず不在でつないでもらえないケースが増えたためなのか,とりあえず誰でもいいので出た人に営業するという敵もいるので注意が必要だ。この場合は会社名だけわかっていれば良い。こんな感じだ。

敵「私○○社の□□と申しまして,本日は△△社さんの皆様にご挨拶させていただいております」
私「はぁ。どういったご用件でしょう?」
敵「わたくしどもは不動産投資など...」
私「そういった件は興味ありません」
敵「ですよねぇ。こういったお電話はやっぱり多いですかぁ?」

とまあ,そういう感じでとにかく世間話でもなんでも良いから話を続けさせようとするのがテレアポの常套手段だ。うっかり「そんな電話ばっかりでね」なんて相づちを打ってしまうと敵の思うツボなので,とにかく「興味ありませんのでお断りします。もう切らせていただきます」と機械的に言って切るしかない。

その後,問題の名刺交換した相手からは再度電話が来て,うっかり出てしまった。案の定という感じの話の流れで,なんとか「もう切らせていただきます」と切ったけれど,なんせ名刺を握られているので不安である。それ系の名簿屋に売られてしまう運命なのだろうか...

2010年05月22日

●アジア象データベースに写真掲載

友達しか読まないmixiの日記や,せいぜい日本人しか読まないブログではなく,世界中からアクセスされるFlickrやYoutubeに写真や動画をアップしていると,ときどき面白いことが起きる。

先日,知らないドイツの人(そもそもドイツ人に知り合いなんていないけど)からメールが来て,「あなたがアップしたかみね動物園の写真を見ました。私は世界のアジア象のデータベースを作ってるんですが,もしできたら今度かみね動物園に行ったときに象の写真を撮ってきてくれませんか?」というようなことが英語で書いてあった。

「私は日本語がわからないので英語で失礼します」と,ドイツ語で書いてこないあたりはなかなか偉い。

で,機械翻訳と貧困な英語能力を駆使して「近々また行くからそのとき象の写真撮ってくる」と返事を書いて,「ありがとうよろしく」みたいなやり取りがあって,先日久々に動物園に行って象の写真を撮ってきた。

それをFlickrにアップしてあげたら,読むのが大変なくらい丁寧なお返事が来て,私の撮った写真はアジア象データベースに掲載された。

メールをもらうまでまったく興味がなかったが,このデータベースはなかなかたいした仕事で,私のpoorなEnglish skillではこの方がどのような経緯でデータベースを作るに至ったかは定かでないものの,一見の価値はあると思う。

参考リンク:Asian Elephant

かみね動物園の象:Kamine Zoo

2010年01月24日

●映画鑑賞 アバター

3D映画の「アバター」を鑑賞。

例によって予備知識ゼロ(3D映画らしいという程度は知っていた)で観に行った。

で,まあそうなるだろうなぁ,とは思っていたのだが,やっぱり「お,ここはキレイに立体に見える。あ,ちょっとチラつくなぁ。二重に見えてイマイチ・・・」とか,全編そんな感じで「見え方」ばかり気になってしまった。

あとで調べたらアバターの3D上映には4方式あるらしく,今回見たのはRealDというタイプ(シネマイクスピアリ)。

メガネをかける面倒臭さは置いておくとしても,いずれにしろ現在の3D方式は「臨場感」という意味ではどれも大差ない気がする。これは正面だけにある平面のスクリーンに映している限りどうしようもないだろう。音響だけ後ろからも聞こえてきたりして,アンバランスである。プラネタリウムでの大型ドーム映像の方がずっと迫力がある。臨場感という意味なら目を閉じてバイノーラル録音のラジオドラマをヘッドフォンで聴くのが一番かもしれない。

今後どんどんこのタイプの映画が増えるという噂だが,「やめといた方が良いんじゃない?」と個人的には思う。

で,映画の内容に関しての感想としては,人類側のメカはなかなか格好よかったけれど,そもそも異星人であるナヴィ族が人類とそっくりすぎるところとか,いくら希少資源のためとはいえ知的種族への侵略という選択をするほど人類がアホな設定なのはなんでなのかとか,そういう点について説明が欲しかったかな,と思った。なんせ3時間もある映画なので。

参考リンク:映画「アバター」公式サイト

ピート

2010年01月01日

●あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

今年も今まで同様,写真ネタにはこだわらず,アクセス数アップも意識せず,更新頻度も適当に続けていきたいと思っておりますので,どうぞよろしくお願いいたします。

ピートとデルタ

2009年12月31日

●写真って楽しいねっ2009年総括

2009年,何といっても大きなトピックはアコースティックギター弾き語りの教室(先生つきのクラブ)に通い始めたことだろう。上達のペースはゆっくりだが,なんとか1年間挫折せずに続けることができた。これに関連してかんな氏自分用のギターの購入や,音の比較の記事が多くなった。ブログのビジターも比較的ギター関係のキーワード検索で来る方が多いようで,多少なりとも参考になっていれば幸いである。

ギターを始めたのと引き換えに,フルートはすっかりサボりモードになってしまった。たまに音を出してみると,あっという間にくちびるが疲れて吹けなくなってしまうし,音も安定しない。今のところギターとフルートを両方とも練習する余裕はとてもないので,フルートはまだしばらくお休みすることになりそう。

5月には実験的な試みとして,アメーバブログの方に猫写真をメインにした軽いノリのブログを作った。1記事あたり写真1枚,本文1行として,1日1回以上の更新を目標とした。ケータイのメールによる更新が可能という利便性もあり,今のところ7ヶ月間毎日更新のペースを維持している。写真ってblogの長文がうざったい向きにはオススメである。が,いつまで続けるかは微妙なところ。

写真関係のトピックとしては,昨年末にEOS Kiss X2を買ってフィルムのEOS2台を処分したことなどがあった。逆に学研二眼レフカメラを作ってフィルムカメラが増えたりもした。Kiss X2で撮ったピートとデルタの写真がフォトコンテストで優秀賞を取ったことも素直に喜びたい。

車をキューブからポロに乗り換えたが,ポロについて独立したコンテンツを設ける計画は今のところない。何かあればこのブログで紹介していくつもり。

読書の方は興味を引くSFの新刊が最近あまりないので,再読が増えている。図書館でアガサクリスティーを借りて読んだりもするようになった。

【SF】
時間封鎖(R.C.ウィルスン)
虚構機関—年刊日本SF傑作選(大森望,日下三蔵[編])
万物理論(G.イーガン)(再読)
シュレディンガーのチョコパフェ(山本弘)
祈りの海(G.イーガン)(再読)
デカルトの密室(瀬名秀明)
フリーランチの時代(小川一水)
反逆者の月3ー皇子と皇女ー(D.ウェーバー)
スカイ・イクリプス(森博嗣)
ウォー・ゲーム(D.ビショフ)(再読)
ディアスポラ(G.イーガン)(再読)
神は沈黙せず(山本弘)
第九の日(瀬名秀明)
闇が落ちる前に、もう一度(山本弘)
アイの物語(山本弘)
無限記憶(R.C.ウィルスン)
超弦領域—年刊日本SF傑作選(大森望,日下三蔵[編])
レインボーズ・エンド(V.ヴィンジ)
犬は勘定に入れません—あるいは、消えたヴィクトリア朝花瓶の謎(C.ウィリス)
猫語の教科書(P.ギャリコ)
サマーウォーズ(岩井恭平)
順列都市(G.イーガン)(再読)

【ミステリ】
どきどきフェノメノン(森博嗣)
探偵伯爵と僕(森博嗣)
レタス・フライ(森博嗣)
オリエント急行の殺人(A.クリスティー)
そして誰もいなくなった(A.クリスティー)
牧師館の殺人(A.クリスティー)
ハロウィーン・パーティ(A.クリスティー)
予告殺人(A.クリスティー)
εに誓って(森博嗣)

【ノンフィクション】
フェルマーの最終定理(S.シン)
暗号解読(S.シン)
脳のなかの幽霊、ふたたび 見えてきた心のしくみ (V.S.ラマチャンドラン)

【ご参考】
2008年総括
2007年総括
2006年総括
2005年総括

2009年12月25日

●ホロホロ6歳

メンテナンスフリーの小エビ(スカーレットシュリンプ)のホロホロ2匹も6歳になった。

買いだめしてあったXウォーターも最後の1本の封を開けてしまったので,半年以内くらいのうちにどこかで調達してこなくてはいけない。最近東急ハンズやロフトのある地域への出張がないのでどうするか...

置き場所はずっと納戸だったのだが,存在自体を忘れそうなので今はトイレに置いている。用を足すときにホロホロ2匹が元気かどうかを確認するのが日課になった。

ホロホロ6歳

2009年11月28日

●今週見た景色 東京ディズニーリゾートとホテルミラコスタ

東京ディズニーランド,ディズニーシーとホテルミラコスタ。いつも旅行プランはかんな氏に任せているのだが,今回はバケーションパッケージというのを使ったそうで,ランドとシーの行き来が自由にできた。ランドに入ったのはえーっと,6年ぶり2回目。

天気が良かったこともあって,ランドは平日だというのにもの凄い人。新しいアトラクションのモンスターなんとかは120分待ち。ただ,バケーションパッケージには時間無指定のファストパスが1人6枚ついてきたので,混んでいるアトラクション(バズとかプーさん)も待ち時間ゼロで乗れた。

落ち着くのはやはりディズニーシーの方で,夜散歩するだけでも楽しい。

ミラコスタ宿泊は通算8泊目。毎回チャペルを見学させてもらっているが,趣向(灯火台)が少し変わっていた。テルメヴェネチア(スパ&プール)は改装工事中。来年は改装後の様子が見られるだろうか。部屋はゴンドラ乗り場の真上あたり(ヴェネチアンサイド)。

カメラはEOS Kiss X2と学研二眼レフを持っていった。が,軽いKissでも肩が凝った。いかにも重そうな長いズームレンズを抱えたおとーさんが大勢いたが,さぞ大変だろうと同情してしまう。

チャペル
ディズニーシーディズニーランドディズニーランド

EOS Kiss X2 / EF 50mm f/1.4 USM or EF-S 18-55mm f/3.5-5.6 IS

【参考記事】
2008年の様子
2007年の様子
2006年の様子
2005年の様子
かんな氏のミラコスタウェディングページ

2009年10月16日

●週末見た景色 群馬・栃木(3)

観光は板倉のコスモスまつり,ぶんぶく茶釜の茂林寺,足利学校など。食事は佐野ラーメンで。

コスモス
コスモスコスモス茂林寺

EOS Kiss X2 / EF-S 18-55mm f/3.5-5.6 IS

2009年10月09日

●BOSE PLS-1510の故障と修理(ノイズ源をさがせ)

左スピーカからノイズが出る不具合で,2度の修理でも直らず,サポセンにメールをして3度目の修理に出していたBOSE PLS-1510が戻ってきた。

再修理依頼からだいぶ時間がかかり,メーカーでも念入りにチェックしてくれたようだが,結果は「症状再現せず。異常なし」だった。

困った状態だが,本体が間違いなく正常ということであれば,それはそれで貴重な情報になる。今までは「ノイズが出ているけれど,本体が壊れているのかもしれないし,それ以外に原因があるかもしれない」という状況だったわけで,これでとりあえず本体以外の原因を調べることに注力できる。かんな氏はノイズが出ると本体を叩いたりしていたが,少なくともそれは無意味だとわかったわけだ。

今回引き取るときに対応してくれたK電気店の店員さんは割と詳しい人で,「インバータ搭載など負荷の大きい家電製品からのノイズ(が乗っているの)ではないでしょうか?」とおっしゃる。

なるほど,今までは「ボリュームをゼロに絞って,入力が何もなくてもノイズが出るんだから,本体の故障だろう」と考えていたが,確かに電源経由の大きなノイズや誘導サージはそれ自体がスピーカを駆動するほどのエネルギーを持ち得るかもしれない。

ということであれば,ノイズ音が出ている状態で,部屋の中の家電品を順番に止めてやればノイズ源が特定できるはずだ。その上で,本体の置き場所を変えるとかシールドするなどの対策を考えればよい。今のところ一番怪しいのはノイズが出ている左スピーカから位置が近い冷蔵庫だが,果たしてどうだろうか。

そんなわけで,戻ってきたBOSEをまた元通りにつないで,ノイズが出ないかと待ち構えているところだ。しかし家電品からのサージが原因なら,すぐに症状が出ても良さそうなものだが,今のところ静かなものである。うーん,この問題は結構根が深いのかも??

ピート

2009年10月07日

●週末見た景色 群馬・栃木(2)

レンタルしたプリウスにはアコースティックギターを2本(FS720SとFG730S)積んでいった。親戚のお宅で演奏を披露するためである。

プリウスのラゲッジスペースは電池を積んでいる関係であまり広くはなく,ソフトケースに入れたアコギ2本がギリギリで収まった。ハードケースだったら後部座席をつぶさないと入らないだろう。まあ燃費の代償なので仕方がないけれど,車格の割に荷物は積めないという印象だった。

親戚のお宅で演奏しようとしたら,スカイプでイギリスに中継するからという話になり,発表会前に思いがけずUKデビューを飾ってしまった。

この親戚(かんな氏の叔父さん)は国際派(死語?)で,ご本人も海外暮らしが長く,お嬢さんは3人ともUK在住である。お嬢さんのパートナーのイアン氏が演奏を褒めてくださったのだが,返せた言葉は「サンキュー」だけであった。我ながら悲しい。次回までにはビートルズを一曲くらい練習しておきたいところだ。

館林ーロンドン間は9,497kmだが,動画も滑らかで目立った遅延もなく,これがタダだというのだから素晴らしい。

群馬
グライダーグライダー群馬

EOS Kiss X2 / EF-S 18-55mm f/3.5-5.6 IS

2009年10月05日

●週末見た景色 群馬・栃木(1)

昨年末に開通した北関東道(栃木〜茨城区間)を通って,館林の親戚宅へ。下道だと遠いイメージだったが,全線高速だとかなり楽。

初めての試みとして,ETC搭載のレンタカーを借りて週末1000円の恩恵を受けることにした。まあレンタカー代の方が高いのだが,プリウスに乗ってみたいということもあったので良しとしよう。たまたまトヨタレンタカーに友達が務めていて20%引きで借りられたのもラッキー。

借りたプリウスは2代目の1.5リッターモデル。グレードや年式などは詳しく調べなかったのでわからないが,距離計は4.3万kmだった。ハンドルにたくさんスイッチが付いていて主要な操作ができたりするあたり,おもちゃのようで楽しかった。

プリウス♪

2日間で高速を中心に320kmほど走ったが,燃費計の表示で平均燃費は24.3km/L(4名乗車,エアコンON)。給油量は15Lで,これだけ走っても燃料計が一コマしか減らないのが印象的だった。今乗っているキューブでは逆立ちしても出せない燃費である。

知識としては知っていたが,フィーリングはやはり独特で,アイドリングという概念がないので停車時に完全に無音になる感覚が新鮮。ブレーキの感触は回生をしている関係なのか非線形な感じで慣れが必要だと思った。

快適は快適だったけれど,じゃあ200万で買う気になりますか?と問われるとちょっと微妙かなぁ。おもちゃっぽいのは最初は楽しいと思うけど,なんか飽きそう。

群馬
群馬群馬のお花群馬

EOS Kiss X2 / EF-S 18-55mm f/3.5-5.6 IS

2009年09月25日

●日記その後(12年経過)

Windows95のノートパソコン(Pentium MMX 133MHzのダイナブック)を買って,日記ソフトを使って日記を付け始めたのが12年前(1997年)の今頃のこと。

日記のファイルサイズはプレーンテキストで4,400kB。全角文字換算で220万文字だ。220万文字÷(12年×365日)≒500文字ということで,1日平均だとだいたい500文字くらいずつ書いている計算になる。

全文をMS-WordでA4サイズの紙に印刷したら,1,692枚(フォントを10.5ptのMS明朝で1ページ1,300文字)になる。800字の原稿用紙なら2,750枚だ。長編小説の文字数が20万文字くらいだとしたら,11冊分。

日記を書いているとこんなこともわかる,という例として去年までの12年間の9月25日の日記を抜粋してみよう。普段は絶対公開しないプライベートな日記(の一部)である。出血大サービスだ。

1997年9月25日(木) 来週見学者ありのため部屋の片付け。EOSのレンズが欲しい。
1998年9月25日(金) 期末の報告書の仕上げ。21時まで残業。
1999年9月25日(土) パジェロで近所をドライブ。細い道に迷い込み苦労する。
2000年9月25日(月) 期末の報告書書き。20:30まで残業。
2001年9月25日(火) 先日の合コンの女の子に電話するがつながらず。
2002年9月25日(水) 晩ごはんはセブンイレブンの冷奴とサラダと冷凍うどん。パトレイバーWXIIIのDVDを観る。
2003年9月25日(木) 霧雨。晩ごはんは中華丼。普通のソースを使ったら微妙な味に。
2004年9月25日(土) 美容室でカットとカラー。モデルルームを見学。
2005年9月25日(日) 台風接近で夜中に強風。ランチはガスト。
2006年9月25日(月) NHKの徴収員襲来。BS契約を結ばされる。
2007年9月25日(火) デルタを保護して1週間。体調は良くなってきた。体重は1.9kg。
2008年9月25日(水) かんなさんはマックで月見バーガーを食べる。

自分でもほとんど忘れていることが多いが,なんとなく「そんなこともあったかなぁ」と思い出せることもある。

今はブログやmixiで日記を書いている人も多いと思うけれど,10年後まで書き続けたら貴重な財産になると思う。

【過去の関連記事】
日記10年
Mac移行の課題(日記ソフトの問題)

2009年09月07日

●BOSE PLS-1510の故障と修理(サポセンにメール)

2度目の入院では「症状確認できず」で戻ってきてしまったPLS-1510,その後数時間鳴らしていたらやっぱり左スピーカからボソボソとノイズが出始めた。

また購入店に持っていっても同じことを言われそうだし,何より重たい本体を何度も運ぶのは疲れる。

しかしサポセンに電話するのも精神的に疲れるなぁ,と思いつつBOSEのウェブサイトを見たところ,感心なことにメールによる問合せフォームがある。これだけでもBOSEサポートのポイントアップである。

今までの詳しい経緯(修理明細の番号など)と,「気に入った製品なので長く使いたい」旨をしたため,メールを送ったのが土曜日。

月曜の午後には返事が来て,再修理させてくださいとのこと。購入店に持っていく際は「修理番号」を伝えるようにとの指示なので,少なくとも門前払いは回避できそう。

これでなんとか現状打破できるだろうか。BOSEのサポートはきちんと仕事をしており,この点は好感が持てる。もちろん最終的な評価は次の修理結果如何によるけれど。

2009年08月31日

●BOSE PLS-1510の故障と修理(結果)

バリバリとノイズが出るBOSE PLS-1510を修理に出して,パワーアンプ交換で戻ってきたけれどぜんぜん直っていなかった件の続報である。

『「現象再現せず」で戻ってきたらやだなぁ』と書いたがまさにその通りになった(写真)。明細には一応分解清掃とランニングテストをしましたと書いてある。

取り次いでくれたK電気店に文句を言っても仕方がないので大人しく持ち帰る。これで直っていなかったらBOSEのサポートに電話かなぁ,と思いつつ動作確認。

電源投入後しばらくは異常なし。なんだ,「分解清掃」だけで直っちゃったのか?と思いつつ,いやいやまたしばらくしたらノイズが出始めるかもしれないと思って,しばらく鳴らしてみる。数時間後にボリュームを最小にしてソースもオフにしたところ,かすかにボソボソと聞こえる...。

うーん,なんか微妙な具合。まあサポセンとやり合うのは疲れるし,音楽を聴いて気にならない程度なら構わないかなぁ。ということでしばらくはこの状態で様子を見ることにする。

修理明細

2009年08月26日

●ドラクエを買わない理由を考えてみる

最後にプレイしたドラゴンクエストはプレステ用の7だった。

ファミコン版の1から順にプレイした世代としては新作(9)が気にならないわけではないし,プレステ2は持っていなかったけれど,DSなら手元にある。

しかし冷静に考えて現状ではゲーム世界で過ごすヒマがない。

ゲームをやっていた頃は,「ヒマなときにゲームをやる」というよりは「ゲームをやるためにヒマを作る」という感じで,他のことを犠牲にしてでも少しでもゲームを先に進めようとしていた。

しかし今では,ゲーム世界で過ごすことよりも,現実世界で知識やスキルを身に付ける方が楽しい。例えばドラクエの世界で200時間過ごして得るものと,同じ時間で楽器を練習したり本を読んで得られるものを比べてしまうのだ。これがつまり「大人になった」ということなのだろうか?

まあ,SF小説を読むことなんて,ドラクエをプレイするのとたいして変わらないといえば確かにそうなのだが,小学生でも楽しめるドラクエはいわばジュブナイル(児童文学)みたいなもので,面白いことは面白いが,なんとなく物足りない。

単なる娯楽として買ってみても良いのだが,セーブがひとつしかできないとなると,かんな氏と共用もできないしなぁ,ということで保留している。

ラジコンやプラモもそうだけれど,子供の頃は「大人になったら好きなだけ買える」と思っていたのに,いざ大人になってみたら欲しくなくなっていた,というのはちょっと寂しい感じもする。


2009年08月20日

●今日見た景色 新潟

一泊で新潟に帰省。ピートとデルタは留守番。

新潟駅と周辺はずいぶん変化があって驚いた。構内のヨドバシとビックカメラは共存できるのか?

古町の「白十字」は新潟で一番古い(1946年創業)喫茶店だそうだ。

阿賀野川河川敷にあった謎のピンクの物体は,芸術作品とのこと。

田園風景
古町の白十字古町 白十字の焼きサンド芸術作品

2009年08月09日

●BOSE PLS-1510の故障と修理(途中)

リビング用のメインオーディオシステムとして,BOSEのWBS-1EXIII(WestBorough)を買って4年半ほど経つ。これはDVDレシーバアンプのPLS-1510とスピーカ125のセット製品。

購入直後,DVDの再生画像にブロックノイズが乗るという不具合で修理した後は順調に動いていたのだが,1年ほど前からまた不調が出始めた。

最初は左チャンネルのスピーカからときどき音が出なくなるという症状で,これはボリュームを上げ下げしたり,スピーカケーブルを抜き差ししたら直る程度だったので,まあ接触不良なのかな?という感じで我慢して使っていた。

それが半年ほど前から,今度は左チャンネルに「バリッ」とか「バババッ」というようなノイズ(雑音)が入るようになってきた。これも当初は「ボソボソ」という感じの小さな音が,ごくたまに出る程度だったのだが,ここ1ヶ月ほどはノイズの音が耐えられないほど大きくなって,ほとんど間断なく入るようになってしまった。

アンプのノイズというと,ボリュームのガリや,スピーカケーブルの接触不良がまず疑われる。しかし今回はボリューム位置に無関係に出る(ボリュームを最小に絞っていても大きなノイズが出る)し,ケーブルを挿しなおしても変わらない。無信号状態でも盛大に出ているので,単純なガリや接触不良とは違うようだ。

念のため別のアンプ(前に作った真空管のTU-870)につなぎ替えてみるとノイズは出ないので,スピーカやケーブルではなくアンプ本体がおかしいというところまでは特定したのだが,それ以上はどうしようもない。

というわけで修理となった。購入から4年半経っていてメーカー保証(1年)は切れているが,幸いにもこのBOSEは新製品が安い家電量販店Kで買ったもので,独自の5年保証が付いている。価格comの最安値には負けるけれど,この5年保証でうちはずいぶん助かっている。今までにもメーカー保証が切れてから故障した電話,エアコン,食洗機,洗濯乾燥機などを無料で直してもらった(そもそも故障しすぎじゃないか,という話もあるが...)。

今回もBOSEからの修理明細では部品代と技術料で計14,630円となっていたが,無料で済んだ。修理内容はパワーアンプの交換。パワーアンプの何が壊れたらあんなノイズが出るのかはよくわからない。

早速つないでみたところ,まだ左チャンネルからボソボソとかすかに音が聞こえるような気がするが,音楽を鳴らせば気にならないレベルなので,しばらくこのまま様子を見ることにした。狭い場所にセッティングしてあるので,頻繁につないだりはずしたりするのが面倒なのである。

・・・と,書いてから数時間鳴らしていたら,左チャンネルから「バリバリッ」という大きなノイズが・・・。ぜんぜん直ってないじゃないの。というわけで再入院となってしまった。電源投入直後はほとんど症状が出ないので,「現象再現せず」で戻って来たらやだなぁ,とちょっと心配している。

アンプ調子わるい

2009年08月08日

●映画鑑賞 サマーウォーズ

かんな氏に誘われて,何を観るのか聞かされないままレイトショーに連れていかれて鑑賞。

恥ずかしながらこんな映画が作られていることすら知らなかった。

というわけで予備知識ゼロで観たけれど,思わず夢中で見入ってしまった。最近観たアニメ・映画の中ではピカいち。

これ以上はネタバレになってしまうので書かないけれど,これは燃える!

サマーウォーズ

参考リンク:サマーウォーズ公式サイト

2009年06月24日

●架空請求?

会社の上司のところに,東京の寿司屋から請求書が届いた。飲食代4万5千円と結構高額である。

上司はそんな寿司屋に行ったこともないし,飲食したというその当日は北海道に出張中であり明らかに間違いだ。

その寿司屋に電話して確かめてみたら,「ここに請求して」と名刺を渡されて,その名刺が上司のものだったということらしい。

上司はその一週間前に東京で営業担当の数人と名刺交換をしているということで,真相は以下のような感じではないだろうか。

営業のAさんは取引先との接待で寿司屋を利用。あとで交際費として処理する関係で,店に名刺を渡して請求書を出してもらおうと思っていた。しかし良い感じに酔っぱらっていたAさんは名刺入れに仕舞ったまま忘れていたBさん(うちの上司)の名刺を気付かずに渡してしまった...。

酔った上でのうっかりミスではあるが,これ,わざとやったら立派な詐欺(無銭飲食)である。というか普通に被害届を出されてもおかしくない状況ではないのか。

今回は上司が名刺交換をした人の中からたぶんこの人,というところに電話してAさんが見つかったので大事にならずに済んだが,店側が騒いでいたら,あるいは上司が激怒してAさんを告発したらどうなっていたかわからない。

飲み屋で名刺を出す方は気をつけていただきたいと思う。あと,良い子はマネしないように。

山崎12年

2009年06月01日

●中学校の頃は

まだ続く昔のことを思い出すシリーズ。小学校のことはだいぶ忘れているが,中学校3年間はどうだっただろう。

市内にはいわゆる「附属」と呼ばれている国立大の附属中学があって,優秀な子はそこに進学していたようだが,Webmasterの小学校(市立)からは1人入るかどうか,という感じだった。私立の中高一貫校は1校だけ(今は2校か?)だったが小学校の頃は存在すら知らなかった。

Webmasterの行った市立中学は2つの小学校の学区の子を受け入れていて,1学年9クラスだったので,全校生徒は1000名強というところ。ちなみに小学校は1学年5クラスだった。

ちょうど子供が多い時期であり,教室が足りなくて仮設(プレハブ)の教室が3つか4つあって,運が悪いクラスはそこがホームルームになる。冬は寒いし夏は暑い過酷な環境だった。

担任は1年のときがベテランの(だけど生徒にはあまり人気のない)女性で,2年に上がるときにクラス替えがあって,2,3年のときはまだ20代の男の先生だった。

得意科目は理科と技術家庭で,苦手だったのは体育(ただし保健は得意)と社会と英語。他の教科は普通で,全体の成績は中の上といったところ。

クラスにはかわいい女の子がたくさんいたけれど,硬派な,いやシャイな,いやむっつりだったWebmasterは女の子に話しかけることができず,3年間ほとんど口をきいたことがなかった。

男の子の友達は,比較的大人しい子同士で集まって,図書室に行ったり教室でマンガやアニメの話をしていることが多かった。

荒れてはいない学校だったけれど,少しは不良っぽい子もいて,怖いので絶対関わらないようにしていた。八方美人のWebmasterは幸い直接イジメられることはなかったものの,大人しい友達の中には何人かイジメの標的になる子もいて,助けてあげることもできず,ずいぶん悲しい思いをした。

イジメに関しては,女の子で少し体格が大きいから,容姿が気に入らないから,という理由だけでイジメられている子がいて,その子は誰にも迷惑をかけず少女漫画の絵を上手に描ける大人しい子だったのに,本当に可哀想だった。なんでいじめる子(とその取り巻き)にはあんな酷いことができるんだろう,とずっと思っていたし,今でもその思いは同じだ。みんな仲良くしたらいいのに。

さすがに中学校くらいになるとある程度覚えていることも多くて,赤裸々な内容になってくるなぁ。続けるかどうかはちょっと考えてからにしよう。

いじめじゃないよ

2009年05月28日

●小学校4年生といえば

先日紹介したアメーバピグで,たまたまかんな氏も交えて3人で楽しくチャットをしていた相手が,実は小学校4年生の女の子だった,という体験が結構衝撃的で,自分が小学校4年生の頃はどんなだったかな,と回想するWebmasterである。

学校の担任は新卒の女性(今の自分より歳下だ間違いなく)で,佐渡島の出身だったかちょっと訛っていて悪ガキどもにからかわれて可哀想だなと,大人しいWebmasterは思っていた。学校でどんな勉強をしたのかは何一つ思い出せない。

コンピュータに興味を持つのは隣に住んでいた2つ上のお兄さんがポケコン(シャープの1245)を買って見せてくれてからで,確か5,6年生の頃だったと思うから,4年生の頃はまだファミコンをしていたくらいだ。ラジコンもまだかな。

ロボダッチとかを作っていたのがこの頃だったかもしれない。コロコロコミックは読んでいたかな。読書は図書室で児童向けのミステリとかを読んでいたかも。女の子の友達がいなくなったのはこの頃からか。

と,必死に思い出そうとしてもこのくらいのものだ。当然日記なんて書いてない。1年間がとても長く感じたはずなのに,何も記憶に残っていない。それが今では小4からパソコンでネットにブログなのである。キーボードを打つのも速いし,たいしたものだ。

ブログなどを書いている良い子のみんなへのアドバイスとしては,今書いているそのブログは,自分の気持ちや興味の記録を残しておけるとても貴重な宝物だということ。大人になってから自分が小学生だったときのブログを読み返せるなんて,とてもステキな時代だと思う。

問題は無料(有料でもか)のブログサービス会社が10年,20年と存続できるかどうかだが...。少なくともローカルに保存しておくよりはネットに流しておいた方が,何らかの形で未来まで残る確率は高い,かもしれない。

皆さんは小学校4年生の頃のことをどのくらい覚えていますか?

幼少の頃のソウヘイ

2009年05月17日

●DVD鑑賞 おくりびと

話題になった「おくりびと」(滝田洋二郎監督)のDVDをお借りして鑑賞。SFでもアニメでもない作品は久しぶり。

納棺の所作といい,チェロ演奏といい,役者さんというのはすごいな,という感想。DVDには本木氏がチェロの生音を披露する特典映像あり。しっとりと流れる久石ミュージックも良かった。

旨いんだよなぁ。困ったことに


2009年05月09日

●今日見た景色 ひたち国際大道芸

ブログのネタにするのは初めてかもしれないが,恒例のひたち国際大道芸。今年は天気も良くて盛り上がっていた。

さくら祭りにしても大道芸にしても,人出も多く大盛況なのに,そういった努力が商店街そのものの活性化にはつながっていないのが難しいところ。

ひたち国際大道芸2009
ひたち国際大道芸2009ひたち国際大道芸2009ひたち国際大道芸2009

2009年05月08日

●今日見た景色 新潟

混雑のピークを避けて新潟に帰省。一泊なのでピートとデルタは留守番。

車にはまだETCを付けていないので,混雑している上に高い料金を払うのではあまりにも悲しい。ということで平日ガラガラのところを狙った。さらに帰りは下道で。

朝の散歩は実家の近所の田んぼと,子供の頃よく遊んだ岡山どんぐり山公園。

田園風景
阿賀野川岡山どんぐり山公園

2009年05月03日

●プラネタリウム番組鑑賞 NSO〜地球をめぐる旅の始まりに〜

プラネタリウムの特別番組「The Nature Sound Orchestra (NSO) 〜地球をめぐる旅の始まりに〜」を鑑賞。これは日立シビックセンター天球劇場のオリジナル企画で,NSOとのコラボ作品。

基本的にはバイノーラルマイク(ダミーヘッド)で録音した自然音をメインにした癒し系番組。小さいお子さんがつまらなそうにしていたが,それはこの番組をチョイスした親のミスだろう。完全に大人向けの内容である。

劇場のサラウンドシステムも悪くはないのだが,本来バイノーラル録音された音源はヘッドフォンで聴くと最高の臨場感が得られるものなので,「目を閉じたら目の前に海が感じられる」とかそういうものではなかった。

自分たちはまあ,本物のネイチャーサウンドが歩いて聴きに行ける環境に住んでいるわけで,そのことを感謝すべきなのかもしれない。

シビックセンター屋上より


2009年05月02日

●今日見た景色 近所の海

家から片道20分ほどで歩いて行ける海岸。早朝の散歩にはちょうどいい。同じだけ反対方向に歩くと山に登れる。

波がおだやかでサーフィンの人は少なかった。釣り人少々。犬の散歩が数人という感じで静かなもの。いつもはサンドイッチなどを作って持っていくのだが,連休ということでかんな氏はつまみとビールを持っていって朝から飲んでいた。

砂浜の近くまで来ている漁船はシラスを獲っているんだよ,と犬の散歩のおじさんが教えてくれた。

朝の散歩

2009年04月26日

●今日見た景色 かみね動物園

タダ券をもらったので近所の動物園へ。ちょうどキリンの入園式をやっていた。

柵などがあって動物にはあまり近づけないので,こういうときは望遠側のレンズが欲しくなる。今回はめったに使わない高倍率ズームレンズ(TAMRON AF28-200mm Super F3.8-5.6)を引っ張り出した。これでもテレ端でやっと320mm相当(200×1.6)。今どきのレンズと比べると設計も古いし画質などは微妙かも(手ぶれ補正もないし)。しかし手持ちで一番長いのはこのレンズなので,こういう場合は活躍してもらおう。

かみね動物園
かみね動物園かみね動物園かみね動物園

EOS Kiss X2 / TAMRON AF28-200mm Super F3.8-5.6

2009年04月24日

●映画鑑賞 名探偵コナン 漆黒の追跡者

恒例のコナンくん映画。最近毎年観に行っている同じシネコンだが,今年はレイトショーがなかったので,平日朝のファーストショー(@1,200円)で鑑賞。通常料金で2人で観るのは結構高いと思う。

さすがにちびっこのお客さんは少なかった。空席90%ほど。

年々(劇中では1年以上は経過していないことになっているので「日々」か),蘭ちゃんの達人ぶりがアップしているような気がする。

そんなことよりも,最近気になって仕方がないのが黒の組織のメンバーの日常生活について。なんとなくウォッカは家に帰れば奥さんも子供もいて良いパパをやっている感じだし,ベルモットはハリウッド女優だ。ジンはどうだろう?独身だろうか?だとしたら一人暮らしか?仕事帰りには食事ついでにバーで一杯飲んでから帰るのか?いや,組織の呼び出しがいつあるか分からないから酒はやめておこう。スーパーで割引になっている総菜を買って帰ることにしよう。明日は久しぶりのオフだ。たまった洗濯物を片付けて,部屋の掃除をして,クリーニングに出していたトレンチコートを取りにいかなくては。...なんて。是非見てみたい「特別編 ジンの一日」。

ジン

参考リンク:劇場版 名探偵コナン漆黒の追跡者(チェイサー)

2009年04月10日

●今日見た景色 熊野神社

気温も上がって桜はちょうど満開に。今夜は夜桜見物の渋滞が起きそう。

熊野神社の桜
熊野神社の桜熊野神社の桜熊野神社の桜とかんなさん

EOS Kiss X2 / EF-S18-55mm f3.5-5.6 IS

2009年04月03日

●今日見た景色 プレ夜桜

平和通りでは恒例の歩行者天国になっていて,週末は桜祭りだ。

桜の開花宣言は出ているものの,まだ一分咲きにも満たない1%咲きくらいだろうか。ここ2年ほどは満開と桜祭りがちょうどピッタリ合うという幸運が続いていたのだが,今年はちょっと開花が遅いようだ。

平和通りの桜
平和通りの桜平和通りの桜平和通りの桜

EOS Kiss X2 / EF50mm f1.4 USM

【ご参考】2008年の様子2007年の様子

2009年03月20日

●地ビールとお酒の話

親戚が遊びにくるというので,かんな氏が嬉々として地ビールを買い集めている。普段Webmasterが飲まないので,こういう機会がないとかんな氏もなかなか飲めないのだ。

酒屋に行くといろいろなお酒があって,瓶を眺めていると本当に美味しそう。特にシングルモルトウイスキーなんてあの深い琥珀色がなんとも素晴らしい。でも飲めない。仕方がないので最近はシングルモルトウイスキーチョコレート〈山崎12年〉を食べている。ウイスキーもガムシロを入れたらもしかして飲めるんじゃないかと妄想中。

常陸野ネストビール

2009年02月28日

●今日見た景色 偕楽園

偕楽園の梅祭り。茨城に住んでずいぶん経つけれど,梅の季節に行ったのは初めて。

平時の偕楽園のガラガラ具合からすると信じられないほどの人出だったが,JRと路線バスを使ったので駐車場に困ることもなかった。

最近は本当にデジイチで撮っている人が増えた。以前は一眼レフなんて構えているだけでちょっと一般人とは違うぞ,という空気だったけれど,今はちょっとこだわっているアダルト層はLレンズ(赤帯)でキットレンズ組,社外レンズ(シグマ,タムロン)組との差別化をはかっているようだ。

今回持っていったのはフィルムEOS用にはじめて買った交換レンズのEF24-85mm f3.5-4.5 USM(1998年購入)。画角が1.6倍になるのでちょっと望遠よりのズーム域として使える。キットレンズと比べると手ぶれ補正が付いていないが,USMでAFが快適だし開放F値が明るい。

梅と好文亭
かんなさんと梅偕楽園の梅偕楽園の梅

Canon EOS Kiss X2 / EF24-85mm f3.5-4.5 USM

2009年02月20日

●今日の病気 花粉症

昨年,目が痒いのでアレルギー検査をしてもらったところ,スギ花粉症の反応が出て,Webmasterも現代人の仲間入りを果たした。

今年はくしゃみはまだこないが,目が痒くなってきたので薬を出してもらった。

処方は昨年同様ジルテック錠(第二世代抗ヒスタミン薬)とリザベン点眼薬(抗アレルギー薬)。そういえばジルテック錠は眠くなるんだった。

花粉症の薬

2009年02月08日

●加湿器その後(スチーム式2シーズン目)

象印のスチーム式加湿器を買ってから,今年は2シーズン目となる。

エアコン暖房で放っておくとどんどん部屋が乾燥するので,加湿器はフル稼働状態。

インフルエンザのときなど,かんな氏にうつらないように,ほとんど24時間連続稼働させていた。そもそも自分が感染してるじゃないか,という話もあるけれど,1日の大半を過ごす職場は常に湿度30%以下で換気もしないので...

2シーズン使っていて,やはりありがたいのは(ほぼ)メンテナンスフリーという点。やることは水を注ぎ足すことだけ。フィルタの掃除とか交換とかそういった手間は一切ない。内部には汚れが析出してくるけれど,蒸発させるので衛生的には問題ない。気になる場合はクエン酸洗浄(ポット洗浄中の類いでOK)を雨天時など使用頻度の低いときを選んですれば良い(うちの場合は1シーズンに1,2回)。

マイコン制御なので耐久性の評価はもう少し使わないと何とも言えないけれど,非常に過酷な使い方でも今のところよく耐えていると思う。

猫が走り回ってマグネット式の電源コードを引っこ抜くことはたまにあるけれど,本体を倒したり,火傷したりといった事態は発生していない。

加湿器


2009年01月29日

●今日の病気 インフルエンザ

職場でインフルエンザが流行っているタイミングで,変な咳が出始めて,なんとなくいや〜な感じがするなぁ,と思っていたら夜になって急激に発熱。

翌朝病院で検査してもらって,A型インフルエンザと確認された。5日間の出勤停止命令である。

病院のベッドで点滴を受けながら,朦朧とした頭で「この点滴は1分間に133滴落ちているから,30分で終わるとしたら約4000滴。点滴のバッグは400mLくらいか?そうすると1滴あたり0.1mLになるな」などと無駄な計算をしてしまっていた。

処方はリレンザだった。タミフルは耐性ウィルスの関係で処方を控えているようだ。

リレンザ

2009年01月26日

●コンタクトレンズとメガネ

コンタクトレンズを使い始めたのが2002年の今頃だった。2週間使い捨てタイプで,3ヶ月分処方してもらってケア用品と合わせて1万円くらいだったと思う。常用したら年間4万円なので,やはりメガネよりは高くつくな,というのが作ってもらったときの感想だった。

そもそも矯正が必要なほど近視が進行したのは社会人になってからで,車の免許を取るために自動車学校に行ったら,適性検査で「この視力じゃダメだよ」と言われて慌ててメガネを作ったのが最初だったと思う。

その後メガネでまったく問題なく過ごしていたのだが,元々まじめな性格に加えて,ヒョロっとした体型で青白い顔にメガネなどかけていると,合コンでの受けが非常に悪い。もちろん見た目がすべてではないし,個人的には女性はメガネをかけた方がステキだと思っているが,第一印象で「この人まじめっぽくてつまらなそう」と思われるとスタート地点がマイナスからになってしまうのでなかなかつらい。「これじゃイカン!」ということで期間限定の試みとしてはじめたのがコンタクトというわけ。あとは髪を茶色くしたり伸ばしてみたりもした。

コンタクトもスキーなどスポーツをするときは便利だが,気軽に昼寝ができないとか,長時間装用で目がゴロゴロするとか,日々の消毒が面倒くさいなど,メガネに比べるとやはり大変だった。しかし「モテるためだ」と思って我慢した。不真面目なのかマジメなのかよくわからないが。

その後運良くかんな氏と結婚することができたので,当初の予定通りメガネに戻した。最後にコンタクトを着けたのは自分の結婚式だった。

こういうネタも結婚6年目ならもう書いても構わないかな?

デルタとかんなさん

EOS Kiss X2 / EF50mm f1.4 USM

2009年01月17日

●今日見た景色 水戸

特に用事はなかったが水戸へ。ランチは京成百貨店に入っている豆腐料理のお店。

フルートの修理で酷い目にあったS楽器店に懲りずに行ってギターを眺めたり,新しくオープンした家電量販店Yを冷やかしたり。

水戸

真慈庵水戸

2009年01月14日

●2009年初方針

当ブログでは種々雑多なネタを取り扱っており,タイトルと内容がマッチしないことも多くご迷惑をおかけしている。年初に当たり,各カテゴリ別に少し状況を整理しておきたい。

【写真部門】
デジカメを新調したので,しばらくはこのネタが増えそうである。ただ,撮っているのは猫ばかりなので【猫部門】とカブることが多いと思われる。ペンタSPに関しては露出計が不調なこともあって,出番が減りそうな予感がしているが,安売りのフィルムを仕入れてある(DNPのCENTURIA)ので,遠出する機会があったら持っていきたい。お遊びとして,マウントアダプタを買ってペンタSPのレンズをEOS Kiss X2に付けるというのも構想している。ただし,くれぐれも「道具揃えの沼」にはまらぬように注意したい。

【猫部門】
カメラが新しくなってかんな氏が(今のところ)やる気を出しているので,最近の猫情報に関しては「にゃんこーず」の方を参照願いたい。こちらではFlickrにアップした大きなサイズの写真(基本的に補正・トリミングなし)を紹介するので,壁紙に使うなりカメラの作例として細部を確認するなりして活用してもらえたらと思う。ブログで紹介しなかった写真についてもPhotostreamの画面からすべて見ることができる。

【読書部門】
読書の傾向は昨年同様に,SF文庫新刊と再読,森博嗣氏の文庫新刊が出たら読む,ということで変わりない。読みたいと思っていた未読の古典や既刊はあらかた片付いた感があるので,もう少し幅を広げたいという思いもあるが,ベストセラーは読む気がしないし,マイナーな良書を知る手がかりも今のところないので,今までのWebmasterの読書歴から「こんなのがオススメ」というのがあったら教えていただけると助かる。ただし,「薦められたから読んだけどつまらなかった」という結論になっても怒らないでほしい。

【音楽・楽器部門】
新しい試みとしてギター教室に通い始めたので,どの程度続くか(あるいは挫折するか)が自分でも気になっている。フルートを習う予定は今年もない。時間と月謝の関係でフルートは敷居が高いため。あまり良くないとわかってはいるが,自己流で続けていくつもり。長期間ブランクが空かないように意識して吹くようにしたい。消耗品や道具揃えとは無縁という点でフルートは偉いと思う。置き場所も取らないし。

【技術・工作部門】
長期プランとしては,「快適な猫ケージの製作」というテーマがあるが,正月休み中にはコンセプトを詰めきれなかった。素人のスキルで中途半端なものを作ってしまうと美観を損ねるし,材料を調達してしまうと後戻りもできないので,なかなか踏み出せない。
キット工作ものは今までいくつか作ったが,財政難の折,「簡単に作れてちょっと遊んだらおしまい」という刹那的なものについては出来るだけ手を出さないようにしたい。

【車部門】
車検も通したし,追加出費を最小化しつつキューブを維持する,というのが車部門の最大の使命である。

【パソコン・ネット部門】
とりあえずかんな氏のWindowsパソコンだけは手当できたし,写真保存用の外付けHDDも買ったので,WebmasterのPC新調はまだ先延ばしできそうである。固定費としてはレンタルサーバの1,500円/年と,Flickrの$24.95/年がかかっている。回線費用はマンションの共益費に含まれている。

デルタ

EOS Kiss X2 / EF50mm f1.4 USM

2009年01月04日

●今日見た景色 古房地公園

EOS Kiss X2で初めての屋外撮影。今まで低機能のカメラを使っていたせいか,設定を変えると,次に撮るときに設定を戻すのを忘れてそのまま撮ってしまい失敗するケースが多い。撮影モードはほとんど絞り優先AEしか使わないが,ISO感度をオートにしたり手動にしたり,ピクチャースタイルを変えたり,というのをよく忘れる。

1枚目がレンズキットの付属レンズ,あと2枚は50mmF1.4。風景を撮るときはやっぱり広角側があった方が便利か。

EOS用m42マウントアダプターなんてのも2,000円くらいで売っているのか...。んー,これは気をつけないと沼にハマるなぁ。

古房地公園

EOS Kiss X2 / EF-S18-55mm f3.5-5.6 IS

古房地公園古房地公園

EOS Kiss X2 / EF50mm f1.4 USM

2009年01月01日

●あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

今年も今まで同様,写真ネタにはこだわらず,アクセス数アップも意識せず,更新頻度も適当に続けて行きたいと思っておりますので,どうぞよろしくお願いいたします。

ピートとデルタ

2008年12月24日

●ホロホロ5歳

メンテナンスフリーの小エビ(スカーレットシュリンプ)のホロホロ2匹も5歳になった。Xウォータを数ヶ月に一度注ぎ足すだけの世話しかしていないのに,意外としぶとい長生きである。今年はデルタに水槽を倒されて水が半分くらい流出してしまうという危機があったけれど,なんとか乗り切った。

ホームページには8年以上生きている例もあると書いているので,気をつければもう少し長生きできるだろうか。スーパーの雑貨コーナーで売られていた癒しアイテムだが,生き物である以上は最後まで責任を持って世話(水を足すだけだが)してやらねばなるまい。

水の蒸発によって数ヶ月すると無視できない水位低下があるので,長生きさせたい場合は面倒でも純正のXウォーターを入手して注ぎ足した方が良いだろう。Xウォーターはオフィシャルの通販か東急ハンズでしか手に入らないので,これが面倒で全滅させてしまう人も多いと思う。おそらく水道水や蒸留水では代用できないだろう。

また,最初に6匹も7匹も入っている場合があるが,何匹が最適なのかはいろいろ条件があって難しいところだ。うちでは最初5匹だったのが早々に3匹が死に,残り2匹では藻の繁殖が早すぎるので,今年はずっと暗所に置いている。専用ヒーターは使っておらず,内壁の掃除もしていない。エビたちに極力ストレスを与えないようにすることも大切だと思う。つまり,もはや観賞用としての意味はまったくない。

ホロホロ5歳

2008年12月22日

●週末見た景色 ヘアサロン

ホームページが仮復旧したそうなので,お世話になっているヘアサロンをご紹介。

G.ジーピリオド

髪をどこで切ってもらうか,というのは長年悩んでいた問題。なかなかしっくり来るところがなかったのだが,このG.さんは完全予約貸切り制で大変居心地が良く,かんな氏と結婚して以降は毎回2人でお世話になっている。

g-period

Webmasterとだいたい同時期に楽器をはじめたマスターだが,東京までレッスンに通う熱心さで,メキメキ上達していて驚かされる。髪を切りにいくたびに,自分も頑張らなければ,と思う。

ヘアサロンG-period

2008年12月06日

●今週見た景色 東京ディズニーシーとホテルミラコスタ

東京ディズニーシーとホテルミラコスタ。今年は東京ディズニーリゾート25周年ということで,飾り付けも25周年のものになっている。

ミラコスタ宿泊は通算7泊目。良いロケーションの部屋が取れてラッキーだったが,かんな氏が体調を崩してしまって,危機管理と有事対応能力が問われる2日間だった。予約は半年前に入れている(そうしないと取れない)ため,こんなこともある。

ディズニーシー
ディズニーシーディズニーシーテルメヴェネチア

Fujifilm Finepix S5000

【参考記事】
2007年の様子
2006年の様子
2005年の様子
かんな氏のミラコスタウェディングページ

2008年11月30日

●収録の感想と裏話的なこと(その1)

第1夜が放送されたので裏話的なことを少し。テレビ番組の撮影というものを見学して,初めて知ったことも多かった。

今回猫好きの出演者30名に対して,付き添いは2名(Webmasterともう1人)しかいなかった。事前の連絡では付き添いに関しては何の説明もなかったので,最悪どこかで時間をつぶしているしかないかな,と覚悟していたのだが,かんな氏がメールで制作会社に問い合わせたところ,付き添いOKとのことだった。実際,あっさりと出演者パスをもらってスタジオに入れてもらえた。

控え室

お昼(12:30)の集合だったので,控え室(空きスタジオ)では立食形式の軽食(おにぎり,やきそば,オードブル,お菓子類と飲み物)が用意されていた。出演者の皆さんは番組で使うパネルを書かされたりして緊張で喉を通らない様子だったので,Webmasterがバクバク食べさせてもらった。費用はすべて受信料から出ているのだから食べないともったいない。

軽食

控え室にモニターなどはなく,「ここで待っていても退屈でしょうから」と,収録が行われるスタジオに案内され,専用の椅子まで用意してもらって,やけに丁寧な対応でこちらが恐縮してしまった。

写真撮影については,控え室では特に制限なし。収録スタジオ内では「タレントさんが入られたら撮影はご遠慮ください。それまでならギリギリセーフです」とのことで,怒られはしなかったものの,やんわりとプレッシャをかけられた。小心者のWebmasterはタレントさん入場前に数枚撮って,そそくさとカメラを片付けた。

スタジオに入っていたスタッフは20名ほど。タレントさんの出迎え,見送りのためなのか,最初と最後は人数が倍増する。

テープの尺の関係で,連続して撮れるのは最大2時間まで。もっと頻繁にカットが入るのかと思っていたが,撮影が止まることはほとんどなかった。司会の田丸さんが次回告知を噛んだときと,後編の撮影でテープ切れになったときくらい。あとは編集でカバーするようだ。

(つづく)

2008年11月26日

●週末見た景色4 成田

紅葉ミステリーツアー,最後の目的地は成田山新勝寺。公園はよく整備されている。さぞたくさんドネーションが集まっているのだろう。

これだけ一日で回っても,ほとんど疲れないのはバスツアーならでは。何を食べるかとか,駐車場が空いているかとか,考えなくて良いのも楽。逆にいろいろ企画して楽しみたい人には物足りないかもしれない。

Naritasan Shinshoji Temple

Naritasan Shinshoji TempleNaritasan Shinshoji Temple

Photos by Kanna Fujifilm FinePix S5000

2008年11月25日

●週末見た景色3 ヒゲタ醤油

まだまだ続く紅葉ミステリーツアー。昼食はカニの食べ放題60分で,ほとんどこれだけが目的のお客さんも多かったはず。(目的地は不明だがカニ食べ放題だけは書いてあった)

食後はヒゲタ醤油の工場で醤油のビデオ鑑賞と資料館見学。醤油にはちょっと詳しくなった。もちろん目玉焼きには醤油派のWebmasterである。

Higeta soy sauce factory

Higeta soy sauce factoryHigeta soy sauce factory

Photos by Kanna Fujifilm FinePix S5000

2008年11月24日

●週末見た景色2 銚子

紅葉ミステリーツアー,次は銚子駅前でぬれせんべいを買って,銚子電鉄に乗車。日立電鉄線もこのくらい観光客が呼べれば廃線することもなかっただろうに。

乗ったのは桃太郎電鉄とのコラボ車両。ボンビーの石像はちょっと自虐的?

Choshi Electric Railway

Choshi Electric RailwayChoshi Electric Railway

Photos by Kanna Fujifilm FinePix S5000

2008年11月23日

●週末見た景色1 佐原

「紅葉ミステリーツアー」という,旅行会社の日帰り企画。簡単なヒントだけが事前に知らされ,現地に着くまでどこに連れて行かれるかわからない。

最初は佐原市の観福寺。紅葉にはちょっと早い。ここには伊能忠敬のお墓がある。関東三大厄除大師らしいがよく知らない。

デジカメの写真はすべてかんな氏撮影。

Kanpuku-ji Temple

Kanpuku-ji TempleKanpuku-ji Temple

Fujifilm FinePix S5000

2008年11月22日

●今日見た景色 日の出

日が短くなって,普段起きる時間でも日の出が拝めるようになってきた。

日の出

2008年11月18日

●プレイステーション廃棄とふっかつのじゅもん

プレイステーション(SCPH-3500)をついに処分した。最後に起動してから3年以上収納の肥やしになっていたモノで,「壊れていないから」という理由だけでは貴重なスペースを占有させておくことは認められない。マンションの収納は狭いのである。

当時はまだ日記を付けていなかったので記憶が怪しいが,大田区に住んでいた1996年に秋葉原で買ったと思う。初代プレステはよくCDを読めなくなるトラブルがあったと聞くが,最後まで故障なく動いてくれたので,「当たり」の個体だったようだ。

確かドラゴンクエストの続編(7かな?)をプレイステーションで出す,という発表があったのでプレステを買ったのだが,実際にドラクエが発売されるまではずいぶん待たされた。出たのは2000年だったかな?

ドラクエといえば「ふっかつのじゅもん」を必死に書き写したのがちょうどWebmasterの世代である。学校の授業ではノートなんてまじめに取ったことがなかったのに,ふっかつのじゅもんだけはノート何冊分もまじめに書いた。1回だけでは不安なので,「バックアップ」として同じところでもう一度じゅもんを聞いて,3つくらい写す念の入れようだった。

今流行っているDSのセーブデータも,小学生向けにはふっかつのじゅもん方式を復活させてはどうか。英単語や漢字の熟語も混ぜて,入力はタッチペンで筆記入力にする。書き取りの練習にもなって良いかもしれない。

2008年11月09日

●週末見た景色 四時川渓谷2

こちらはペンタSPで撮ったもの。実は今回,露出計が不調で全く針が振れない状態だった。今まで(修理後にも)こういう症状がたまに出ていたが,しばらく撮っているうちに治っていたので,だましだまし使っていた。しかし今回は最後までダメ。

なので露出はすべて勘で決めている。ネガ(ISO400)なので1,2段狂ってもどうということはないと解ってはいるものの,やはり現像するまではちゃんと写っているかドキドキ。幸い,明らかな露出狂い写真はなくてホっとした。

とはいえ露出計が動かないのは困るなぁ。

四時川渓谷

四時川渓谷四時川渓谷四時川渓谷

ASAHI Pentax SP / SuperTakumar 1:1.8/55 / Centuria400

●週末見た景色 四時川渓谷1

いわき市の四時(しとき)川渓谷。軽いハイキングだからとついていったら,かなりアップダウンがきつくて脚がガクガク。これでも一番初心者向けの4キロコース。

紅葉の見頃にはまだ少し早かった。この辺だと11月下旬から12月上旬が良い感じかもしれない。

写真はかんな氏がデジカメで撮影したもの。

四時川渓谷四時川渓谷四時川渓谷四時川渓谷

Fujifilm FinePix S5000

2008年11月08日

●週末見た景色 かみね公園

気軽に紅葉を楽しめるかみね公園。昨年一昨年も行っている。今年はまだ色付きはじめという感じ。

かみね公園かみね公園かみね公園かみね公園

2008年11月04日

●週末見た景色2 新宿

収録が19時半頃までかかり,疲労困憊だったので新宿のヒルトン東京・・・の近くのビジネスホテルで一泊。

新宿を歩くのは7年ぶり。降りたのは西口だが,危険ゾーンのカメラ街には近寄らないようにして,新宿中央公園と都庁を散策。都庁南展望室のカフェで東京味噌ミートソースを食べた。

新宿新宿中央公園新宿都庁南展望台のカフェ

2008年11月03日

●週末見た景色1 渋谷

かんな氏の収録の付き添いで渋谷のNHKへ。

視聴者感謝デーの無料公開と重なってすごい混雑。しかし日頃からちょー高い衛星料金まで律儀に払っているWebmaster家はもちろんVIP待遇(ウソ)。

NHKスタジオパークNHKスタジオパークNHKスタジオパークNHKスタジオパーク

2008年10月29日

●今日見た景色 名古屋

久しぶりの名古屋。

日帰りで時間がなかったので食事は新幹線で。昼は深川めし,夜は名古屋駅高島屋のデパ地下で買った黒毛和牛牛めし。さらにお土産にケーニヒスクローネのケーキを買ったので,ほとんど赤字。

富士山がキレイに見えて良かったけれど,今回も700系のぞみ。なかなかN700系には乗れない。

700系と深川めし名古屋名古屋

2008年10月23日

●サラリーマンS氏の憂鬱

「お,めずらしい」

いつものバス停からは,普段はS氏一人だけが乗車するのに,いつもどおり定刻3分前にバス停に着いてみると先客が一人待っていた。薄い革鞄と傘を足元に置いて立ったまま新聞を読んでいるサラリーマンである。この些細な変化があのような事件に発展するとは,夢にも思わないS氏であった。

「あれ?」

時間的には普段と変わらず定刻から3分遅れで到着したバスに,サラリーマン氏に続いて乗ったS氏は,さらなる異変に気付く。

「老師がいない・・・」

毎日必ず一番前の座席に座っていて,病院前のバス停で降りるのに,絶対にブザーを押さない脚の悪い「老師」が,今日は乗っていない。置物のような存在だけに,いないと少し落ち着かない。このバス停に停まるバスは1時間に1本なので,路線を間違えたりすることはないはずだが,先客といい老師の不在といい,何かがいつもと違う,と思ったのもつかの間,昨日から読み始めたミステリ小説の続きが気になるのですぐに本を広げ,読書に集中してしまうS氏。

1ヶ月前の時刻改正でダイヤが10分早くなった関係か,渋滞もあまり気にならず次々と停留所を通過していく。この分だといつもより早く着きそうだな,と小説を読みながら考えていた頃に,その事件は起こった。

「なんだ?」

けたたましいクラクションの音に十名ほどの乗客がみな怪訝な顔をする。バスはちょうど幼稚園前のバス停で停まり,数人の乗客を降ろしたところだ。何度も鳴るクラクションはどうやらこのバスかららしい。運転席を見るとちょうど運転手が立ち上がり,降りて行こうとするところだった。

「ぶつけられました!」運転手が言う。「すみませんがちょっとお待ちください」

「え?」事故?と思いつつ,衝撃などまったく感じなかったS氏は小説から顔を上げ,前方を見る。すると大型のSUVが百メートルほど進んだところで左折するところだった。あそこは居酒屋の駐車場なので,どうやらあの車が当事者らしい。

たいした衝撃ではなかったが,ぶつけた車が気付かないわけはないし,クラクションを連発されているのだから,普通であればすぐにハザードを点けて路肩に停車すべきシチュエーションである。あの挙動では怪しまれるんじゃないか,と思ったが案の定だった。

「こんなとこに停まって邪魔なんだけどー」

「ここはバス停だ!停まって当たり前だろう!何考えてるんだ!」

「なんで怒られてんのかぜんぜんわかんないんですけどー」

「なんでって,逃げようとしただろ!」

「はぁ?逃げてないしー,向こうに停めただけでしょー?」

バスから降りて追っていった運転手に連れられて,戻ってきたSUVのドライバーと運転手の会話である。ドライバーは女性で,女性の歳を当てることに関しては10歳くらいの誤差があるS氏の判断では二十台の後半といったところか。最初に聞こえてきた会話から,相当にモメそうな雰囲気がプンプンしている。

降車のため停車しているバスを追い越そうとしてぶつけたシチュエーションである。明らかにSUVに非があるし,衝撃がほとんどなかったので,SUVのミラーかバンパーをこすった程度だろう。素直に謝れば穏便に片付くのになぁ,と思っていたら,女性は携帯電話で通話中である。

「なんかー,めっちゃ怒られてんだけどぉー,わたしぃー」

あちゃー,とバスの乗客全員は呆れ果てた。怒っている運転手の目の前でそれはちょっとないんじゃないの?

当たり前だが運転手は怒り狂い,無線で営業所に連絡して警察を呼ぶことになったようだ。これは時間がかかりそうだな,と思っていると,乗客の一人が「歩いていきますんで」と申し出た。

「そうですか,申し訳ありません。代金は結構ですので」

そういうことなら,とS氏も降りることにした。この後の展開は面白そうだが,ここからだと会社までかなり歩かなくてはいけない。あまりのんびりしていると遅刻してしまう。結局半分ほどの乗客が降りることになった。お年寄りや目的地が遠い人は営業所が用意するタクシーにでも乗るのだろうか。いずれにしろ,時間がかかりそうだった。

「すみませんでした・・・」

バスを降りるとき,SUVの女性から声をかけられた。自分のせいで乗客に迷惑がかかった,という程度のことは理解できたらしい。おそらくコッテリ絞られることになるであろう女性に,しかし同情はできないS氏であった。

「それにしても・・・」

と会社への道を歩きながら考えるS氏。老師はこのアクシデントを予想していたのだろうか?このバスに乗っていたら脚の悪い老師は間違いなく病院の予約に遅れていただろう。結局まだ一度も老師がブザーを押すところを見ていないし,やはり只者ではない。

※この作品は一部フィクションです

前作「サラリーマンS氏の葛藤」

2008年10月18日

●今日の見学 カーディーラー

今日はかんな氏の用事の付き合いでカーディーラーへ。日産とダイハツに行って,ノート,マーチ,ムーブコンテ(ノンターボとターボ)を試乗させてもらった。

どの車も快適装備満載で,荷物もたくさん積めるし燃費もいい。

しかし良くも悪くも「無難」という感想しか出てこない。今乗っているキューブもそうだが,不満は特にないけれど愛着も湧かない,という感じ。

その点ダイハツには楽しそうなコペンがあるけれど,残念ながら試乗車がなかった。機会があったら是非乗ってみたい。

写真は日産で試乗するともらえる「乗ってカンガルー」。

のってカンガルー

2008年10月12日

●今日見た景色 里美

プラトー里美(里美牧場)と奥久慈憩いの森。

里美牧場には6機の大型風力発電機(スペインエコテクニア社製,定格1,670kW)があって,なかなか壮観。近くでこの規模のウィンドファームがあるのは知らなかった。

奥久慈憩いの森は整備されている割には人が少なく,穴場的な感じ。紅葉には少し早い。

プラトーさとみプラトーさとみ奥久慈憩いの森

2008年10月05日

●ヘアサロンとパズルと入浴剤

いつもお世話になっているヘアサロンで,待ち時間用に置いてあるパズル。小さなボールを一本橋させてゴールまで持っていくというもの。なかなか難しいのだが何とかクリアした。お鼻が写っているのは看板わんこのムーちゃん。

パズルとムーちゃん

そうしたら意外にもWebmasterが初達成とのことで記念品を頂いた。あまりにも誰もクリアできないので「本当にクリア可能なのか?」と疑惑をもたれていたモノだそうで,喜びもひとしおである。コツは平常心と集中力だろうか。クリアできないからとイライラしては手元が狂う。

入浴剤

入浴剤はかんな氏が集めたものが他にもたくさんあるので,順番に使っていかないとどんどんたまってしまう。

入浴剤

2008年09月28日

●月待の滝つづき

デジカメ(FinePix S5000)で撮った写真も何枚か。

自然の中に埋もれていたこの滝を世に紹介しようと奮闘したのが,併設されている「もみじ苑」という施設。本格的なコーヒーや蕎麦を頂くことができる。

月待の滝月待の滝-もみじ苑月待の滝-もみじ苑月待の滝

2008年09月27日

●今日見た景色 月待の滝

大子町の「月待の滝(つきまちのたき)」。有名な袋田の滝よりも少し北にある。

滝の裏側に入って見ることができる珍しい地形で,別名「裏見の滝」とも。

月待の滝月待の滝月待の滝

ASAHI Pentax SP / SuperTakumar 1:1.8/55 / Venus400

2008年09月22日

●猫動画 デルタ突撃にピートびっくり

たまに投稿しないとやり方を忘れてしまうので,久々にニコニコ動画にアップ。

「そろそろ来そうだなー」と思っていたら期待通りのデルタ突撃。

ニコニコ非会員の方はこちらから見られます。>非会員の方用

画質が悪いのと黒いブロックノイズが乗ってしまうのが残念。今のところ対処方法がわからない。動画はFinePix S5000のAVIをiMovieHD(5.02)でmp4で書き出している。iMovieに読み込んだ時点で少しブロックノイズが出てしまっている...

2008年09月21日

●今日見た景色 千葉

常磐道を柏ICで降りてR16で千葉へ。このルートが一番楽かな。お彼岸なので霊園周辺は大渋滞。

道の駅やちよ千葉 モノレール守谷SAのスタバ

2008年09月20日

●今日見た景色 下深荻

夏も終わったかな,と思って久しぶりに隣町のプールへ。しかしまだまだ混んでいた。ちびっこが帰ったあと,夕方5時頃から行くのが正解か。

ランチは日立市下深荻町の蕎麦屋「しかの庵」。デザートは近くの豆腐屋さんのおからドーナツ。

ところで下深荻ってなんて読むんでしょう?しもふかおぎ?

しかの庵しかの庵 大根蕎麦とうふ工房名水亭 なか里 おからドーナツ

2008年09月14日

●今日見た景色 中秋の名月と猫たち

月の写真はかんな氏撮影。

中秋の名月中秋の名月

これだけでは何なので猫たちの写真も。デルタはピートにくっつきたいが,ピートはちょっと迷惑顔。

窮屈そうなピート

そんなピートもデルタが大人しくしていれば,毛繕いしてあげたりして。しかしさらにデルタがくっつこうとすると,ピートは逃げてしまう。


2008年09月07日

●たまにはテレビの話でもしましょうか

基本的にテレビはほとんど見ないのだが,たまに点けるときはだいたいBSデジタルを見ている。地上波よりも良質な番組が多い気がする。

見る確率が高いのは以下の番組。

・世界 夢列車に乗って(BS-i)

・欧州鉄道の旅(BSフジ)

・小さな村の物語 イタリア(BS日テレ)

・世界豪華列車の旅(BS朝日)

・世界の船旅(BS朝日)

こんなところかな。あとは世界遺産モノとか。これらを欠かさず見ているわけではもちろんなく,なんとなく点けたときにこの手の紀行モノを探してしまうだけ。司会者とかゲストとかお笑いとか,そんなものは要らない。

そういえばやっているとつい見てしまうのが,

・吉田類の酒場放浪記(BS-i)

酒が飲めないWebmasterの一種の憧れが出ているのかも。あと辰巳拓郎のワイン番組(BSフジ)とか。

それからマニアックで楽しいのが,

・鉄道模型.ch(BSジャパン)

今は再放送らしいが,鉄道・鉄道模型のことには全然興味がなくても「そんなことにまでこだわるのか!」的な面白さがある。

2008年09月06日

●プラネタリウム番組鑑賞 Birth of GAIA

プラネタリウム番組の「Birth of GAIA」を鑑賞。

大型ドーム映像の鑑賞は「銀河鉄道の夜」,「宇宙エレベータ」に続いて3本目。

オリジナルはMirage3Dの"Origins of Life"なので,ガイア理論がどうこうというよりは,生命の起源とかそんな感じの内容。時間が短いので科学的な突っ込みは浅い。

しかしドーム映像の迫力は何度見ても壮観で,気をつけていないと火星地表の俯瞰映像は3D酔いする。前座に本来のプラネタリウム上映として夏から秋の星座の解説(ライブトーク)が付いて525円で見られるのはとてもお得だと思うのだが,土曜昼の上映でお客さんは10人程度(座席は248もあるのに)...。せっかく良い設備なので閉館しないことを祈るばかりである。

2008年08月29日

●サラリーマンS氏の葛藤

「今日は2分遅れか。割と早かったな」

S氏は腕時計に軽く目をやり,慣れた動作でバスカードをポケットから取り出して,停留所に滑り込んでくるバスを見守った。

「お待たせしました。T駅ゆきです」

今日の運転手はまあまあ丁寧だな,とアナウンスを聞き流しながらS氏はステップを上がる。訛っていても「お待たせしました」なんて言う運転手はまだマシで,無言で扉を開閉するような愛想のないヤツもいるのだ。

元々空いている路線だし,その停留所ではいつも4,5人降りるので座席の選択肢はいくつかある。瞬時に車内を見回して計算するS氏。

「最後尾は埋まっているか...。今日は日差しがあるから東側の席は避けて,と」

ステップを上がった足を止めずに思考しながら,入口から近い一人がけの席に滑らかに腰掛ける。

バスが発車した後はわずかな時間だが読みかけの小説に集中する。

「そろそろか」

降りる停留所の2つ前くらいになると緊張が走る。小説を鞄にしまいながら,さりげなく周囲を見回す。

「強敵はいつもの3人か」

まずガニ股で通路をふさいでいるサラリーマンの男。名前は『ガニ股』にしよう。

そして私は関係ないわよという顔をしているが一番最後にさりげなく降りる女性。たぶんOLなので『O子』だ。

おそらく最強なのは真っ先に降りるくせに絶対押さないお年寄りの男性。足が悪いので乗り過ごすのは辛いはずだが冷静なのはさすがに年の功といったところか。敬意を表して『老師』と呼んでいる。

ひとつ前の停留所を順調に通過。いよいよだ。

「マズいな...」

S氏は内心で舌打ちをする。普段ならこの辺は渋滞しているのでゆっくり作戦を立てている時間があるのだが,今日は順調に流れている。短期決戦でのS氏の勝率はあまり良くないのだ。

横目でガニ股の様子を伺うがこれ以上は無理というほど脚を開いて涼しい顔をしている。O子も老師もこの段階では眉ひとつ動かさない。さすがだ。

長い直線に入り遠く停留所が視界に入ってきた。この速度だとタイムリミットまであと約5秒。S氏は周りから悟られないように肩に力を入れる。ボタンの位置は小説をしまったときにちゃんと確認してある。

ガニ股の脚が少し閉じてきた。しかし胸の前で組んだ腕はまだ動く気配がない。一瞬視線が交錯する。

『おいおい,そろそろ押した方がいいんじゃないのか?昨日はオマエが押しただろう?』

ガニ股の視線に込められた想いがテレパシーとなって届く。

「くっ」

馬鹿にしやがって,と思ったが確かにもう時間がない。O子の視線も感じる。老師は・・・

「寝ている!?」

穏やかに目を閉じるその姿には後光すら差しているかのようだ。いや,しかしもう時間が・・・

「ピンポーン」

「はい,停車しまーす」

「なにっ!?」

鋭く振り向いたS氏の目線の先には,普段見かけない中年の男性がボタンを押している姿が。

途中まで伸ばした腕を無様に引っ込めるS氏。負けた,いや押さなかったから勝ったのか?しかし心の中は敗北感でいっぱいだ。

老師はすでにステップを降りている。ガニ股も席を立った。O子は例によって最後に降りるつもりだろう。明日は,明日こそは奴らにボタンを押させてみせる,と暗い決意をして降車の列に加わるS氏だった。

※この作品はフィクションです。

2008年08月24日

●自宅震度基準

また地震だ。震度は4。最近茨城では地震が多いような気がする。

今のところに住み始めて3年経ち,震度5弱までの揺れは体験したので,そろそろテレビの速報を見なくても震度を当てられるようになってきた。

震度1:地震に敏感なかんな氏が気付く

震度2:地震に敏感なかんな氏が取り乱し始める

震度3:CDを入れているキャビネットの引出しが少し開く

震度4:CDを入れているキャビネットの引出しが大きく開く,立てかけてある写真が倒れる

震度5弱:ガスが止まり(地震センサ),給湯器がエラーを出す

ちなみにネコたちも大きな地震だと少し落ち着かなくなるが,これは揺れによるものなのか取り乱したかんな氏を警戒しているだけなのかよくわからない。

震度についてはマンガだが「HAL」(あさりよしとお)がオススメ。

2008年08月19日

●今日見た景色 咲花温泉

猫たちに留守番してもらって一泊で新潟に帰省。

宿は咲花温泉の碧水荘。磐越西線咲花駅の近くで,廊下からトンネルの出口が間近に見えるロケーションなのでSLばんえつ物語号を見るには絶好の宿かも。残念ながら運行日ではなかったので見られず。部屋からは阿賀野川のリバービュー。

楽天トラベルで素泊まり3,000円の格安プランだったが,貸切り露天風呂(入湯税300円)も使えて良かった。

ただあいにくの大雨で散歩に行けなかったので,部屋からの景色をスケッチ。いろいろ描き方を試しているところで,今回は下書きなしで一発彩色。紙はモンバルキャンソン(はがきサイズ)。かんな氏はマスキングを使って雨を表現するという高度な技法を駆使していた。

咲花温泉碧水荘水彩スケッチ水彩スケッチ水彩スケッチ水彩スケッチ

2008年08月16日

●今日のお絵描き 水彩に初挑戦

スケッチ,特に彩色は小学校の頃から苦手でトラウマになっていたのだが,かんな氏に誘われて思い切って画材を購入。

絵の具はターレンスのプチカラー18色(水筆付き),用紙はワトソンのハガキサイズ。道具揃えにかなり投資したのでトラウマを克服できるようにのんびり描いていきたい。

しかし初挑戦した風景はあまりにもヒドかった(水筆の使い方もよくわからなかった)。載せたのは2回目の挑戦で写真を見て描いたもの。どうしても普段の癖が出てマンガっぽくなってしまうのは何とかならないものか...

水彩スケッチに挑戦

水彩スケッチに挑戦

2008年08月14日

●雷雨と停電と花火

今日は夕方から80ミリ超の激しい雷雨。そして10回以上の断続的な停電。継続時間はいずれも数秒から1分以内だったと思うが,これだけ連続するのは経験がない。

周辺の道路は一瞬で川のようになり,豪雨による視界不良と信号機停電で車で走っている方は相当怖かったのではないだろうか。

落雷で停電するというのは,送電鉄塔や架空地線への雷撃で鉄塔側から送電線に逆スパークオーバ(逆フラッシオーバ)して地絡電流が流れて変電所側で遮断器開(トリップ)となり停電発生,そして高速自動再閉路(数秒)して事故除去されていれば再閉路成功(停電復旧),失敗したら事故区間を切り離す(柱上開閉器)などしてから再閉路するので多少時間がかかる...という感じで良かったかな...?

1時間ほどで雷も雨も峠を越した。これでは準備もできないだろうし花火は中止だろうと思っていたら,しっかり打ち上がっていた。雷の間は花火師さんは避難していたのだろうか。

FireworksFireworksFireworks

2008年08月12日

●今日見た景色 花火

英語で言うとFireworks。写真に撮るのは結構難しい。マニュアルフォーカス,シャッタ速度優先AE,三脚あたりは必須か。

花火会場に行くと携帯カメラで撮っている人も多いけれど,パンフォーカスなので本格的なカメラよりもむしろ簡単に写ってしまったりする。

Fireworks

2008年07月25日

●今日見た景色 ダーツバー

近所のダーツバーに初めて行ってみた。

最近ダーツは全然やってないけれど,カウントアップのスコアは330ほど(BULL2回)と,なかなか健闘したと思う。ハードダーツも触らせてもらうことができたが,スコッと刺さる感触が気持ちいい。

Clandestine初めてのハードダーツ

2008年07月13日

●週末見た景色2 松島オルゴール博物館

松島オルゴール博物館。先日手回し鳥オルガンを作ったばかりということもあって興味深かった。

たいした展示物もないのに観光客が落とす金目当ての観光地によくあるタイプの博物館・美術館とは違い,貴重な古いオルゴールを動態保存して演奏を聴かせてくれる良質な内容だった。これで千円なら安いだろう。

オルゴールというとシリンダやディスクのピンで櫛歯を弾いて音を出すイメージだが,この博物館によると,その語源からもっと広く自動演奏楽器をオルゴールとして紹介している。

オルゴールの語源は「オルガン」です。
オルガンが日本に伝わったのは安土桃山時代のころで、当時交易があったオランダ人が、「オルゲル」と言って紹介しました。その後オルゴルと呼ばれ、オルゴールとなったそうです。日本で言うオルゴールは欧米では、「ミュージックボックス」と呼ばれており、江戸時代の末期(1852年)に伝わった時に、やはり音楽の鳴る箱ということで、オルゴールと呼ばれ、その名が今は皆さんが知っている「オルゴール」となったそうです。
〜中略〜
「日本オルゴール協会」では、オルゴールの定義を"手動または自動で音楽を演奏する機械で、回転胴に植え付けられたピンで発音体を弾き、メロディーを奏でるもの"としています。西欧では「ミュージックボックス」と呼ばれ、シリンダー式やディスク式オルゴールをさしています。しかし、語源を考えると広く自動演奏オルガンや自動演奏ピアノを含めた自動演奏装置がオルゴールだと考えてよいでしょう。

この手の自動演奏機械は,その目的からレコードやラジオの発明・進歩によって完全に滅びてしまったが,実際にダンスホールオルガンやコンサートオルガンの大迫力の自動演奏を聴くと,その完成度が芸術の域にまで高められていたことがよくわかる。

松島オルゴール博物館松島オルゴール博物館松島オルゴール博物館松島オルゴール博物館

演奏の一部はflickr動画でどうぞ。

【参考リンク】松島オルゴール博物館

2008年07月12日

●週末見た景色1 松島

日本三景のひとつである松島。福浦島を臨むホテル(旅館)に宿泊し,2日目は遊覧船で島々を観つつ塩釜へ。湾内の波が,海だとは信じられないくらい穏やかだったのが印象的。日本三景という割には観光客は少なく閑散としていた。

高校の修学旅行で同じく日本三景の宮島に行ったが,ちょうど台風で厳島神社が崩壊してしまっていたのを思い出す。

Matsushima Nihon-SankeiMatsushima Nihon-SankeiMatsushima Nihon-SankeiMatsushima Nihon-SankeiMatsushima Nihon-Sankei

JRでの移動だったことと,天気予報がくもり・雨ということもあってペンタSPは持っていかなかった。

2008年07月10日

●続・勧誘電話撃退法ー新市場開拓編

会社にかかってくるしつこい勧誘電話については以前書いたことがある。

自分の名前についてはどういう経緯でか知らないがリストから落ちたらしく,かかってくるのはもっぱら上司や同僚宛てだ。

で,相手の社名や口調,周辺雑音などから「これは怪しい」と思った電話に対しては,外出中か出張中か会議中か帰宅後か出社前か休んでいるか,とにかく不在ですと答えることにしており,これまではそれで大きな問題になることはなかった。

ところが,である。いつ電話しても不在なのを不審に思った(どっちが不審なのかはともかく)のか,今日かかってきた勧誘電話は,出張中ですと答えたら,丁寧な口調で,

「そうですか,ではまたあらためます。すみませんが対応頂いた方のお名前は?

ときた。これはマズい!

こう聞かれたらまともな会社なら電話を受けた担当者が名乗らないわけにはいかないし,実際正直に名乗ってしまった。

そう,この方法を使えば,その電話番号の会社に実在し,上司よりは在席率の高い人間の名前を確実にリストに加えることができる

今後もし自分宛ての勧誘電話が不自然に増えるようなことがあれば,まず確実に上記方法で名前を収集されたと思っていいだろう。

この新手の新市場開拓法(?)を阻止する有効な手段はまだ思いつかない。「対応頂いた方のお名前は?」と聞かれて,「それは個人情報になるのでお教えできません」とはまさか答えられないし,偽名を使うわけにもいかない(もう一度電話されたらすぐバレる)し...

また,リストに名前を加える以外にも,電話に出た人の名前を聞くことは業者にとってメリットがある。
・上司本人が出て(他人のフリをして)「不在です」と言う作戦を封じる。
・別な同僚が出て,別な理由(例えば会議中)を言った場合に,「先ほど○○さんは出張と聞きましたが」と矛盾を指摘できる。

結局こちら側もいる人をいない,とウソを答えているやましさがあるので,そこにつけこまれると弱いわけだ。

「勧誘ってそこまで粘着質なの?」と疑問に思う方もおられるかもしれないが,粘着な人はとことん粘着なのが事実であり,素直に本人に取り次いで「興味ありません。ガチャ」なんて電話を切ろうものなら,「人の話をろくに聞かずに切るとは失礼じゃないか」と逆ギレして何度もかけてくる輩が実際いるのである。

会社の電話でまさか着信拒否というわけにもいかないし,どんな相手でも丁寧な対応をしなくてはいけない会社の難しいところである。

何か良い撃退方法があればコメントいただけたら幸いである。

2008年07月05日

●今日見た景色 りんどう湖ファミリー牧場

開園45周年のりんどう湖ファミリー牧場(那須)。

ほのぼのとした雰囲気は好感が持てるが,設備の古さなどは否めず来園者は伸び悩んでいる様子。天気のいい土曜日でも園内は閑散としていた。

りんどう湖ファミリー牧場りんどう湖ファミリー牧場りんどう湖ファミリー牧場りんどう湖ファミリー牧場

2008年06月20日

●今日のお絵描き ミッフィーとミッヒー

ミッフィーと
ミッフィー

ミッヒー
ミッヒー

元ネタがわからない人は西原理恵子さんのマンガをどうぞ。

2008年06月12日

●今日見た景色 とんかつとん

とんかつ「とん」の愛情コーヒー。

コーヒーは苦手だが,豆を挽いてサイフォンを眺めるという儀式はなかなか楽しい。

愛情コーヒー

2008年06月05日

●今日見た景色 甲府

山梨県は10年ぶりくらいか。JRで行ったのは初めて。車窓から見える景色は,果樹園,果樹園,また果樹園。

旧友と再会し思い出話に花が咲くかと思いきや,なぜかカメラ談義。普段は周りにカメラのことを語れる友人がいないので,なかなか楽しかった。

スーパーあずさ舞鶴城公園山梨県議会議事堂長坂駅

2008年06月02日

●今日のお絵描き なーさん

きらりんレボリューションの「なーさん」。描けるように練習して姪っ子(5歳)の気を惹こうという作戦。おぢさんは嫌われたくない。

なーさんはネコらしいがスコティッシュだろうか?ついヒゲを描き加えたくなる。

仲間に「みゃーさん」「なーやん」というのがいるらしい。ということは,「なーさん」は「なー(名前)」+「さん(敬称)」ではなくて,「なーさん」が名前で,敬称を付けるなら「なーさんさん」とか「なーさんくん」と言わなくてはいけない。これは大変だ。姪っ子に教えてあげなくては。

プリキュアも練習しといた方がいいだろうか。

なーさん

2008年06月01日

●今日見た景色 かみねレジャーランド

日立市の子供はみんなお世話になったと言われている「かみねレジャーランド」。今月は入園料(通常大人450円)が無料。のりものは1回200円(のりもの券2枚)から。

新潟市には遊園地はなかったような気がする。安田まで行けば「安田アイランド」(現サントピアワールド)があったけれど,すぐに車酔いするWebmasterは連れて行ってもらえなかった。また,車に酔った上にさらに気分が悪くなりそうなジェットコースターなど乗せてもらいたくもなかった。なのでジェットコースターデビューは社会人になってから。

かみねレジャーランド懐かしい雰囲気のかみねレジャーランドかみねレジャーランド眼下には墓地が広がりスリル満点コースターかみねレジャーランド:スカイサイクル

2008年05月02日

●今日見た景色 弥彦

一泊で新潟に帰省。ピートとデルタは留守番。

宿泊は弥彦温泉。2日間の走行距離は700km。暫定税率が復活して閑古鳥が鳴いているスタンドで給油と洗車をしたらスタッフの対応が素晴らしく,気分が良かった。

20080502_01.jpg20080502_02.jpg20080502_03.jpg

2008年03月29日

●今日見た景色 春の一日

近所の道路の開通セレモニー。道路行政への風当たりが強い昨今だが,大勢の人が集まっていてちょっと意外だった。

桜は開花宣言が出るか出ないか,という微妙な感じ。一週間後には見頃になるだろう。

曇り空だったので高感度フィルム(ISO400)を使ってみた。そうしたら意外に明るくてシャッタスピードを最高(1/1000s),絞りをめいっぱい絞って(f16)露出計はぎりぎり適正指示。そういう条件で撮った写真は中央部が白っぽく写ってしまっている。これは何の現象だろう?

20080329_01.jpg20080329_02.jpg20080329_03.jpg20080329_04.jpg20080329_05.jpg

ASAHI Pentax SP / SuperTakumar 1:1.8/55 / CENTURIA400

2008年02月28日

●今日見た景色 仙台

急遽仙台に日帰り出張。東京経由だったので移動7時間,現地滞在2時間。車中ではひたすら読書。

帰りの乗車時間までに15分ほど空きがあったので,ヨドバシ仙台店でお土産のネオパンSSを購入。近所のキタムラなどでは置いていないのだ。

20080228.jpg

2008年01月22日

●今日見た景色 仙台

仙台出張の移動時間のスキマで駅前のロフトへ。目的はホロホロ用のXウォーターだが,一通り売り場を見たけれど残念ながら発見できず。置いてあるのはチョコばかり。手持ちのXウォーターはすべて使い切ってしまったし,このままだとホロホロが干上がってしまう(まだ数ヶ月は大丈夫だと思うが)。送料の方が高い通販を使うか,この先数ヶ月以内にハンズに寄れるチャンスがある方に賭けるか...悩むところだ。

仙台は気温は低いが積雪はなかった。北側の日陰に少し残っている程度。

現場の湿度計。壊れているわけではない。湿度10%以下って飛行機じゃないだから...。喉がヘンになりそうである。

20080122_01.jpg20080122_02.jpg20080122_03.jpg

2008年01月01日

●あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

2008年は「写真ってたのしいねっ」というホームページをはじめて10年になる節目の年でありますが,基本的には今まで同様,写真ネタにはこだわらず,アクセス数アップも意識せず,更新頻度も適当に続けて行きたいと思っておりますので,どうぞよろしくお願いいたします。

20080101_01.jpg

20080101_02.jpg20080101_03.jpg20080101_04.jpg

2007年12月26日

●ホロホロ4歳

ホロホロを飼い始めて4年。2匹体制になってからは安定していて,悪化の一途と思われた水槽内壁の緑化(藻の繁殖)も一定段階まで進んで均衡しているようだ。

専用ヒータも売られているが,使っていないし特に暖かい場所を選んで置いているということもない。一時期は藻の繁殖が気になって暗所に置いてみたり,日差しを遮るシェードを付けてみたりしたが,あまり効果はなかったし,上述のように放っておいても一定以上には悪化しないようなので,現在は本当にメンテナンスフリーである。

むしろ,水槽の掃除や場所の移動によるストレスの方が良くないと思われるので,積極的に放置している状態だ。たまにデルタが水槽を突いているような気がするが...

ただ,水の蒸発は避けられないので,Xウォーターの定期的な補充が必要である。しかし5月に買った分もそろそろ無くなりそうだ。4年で消費したXウォーターは150ml入りで3本。正直こんなに長生きするとは思っていなかったので何かのついででロフトやハンズに寄ったときに1本ずつ買っていたのだが,最近そちら方面への出張がないのでどうしようか思案中である(田舎なので近所では売っていないのだ)。

ホームページの説明では繁殖はしないものの,8年以上生きる例もあるということなので,もうしばらく生暖かく見守っていくつもりである。ちなみに4年経っても個体の識別ができないので,名前はまだない。

20071226.jpg

【関連記事】
今までのホロホロ関連記事を検索

2007年12月07日

●路線バスの観察3

この辺を走っている民間バス会社(1社しかない)ではバスカードという磁気式のプリペイドカードが10年あまり使われてきた。現金で乗ることもできるが,距離によって運賃が変わるので面倒だし,プリペイドカードは金額に応じて1割程度のプレミアムがつくので,定期を作るほどではないが頻繁にバスに乗る人はよくバスカードを使っていた。

近頃バスカードの読み取りエラーがよく出るな,とは感じていたが,やはり設備が老朽化していたらしく,最近「非接触ICカード型」のカードに大幅な設備の変更が実施された。

このICカードがなんとも中途半端なシロモノなのである。まず,完全独自仕様なのでSUICAやEdyといったメジャな電子マネーカードと共用させられない。つまり1枚余計にカードを持つ必要がある(しかも厚みが従来のプリカよりも分厚い)。

チャージがバス車内か営業所の端末でしかできない。従来の磁気カードは主要駅のキオスクでも買えたが,このICカードのチャージはできない。朝の急いでる時間に他の客を待たせてまでチャージするのは気が引けるし,数少ない営業所は土日が休みだったりする。SUICAと共通にしてくれたらどれだけ便利だったことか...

残額がわからない。テレカを使った人ならわかると思うが,磁気カードであればだいたいの残額がカード面への穿孔によってわかるようになっている。ICカードではこれがわからない。SUICAなら駅の端末にいれれば残額確認も簡単だが,バス専用のカードは端末のある車内でしか確認できないため,降りようと思ったら残額不足だった,ということになりかねない。毎日乗っている人ならだいたいの残額も覚えていられるだろうが,たまにしか乗らない人は困るだろう。

バス会社が挙げるメリットはこうだ。
・機械にかざすだけでOKなので手間がはぶける。しかし,定期入れのSUICAと干渉するのでこのカード単独でサイフから出さねばならず,実際の手間はほとんど変わらない。

・情報管理機能の向上により,乗り継ぎ割引が可能に!・・・しかし乗り継いだ場合の割引は一律たったの30円。

・使い捨てないので資源が節約できる。車内でチャージにもたついている間に排出されるCO2と乗客の時間的損失はどうなるの?

というわけで,バス会社と設備を納めた会社の自己満足的な変更であり,ユーザの利便性を無視した実質的な改悪であるとWebmasterは思っているのだが,他の地域にお住まいの方はどう感じるだろうか。

20071207.jpg

【参考記事】
路線バスの観察2
路線バスの観察1
Fast&First:横浜市バスの惨状

2007年12月01日

●今週見た景色 東京ディズニーシーとホテルミラコスタ

東京ディズニーシーとホテルミラコスタ。気がつくと毎年同じような写真を撮ってしまっている。

その中から,今までに紹介していないアングルの写真をいくつか。1枚目は運河のところ。付着している汚れや藻はすべて人工的に付けられたもので,演出(ウェザリングという)。藻の最上部付近にうっすらと白い帯が横に走っている部分まで洪水が達した,という「設定」になっている。

2枚目は吊り下げ式のストーブ。寒い季節にはありがたい。海底2万マイルの近くで。

3枚目はテルメ・ヴェネチア(屋内プール)。自分たち以外に客がいないので水面が静か。

4枚目は早朝の運河。まだ客が入っていない。撮影はテルメの受付のところから。

5枚目は建設中の東京ディズニーランドホテル。アンバサダー(500室),ミラコスタ(500室)を超える705の客室を有する。ただ結婚式はやらないそうだ。

20071130_01.jpg20071130_02.jpg20071130_03.jpg20071130_04.jpg20071130_05.jpg

【参考記事】
2006年の様子
2005年の様子
かんな氏のミラコスタウェディングページ

2007年11月24日

●今日見た景色 クリスマスイルミネーション

近所のクリスマスイルミネーションの点灯式。空には満月。今年は三脚持参で行ってみたのだが,イルミネーションに最適な露出ってどんな感じにすればいいのかよくわからない。

今回載せた写真はだいたいシャッタスピードを1秒前後,絞りはF4くらいで,ISO200感度に設定している。ちょっと周りが明るすぎる気もするがどうだろう。目で見たような感じで,というのがなかなか難しい。

20071124_01.jpg20071124_02.jpg20071124_03.jpg20071124_04.jpg

[Fujifilm FinePix S5000]

2007年11月17日

●今日見た景色 かみね公園

今年の紅葉見物も近所のかみね公園で。基本的にはサクラの山なので,もみじは10本ほど。それでもなかなか綺麗。

近所のやまがた屋でおにぎりとからあげを買って,ここで紅葉を見ながら食べる。

さすがに紅葉を黒白写真で撮ったらわけがわからないので,今回はデジカメで。

20071117_01.jpg20071117_02.jpg20071117_03.jpg20071117_04.jpg

[Fujifilm Finepix S5000]

2007年11月13日

●今日の算数 BIGを買うなら

e-bankに口座を持っているとtotoがネットで買えるので,BIGのキャリーオーバーに誘われてついついポチっと買ってしまうWebmasterである。

6億も当たるなら,全組み合わせを買い占めれば確実に当たって元が取れるのでは?と思うかもしれないが,そうはいかないのが宝くじの難しいところだ。まずBIGは自分で組み合わせを選んで買うことができない。だからこその高額クジなのだ。

仮に組み合わせを選べたとしよう。そして考えられる全組み合わせを買ったらどうなるか。BIGはJリーグの14試合の結果がそれぞれ「勝ち,引き分け,負け」のどれになるかを当てる。つまり全組み合わせは,314=4,782,969通り。すべて買うなら一口300円なので,1,434,890,700円必要になる。これだけ買えば確実に当たるが,6億当たっても8億のマイナスというばかばかしい結果になってしまうというわけ。しかも上述のように組み合わせを選べないので,480万枚買ったとしても当たりくじが入っていない可能性もある。

計算してみればこのように当たる確率がとても低いことがすぐにわかるのだが,それでも買ってしまうのが悲しき小市民というわけだ。

2007年11月10日

●自転車の思い出

ガソリン価格が上がり,今後も以前のような安い価格にはどうも戻らないような情勢である。これからは必然的に自転車が注目されるようになるだろう。

Webmasterが補助輪を外したのは小学校にあがる前だったか,低学年の頃だったかよく覚えていない。危なくないようにと,車に自転車を積んで広い河川敷公園に連れて行ってもらい,補助輪なしで乗る練習をした。どのくらい時間がかかったかも記憶にないが,その日のうちに乗れるようになり,嬉しくて公園内を何周も走り回ったことだけはよく覚えている。

一度補助輪なしで乗れるようになると,補助輪付きはカーブで車体を傾けることができないのでとても怖いと感じるようになる。それまでは補助輪に頼って乗っていたのに不思議な変化である。

最初の自転車が小さくなると,その当時流行っていた変速付きを買ってもらった。確か5段変速だったように思う。しかし所詮子供向けの製品で,変速機構で余計なメカが増えた分だけ重く効率も悪くなり,Webmasterの体が貧弱だったこともあって友達の変速なしのママチャリにどうやっても勝てず悔しい思いをした。友達のママチャリに乗せてもらうと,いやにペダルが軽く感じるがその事実を認めることを当時のWebmasterの頭脳は完全に拒否した。

で,中学生になって若干シンプルにはなったが,やはり6段変速のスポーツ車風の自転車を買ってもらって同じ過ちを繰り返すのであった。もちろん高級なロードレーサは車重も軽いしメカも良いものを使っているのだが,Webmasterが買ってもらえる程度の自転車ではやはりメカの増加の分だけロスが増えるだけという印象だった。

高校生になるとやはり当時流行っていたカマキリハンドルの安物のママチャリに落ち着き,変速メカのないその軽快さに感動したものである。

社会人になってもしばらくは安物のママチャリを通勤に使っていたが,今は所有していない。かんな氏がやはり独身時代に買った折りたたみ自転車が駐輪場に置いてあるが,これも3年ほど動かしていないのでボロボロだし粗大ゴミに出さなければと思っている。

現在住んでいる地域の特徴として,平地が少なく坂が多いため,元々自転車での移動には適さない,というのも新しい自転車を買う気にならない理由である。

20071110.png

2007年11月01日

●今日見た景色 国分寺

国分寺。東京もこの辺まで来るとだいぶ雰囲気が変わる。

お土産は「らぽっぽ」の洋なしとおいものなめらかカスタードパイ

20071101_01.jpg20071101_02.jpg

2007年09月26日

●10年日記

1997年に133MHzのダイナブックを買ったのをきっかけに書き始めた日記が,とうとう丸10年を迎えた。

この日記はブログやSNSの日記とは違って,誰にも見せないプライベートな昔ながらの日記だ。パソコンで専用ソフトを使って書いているのが紙の日記帳と違うところ。

10年間で書いた文章はプレーンテキストで3.7MB,2バイト換算だと約170万文字ということになる。1日平均465文字なので,たいしたことは書いていない。淡々とどんなことがあったとか,何を食べたとかを,ひたすら毎日書いているだけだ。

日記の画面には「1年前,2年前の今日」の日記が表示されるので,「去年の今頃はこんなことがあった」というのがすぐわかるのが面白い。もちろんこれを10年前まで遡ることができる。

一番のピンチは日記のデータを入れたUSBメモリのデータがクラッシュしたことだろうか。これに懲りて,以来バックアップをきちんと取るようにしている。

特に止める理由も思いつかないので続けているが,果たしていつまで書き続けることができるだろう。

2007年09月13日

●今週見た景色 八戸

八戸のH工大。縦に読むと工H大。

八戸駅ビルのホテルに泊まったので,どこも見ずに大学の往復のみ。お昼は学食で。

20070913_01.jpg20070913_02.jpg20070913_03.jpg20070913_04.jpg20070913_05.jpg20070913_06.jpg

2007年09月08日

●今日見た景色 定禅寺ストリートジャズフェスティバル

昨年に続いて仙台の定禅寺ストリートジャズフェスティバルを見物。

700以上のアマチュアグループが出ているが,みなレベルが高い。

今年はT-SQUAREのコピーバンドも見ることができて,収穫だった。

20070909_01.jpg20070909_02.jpg20070909_03.jpg20070909_04.jpg20070909_05.jpg

【参考リンク】定禅寺ストリートジャズフェスティバル公式サイト

2007年08月13日

●ペルセウス座流星群

夏休みの自由研究,というわけではないが,天文部の集まり(吹奏楽の集まりでもある)でペルセウス座流星群の観察。

メンバが絶好のロケーション(開けていて,街灯りなし,車ライトなし)にある山奥のラジコン飛行場を知っていて,そこで花火をしつつ星空を観測。新月で月明かりもなく,快晴だったので条件としては最良だった。

ピークとされている時間帯からは少々ずれていたが,それでも火球クラスの明るい流星を3,4コ,小さなものは10コくらい見ることができた。

普段住んでいる場所からは街灯りでほとんど星が見えないが,ちょっと山の方に行けば天の川が肉眼で見られる場所があるということに感謝したい。

2007年08月11日

●おおばらこくたい

ピートを留守番させて,一泊で新潟に帰省。毎日エアコンの効いた部屋でぬくぬくと過ごしているピートは暑さに弱い。さらに実家でウサギを飼い始めたということでピートは留守番ということになった。

地元の友人のしんのすけさんが最近オーボエを習っているということで,フルートを持って行って合奏させて頂いた。しんのすけさんのお宅には珍しい楽器がたくさんあって,見せていただくことができた。

左がチェンバロ,右はさらに珍しいクラヴィコードという鍵盤楽器。もちろんどちらも生まれて初めて触った。ついでにオーボエも吹かせてもらった。感激である。

20070809-01.jpg20070809-02.jpg

さらに実家のウサギと,しんのすけさん宅のパピヨンのアニーちゃん。アニーちゃんは小さくて可愛くて賢くて,ちょっと衝撃的。体重では3倍もあるのだから,ピートにももう少し頑張ってほしいところ。

20070809-03.jpg20070809-04.jpg

ところでタイトルの「おおばらこくたい」。新潟の方言であるが,意味がおわかりの方はおられるだろうか。ネットで調べれば意味はもちろんすぐにわかるが,語源がいまだにわからない。子供の頃からずっとナゾの言葉だと思っていたが,そのナゾは解けないままである。

2007年08月09日

●最近気付いた類似点

アンパンマン号 と マンギョンボン号

anpanmango.jpg

2007年07月25日

●ポポロクロイス物語 ピエトロ王子の冒険

「ポポロクロイス物語 ピエトロ王子の冒険」(PSP)をクリア。ポポロクロイス物語1,2はプレイステーション(PS)で遊んだことがある。かわいいグラフィックとほのぼの感動ストーリィで,Webmasterが一番好きなRPGである。PS2で出ている続編は遊んだことがない。PS2を持っていないので。

今回やったのはPSPのベスト版で出ている総集編的なもので,ストーリィは1のショートバージョンと,1と2の間のオリジナルストーリィ,および2の内容が一続きの物語として展開される。

ここ何年かゲームなどまったくしなかったのだが,せっかくPSPがあるのだからと,コツコツと半年くらい(!)かけてやっとクリア。

基本的には一度PSでやった内容だったが,やはり楽しめた。2のエンディングムービィを見てかんな氏が号泣してしまったのは秘密。

2007年07月09日

●プラネタリウム番組鑑賞 銀河鉄道の夜

プラネタリウムの星空をボーっと眺めるのが好きなWebmasterだが,近所のプラネタリウムではただ星空を映すだけでは客が入らないためか,普段は星空を少しの時間映して,あとは星空以外の映像番組をやっていることが多い。

この映像番組というのがまた,いかにも子供向けで,内容はもちろん,映写装置の制約もあってただ絵が順番に切り替わるだけの単調でつまらないものが多かった。

だものだから,たまにやる大人向けの星空だけの番組以外のときはあまり足が向かなくなっていた。

ところが今回,新システム(リブラのHAKONIWA)を導入して,CG作品「銀河鉄道の夜」をやるというので,上映最終日に駆け込みで観てきた。

これがまた,想像以上の出来でちょっとびっくり。直径22mのドーム全天にフルCGの高解像度アニメが展開されるスペクタクルは,はっきり言って愛知万博で見た映像系のパビリオンを越える迫力だった。

メイキングを見てそれも納得。今後もこんな作品が上映されるなら,楽しみが増えるというものだ。何といっても公共施設なので料金が安いのも良い。

配給版は4000×4000ピクセルと、面積比が3.3倍の解像度になりました。15台PCを使ったCINEMA 4Dの再レンダリングに6カ月、After Effectsでの合成に2カ月の時間を要しました。 4000ピクセルのドームマスターは4Kと呼ばれますが、この4Kのデータを活かせるプラネタリウムはまだ日本にありません。現在はあきらかにオーバースペックなデータですが、10年後には主流となるでしょう。
この静止画像30枚で1秒分のアニメーションとなります。「銀河鉄道の夜」通常版は38分のアニメーションなので約69000枚のドームマスター画像をつくりました。この全データ量は、データ圧縮をしても1.4テラバイト。
2007年07月07日

●七夕のピート(季節感なし)

ネタがないのでピートの写真でも。七夕とか7並びのラッキーディもピートには全く関係なく,いつも通りパソコンの上で座り込み。

20070707_01.jpg20070707_02.jpg

2007年06月24日

●今日の落書き ほじょ猫

ほじょ犬のステッカーにインスパイアされました。

hojoneko.jpg

2007年06月19日

●今日見た景色 仙台

出張最終日は移動だけにしてもらって,かんな氏を誘って少しだけ観光。るーぷる仙台に乗って,仙台城(青葉城)跡へ行って,ずんだ餅を食べた。

20070619_01.jpg20070619_02.jpg20070619_03.jpg20070619_04.jpg20070619_05.jpg


2007年06月13日

●写真ってグルメ紀行 らーめん缶(冷やし麺)

写真ってグルメ紀行ネタ,ちょー久々の更新である。もうそんなカテゴリがあったことすら誰も覚えていないかもしれない。

おさらいしておくと,基本的に貧乏で味オンチ(なんでもおいしい)なため,ネタはB級,あるいはC級グルメが多い。

当然カップラーメンも大好きであり,この「札幌らーめん缶」も気になっていた。ラーメンが缶詰で食えるとは!必要性はともかくとして,まさに21世紀的と言えよう。

近所の自販機で売っているとマイミクさんから情報が入ったので,ボーナスをはたいて早速サンプリングしてきたという次第。何しろ幸楽苑のラーメンよりも高いのだ。

味はまあ,Webmasterのストライクゾーンの超広い舌をもってすれば,旨いと言えなくもない,と表現すればわかっていただけるだろうか。少なくとも20世紀には実現不可能だった味であることは間違いない。

20070613_01.jpg20070613_02.jpg

2007年05月28日

●週末の工作 180円のゴム動力ライトプレーン

週末は体育館を8名で1日借り切るという贅沢な遊びをした。贅沢といっても公共施設なのでひとり100円程度の出費である。

とはいえ体育が元々苦手なWebmasterは,空き時間の遊びとして前から気になっていたゴム動力ライトプレーンを飛ばすことにした。スーパーの駄菓子コーナーで180円で売られているモノだ。

この手のライトプレーンは子供の頃にもう少し上等なモノ(500円くらい)を試したことがあるが,河川敷で飛ばしたら風に乗って飛んで行ってしまい,1フライトで無くしてしまった経験がある。うまく飛んで嬉しかったけれど,せっかく作ったのに無くなってちょっと残念だった。

さて,180円の機体であるが,意外とよく飛ぶ。基本的には手で持って軽く投げて離陸するタイプだが,床に置いて自力滑走離陸も可能(プロペラの反力で左旋回するが)だった。飛距離は体育館縦断とまではいかなかったが,半分以上は飛ばすことができた。何度か天井の鉄骨に引っかかりそうになって焦ったほどである。

ゴム動力のライトプレーンも趣味としてはディープにやっている人たちがいて,ゴムが解放したあとは空気抵抗になるプロペラを自動的に折り畳む機構(折れペラ)だとか,風に乗って飛んで行ってしまうのを防ぐために,火縄を使った時限タイマで尾翼をポップアップさせる機構(デサマ),ゴムを自動で巻き上げるワインダーなどがあったりする。また各地で競技会も行われている。

20070528.jpg

2007年05月22日

●今日見た景色 仙台

胃の痛い仕事で仙台に一週間滞在中。
夜出歩く気にもならず,ホテルのロビーに置いてあるMacBookでブログの投稿。
写真をWebメール経由で取り込んだところまでは良かったが,写真を編集できるアプリが入っておらず,サイズ変更ができない...
しかたなく大きいままだがご容赦願いたい。
MacBookのキーボードは見た目なんとなく打ちにくそうだが,実際にはなかなかいい感じ。1.83GHzのCoreDuoに512MBのメモリ(エントリー機か?)という構成だが,動作はキビキビしているし,横長の1280x800のモニタはなかなか広々している。ちょっと設置面積を取るのが難か。

20070522.jpg

2007年05月17日

●仔猫の里親募集中

職場の近くで保護した仔猫。昔ならいくら近くで仔猫が鳴いていようが無視しただろうが,ピートを飼い始めてから猫に対する感覚がすっかり変わってしまったWebmasterである。

かんな氏がいろいろと手を尽くして里親を探してくれている。人懐っこい良い子なので,ぜひ優しい方にもらわれて幸せになってほしい。

20070517.jpg

【2007.5.18追記】里親さんが決まりまして,無事引き渡すことができました。里親探しにご協力してくださった皆様,ありがとうございます。

2007年05月05日

●今日の工作 フワフワムース紙ねんど

近所のスーパーでフワフワムースの紙ねんどというのを見つけて,面白そうだったので早速購入。

軽量紙ねんどと呼ばれるモノの一種らしく,異なる色のねんど同士を混ぜて別の色を作ることもできるし,仕上がりはとても柔らかい感じで可愛らしい作品が簡単に作れる。子供の頃使った紙ねんどとはずいぶん違う印象だが,最近登場した素材なのだろうか。

パソコンで遊ぶ猫が一番はじめに作った作品。黄色い猫はかんな氏の作品。あとは合作の5月飾り。基本的には手でこねて形を作っているだけだが,なかなかの出来映えではないか。(自画自賛)

20070505a_01.jpg 20070505a_02.jpg 20070505a_03.jpg 20070505a_04.jpg

2007年05月04日

●GWに見た景色 日本海とかみね公園

帰省のときの写真は新潟市の島見浜海水浴場付近。海辺に建つ展望台と,石油備蓄基地方面を臨む。

20070504_01.jpg 20070504_02.jpg

ピートを連れての散歩は早朝のかみね公園。ツツジが綺麗。

20070504_03.jpg 20070504_04.jpg

ASAHI PENTAX SP / SuperTakumar 1:1.8/55
コニカミノルタ JX100

参考記事:ポカポカお散歩と5月飾り

2007年04月22日

●映画鑑賞 名探偵コナン 紺碧の棺

今年もかんな氏(奥様)が好きなコナンくんの映画。上映初日のレイトショーで空席は50%ほど。けっこうお子様連れも多かったが,眠くないのだろうか。

前作が10周年記念作品ということでやたらと気合いの入った印象があったためか,今回は少し抑えた小粒な作品という感じだろうか。

光彦くんの声は元に戻っていた。エンドロールを何気なく見ていたら,「ゲストミュージシャン:本田雅人(Sax)」というのが目に入ったが,どのあたりで吹いていたのだろうか...もう少し気をつけて聴いていればよかった。

映画は来年の12作目も制作決定と出ていた。蘭ちゃんの待ちぼうけはまだまだ続きそうである。

参考リンク:劇場版 名探偵コナン 紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)

20070422.jpg

2007年04月16日

●今日見た景色 田町

ろそろ八重桜の時期だろうか。小雨が降って寒い。

24階で会議だというのに,会議室には窓がない上に狭い。息が詰まりそうだった。

20070416_01.jpg 20070416_02.jpg

2007年04月12日

●猫のピート2歳

ご存じない方のために書くと,ピートは捨て猫だったので正確な誕生日がわからない。保護した方から里親として引き取った時点(2005/5/15)で生後約1ヶ月との診断だったので,4月の中旬で2歳ということになる。

年に1回,三種混合のワクチン接種に行くほかは,動物病院のお世話になることもなく,毎日元気いっぱいだ。

現在の体重は5.8kg。定期的に量るのはやめてしまったので短期の変動はわからないが,体型は1年前頃とあまり変わっていないように思う。いわゆる「でぶねこ」というよりは,大型ねこという分類だろうか。先日散歩に連れ出したら,大学生風の男の子に「うわっ,ちょーでけー!ちょーでけー!」と連呼されてしまい,喜んでいいやら恥ずかしいやら,微妙であった。どうも街で見かける猫がすべて仔猫に見えるので不思議に思っていたが,どうやらピートがでかすぎるようだ。

食餌は特に気を使っているわけではないが,ブランド物のカリカリ(ピュリナONEかカルカン)を好きなだけ食べさせている。好物はまぐろで,まぐろが入ったモンプチスープタイプが特に好きな様子。赤身の刺身も好きだ。一方,チキンだとかビーフだとかはまったく興味がなく口もつけない。好みがはっきりしている。

最近のマイブームはハトの観察で,たまに室外機置き場にハトが羽根を休めに来るのだが,それを窓から飽きることなく眺めている。ハトのフンで汚れるので本当は対策したいのだが,ピートが「まだかな?来たかな?」と楽しみに窓をチェックしにいくのを見ると,追い払うのもなんだか悪い気がする。

20070412_01.jpg

夜の寝床はしばらく前に買ってやったペティオスリーパーズ(通称トンネル)だが,寒い冬の間は朝方になると人間のベッドに潜り込んでくる。枕に顔を乗せてゆるんでいる姿は微笑ましいが,寝返りはできないし,盛大なゴロゴロ(喉を鳴らす音)が気になってこの時期は寝不足気味である。

20070412_02.jpg

寝ているときは別として,パソコンをしているとキーボードの上に座り込むのは相変わらず。日課のようにかんな氏(奥様)の脚に噛みつくのも相変わらずだ。怒ってしつけるのはとっくの昔にあきらめたので,やりたい放題である。

一方,歳をとって保守的になったのか,散歩に連れ出そうとするとちょっと腰が引けるようになってきた。特に他人のいる場所では警戒を解かない。猫の扱いを心得ている大人なら撫でたりしても問題ないが,チビッコが近寄ってくると毛を逆立てて「シャーッ」とか「フーッ」とか言って戦闘態勢である。子猫の頃に無遠慮なチビッコにいじりまわされた経験がトラウマになっているのかもしれない。

他の猫と接近遭遇する機会があったが,相手の猫が(ピートより若いのに)とても友好的だったのに対して,ピートはやはり毛を逆立てて「ウゥーッ」と威嚇モードであった。生後すぐに捨てられて,兄弟と遊ぶ機会もなかったので,他の猫にどう接していいかわからないようである。そう考えると不憫だ。

20070412_03.jpg

朝晩の気が向いたときは膝に乗って甘えてくることもある。頭や喉を撫でてやると,うっとり夢心地といった表情だが,調子に乗って撫でまくると噛みつかれるので注意が必要だ。本人(猫)がその気にならないと,膝に乗せようが喉を撫でようが甘えることはない。ただ,フルートを吹くと,なぜか甘えモードになるという,不思議な習性がある。うるさい演奏を止めさせるには,膝に乗ってしまうのが一番という,巧妙な作戦かもしれないが,まんまと引っかかっているWebmasterとかんな氏であった。

【関連記事】

オマケとして新鮮な(?)水を旨そうに飲むピートの動画をご紹介。

続きを読む "猫のピート2歳"
2007年04月07日

●今日見た景色 平和通りの桜

桜まつりで混み合う前,早朝の散歩で撮影。「満開=休日(お祭り)=快晴」の条件がすべて揃うのはほとんど奇跡的。10年に一度くらいではないだろうか。周辺道路,駐車場は混雑が予想される(というか既に混雑している)ので,これから見に来る方はご注意を。

20070407_01.jpg 20070407_02.jpg 20070407_03.jpg

写真はFinePix S5000で手持ち撮影。

2007年04月06日

●今日見た景色 夜桜

近所の桜。今年は桜まつりに合わせてちょうど満開となりそう。関係者は喜んでいると思う。

夜桜の美しさというのは,写真ではなかなか撮ることができない。綺麗に撮るのが技術的・機材的に難しいというのももちろんあるが,人間の「感覚フィルタ」とでもいうべきものが写真では再現できない。これは夜桜に限った話ではなく,「実際に見たときは感動するほど綺麗だったのに,あとで写真を見てみたらたいしたことがなかった」という経験は誰しもあると思う。

写真はFinePix S5000で撮影。標準感度モードで手ぶれ補正もなく,手持ちではこの程度が限界か。

20070406_01.jpg 20070406_02.jpg 20070406_03.jpg 20070406_04.jpg

2007年04月01日

●フルートメンテ中

長年酷使されてきたかんな氏のフルートは,頭部管のコルクが劣化してきたので,タンポの交換とバランス調整も合わせてやってもらうことにして入院となった。せっかくなので,Webmasterのフルートも一部キーの動きが渋いところがあったので見てもらったら,足部管の連結が固いと指摘されたので,ついでに調整をお願いした。

せっかくバリバリ練習しようと思っていたのに,楽器がないのでは仕方がない。あー残念だ。

2007年03月26日

●E501系とSuica

3/18のダイヤ改正後初めてJRに乗ったところ,今までは土浦以南でしか見かけなかったE501系だった。

この電車は発車・停車時にVVVFインバータから特有のドレミファ音(正確にはト短調のレ・ミ♭・ファ・ソ・ラ・シ♭・ド・レ・ミ♭・ファ・ソ〜)が鳴るのが楽しい。最近2階建てグリーン車の付いたE531系も投入されたし,永らく冷遇されてきた常磐線もTXとの競争などで少しは変わりつつあるのかもしれない。

また,Suicaの動作もいつの間にか変わったのだろうか。今までは改札に入るときに初乗り運賃が引き落とされ,改札を出るときに残額が引き落とされる,という動作だったハズだが,今日は改札を入るときには引き落としはなく,出るときに一括でその区間の料金が引き落とされたように思う。

ちょっと前に台風だか何かで,ホームまで入ったはいいが列車が運休になってしまい,Suicaの払い戻し手続きのために長蛇の列ができて不評だったことを受けて,見直しを検討中という話だったと思うが,ようやく改善されたということだろうか。

2007年03月25日

●フルート練習サボり中

年度末は忙しくてなかなか楽器に触ることができないWebmasterである。

「一日練習をサボると,取り戻すのに三日かかる」というのはスポーツでも楽器でも通説らしいのだが,その理屈でいくとWebmasterは始めた頃よりヘタクソになっているはずだ。

社会人で毎日練習の時間をひねり出すのは実際なかなか難しいと思うし,市民吹奏楽団の人なんかは大変だろうと思う。

忙しいときでも息抜きは必要,ということで今日は定例の練習(遊び)会。トロンボーンとホルンのゲストプレイヤを迎えて,○ィズニーメドレー(じゃすらっく的に問題があるとマズいので伏せ字)。譜面が高度すぎてとてもついていけないので,全身全霊を込めて最初の4小節だけ一緒に吹かせていただいた。それでも周りが上手だと気分がいいものである。

20070326_01.jpg 20070326_02.jpg

●蔵出し写真 かみね公園と猫

年度末は仕事が忙しくてネタがないので昔の写真でお茶を濁そう。

ペンタSPの修理後に撮ったもの。2007年1月の中旬くらいだったと思う。ISO100のフィルムで室内だと,絞りはほとんど開放になるのでフォーカスがシビア。でもなかなか面白い写真が撮れる。

20070325_01.jpg 20070325_02.jpg 20070325_03.jpg 20070325_04.jpg 20070325_05.jpg

ASAHI PENTAX SP / SuperTakumar 1:1.8/55
FujiFilm SP100

2007年03月14日

●ハニービーとラジコン界

Youtubeでハニービーの動画を見ていると,3ch化や4ch化などかなり凝った改造をして遊んでいる人もいるようで,ラジコン界というのも相当ディープな世界だと感じる。

子供の頃は組み立て式の電動ラジコンカーが流行っていて,Webmasterも親にねだって買ってもらった。裕福な家庭ではなかったのに無理を言って親には迷惑をかけたと思う。お金持ちの子は改造部品(強力なモータとか,軸受けのベアリングとか)を買ったりしていたが,組み立てスキルは財力とは無関係なので,何度かWebmasterのところに「走らないんだけど」とヘルプが来て組み立てを手伝った記憶もある。

大人になったら絶対に,思う存分ラジコンカーを買って遊ぼうと心に誓っていたのに,実際に大人になってみると,公園でラジコンを走らせる勇気もないし,そもそもラジコンで遊んでいる人も(大人も子供も)見かけない。まあ,車は大人になれば本物を運転することもできるし,同じラジコンでも興味は飛行機やヘリに移るのかもしれない(河原などで飛行機ラジコンを飛ばしている人はたまに見かける)。子供はゲームとかトレーディングカードの方が楽しいのかも。

ハニービーは近所のスーパーでは売り切れだったので,トイザらスまで買いに行った。売り場は子供向けの中心はゲーム,そしてかなりの面積を占めているのが大人向けとしか思えないハニービーをはじめとするホビーである。ただ,模型専門店ではないので,電池を入れればすぐに遊べるものが多い。最近はプラモデルでも,「完成品は売っていないのですか?」と質問してくるお客がいるのだとか。

そういえばピートvsハニービーの動画はなかなか好評らしく,閲覧数が順調に増えている。今のところ,ハニービーの動画の中ではダントツでかわいいと自画自賛している(ジャンルが違うという説あり)。

2007年03月10日

●今日の落書き 見返りピート

陽だまり堂さんで見た瀬戸焼きのグラスにインスパイアされました。

あ,売約済みになってる...。買っておけば良かったかな。

mikaeri_pete.png

2007年03月09日

●オーディオの常識

「オーディオ常識のウソ・マコト」(千葉憲昭)という本がある。ずいぶん前に読んだので紹介する機会がなかったが,森博嗣氏のブログで紹介されていたので思い出した。

宗教やオカルトに陥りやすいオーディオ趣味では,こういった真面目な本を読んで道理を押さえておくことが重要かと思う。

もっとも最近ではオーディオといえばiPodという感じで,据置き型のCDやアンプを使っているのは本当にごく一部のマニアだけになってしまったかもしれない。

2007年03月04日

●今日のホビー ハニービー

室内で飛ばせるエアロソアラは,楽器練習のときに広いレッスン室に持って行ったりして結構楽しんでいたのだが,度重なる墜落で損耗したのか,ラダー(垂直尾翼の舵)が動かなくなってしまった。

エアロソアラでは充分遊んだので,次はやはりヘリが欲しい。最近ではなんと室内で飛ばせるラジコンヘリが¥4,000で買えてしまうのだ。CCPのハニービーである。まったく夢のような時代だ。

ハニービーの操作は2チャンネルのデジタルプロポで,赤外線コントロールとなっている。高性能なリチウムイオンポリマ電池を積んでいて,プロポと接続して30分の充電で約5分間の飛行が可能。エアロソアラは30秒(実質的には1フライト)しか飛べなかったので,ずいぶん長く遊べる感じがする。

実際に飛ばしている様子は動画で紹介しよう。動画が見られない環境の方には申し訳ない。

続きを読む "今日のホビー ハニービー"
2007年02月28日

●フルート練習中 菩提樹ふたたび

Der Lindenbaum『菩提樹』(シューベルト)。クラリネットの録音を公開したことがあるが,フルートでも挑戦。ムラっちを買って2ヶ月になるが,一週間後の演奏から少しは上達しているだろうか?

何度録音しても毎回どこかで指を間違うか音が出なくなる。部分部分を取ればうまく吹けたと思っても,全体を通して仕上げるにはもっともっと練習が必要だ。まあ譜面を見てから30分後くらいの演奏なのでこんなものか(言い訳)。

例によって下のパートはかんな氏に吹いてもらっている。

2007年02月22日

●PHS機種変更

愛用してきた京ぽん電池がそろそろ限界で,どうしようかと思案していたところ,ウィルコムからなかなか魅力的な新端末が発売されたので,早速注文。

ネコ好きかんな氏は一目惚れした「nico.neco」,Webmasterは今までと同じ京セラの「WX320K」だ。

WX320Kは京ぽん改2などと呼ばれているくらいで,使ってきた初代京ぽん(AH-K3001V)とよく似ている。形も操作感もほとんど同じで,戸惑うことはないが,逆に言えば新鮮味がない

初代京ぽんで一番不満だった操作の「もっさり感」はかなり解消されていて,メールを書いたりWebを見たりする動作はかなり快適になっていると思う。カメラも130万画素でマクロ機能付きと,だいぶ実用的になった。

オフィシャル通販のウィルコムストアでの購入だったが,通販で機種変更というのは,切り替わりのタイミングなどどうするのだろうと気になっていた。最近の機種はAIR発番という機能があって,送付されてきた端末が翌日のAM2:00にセンタからの遠隔操作で自動的に有効になる。それまでは旧端末が使用可能ということで,なかなか考えられている便利な機能だ。が,翌朝旧端末と新端末両方の電源を入れておいたら,両方とも着信したり,旧端末にだけ着信したりと,ちょっと不安な動作。新端末からの発呼は正常にできるが,一応旧端末の電源は切っておいた方が無難だろう。

電話帳の移行は付属のソフトとUSBケーブルでサクサクできるが,Windowsしか対応していないというのはマイナス。またしても老体SOTECに鞭打って働いてもらうことになった。

WX320Kには初代京ぽんの電話帳を簡単にコピーできたが,nico.nekoはダメだった。USB端子は付いているが充電専用らしく,ユーティリティソフトでは認識されない。こういう場合はショップに持っていくか,手動で打ち直すしかないのだろうか。

nico.nekoはnico.のタカラトミーデザインモデルで,nico.自体と機能は同じ。通話とメールに特化した端末で,カメラやフルブラウザは搭載していない代わりに,コンパクトで可愛い端末。普段この大きさで,使うときだけ画面が大きくなってブラウザとカメラが付いたら是非欲しいが,ちょっと物理法則に反しているような気がしなくもない。

今までの携帯(PHS)端末の遍歴を記録のために書いておこう。
1998.8 N206Hyper (DoCoMo PDC 日本電気)
2002.6 P211i (DoCoMo PDC 松下)
2003.8 N51 (J-Phone PDC 日本電気)
2005.6 AH-K3001V (Willcom PHS 京セラ)
2007.2 WX320K (Willcom PHS 京セラ)

9年で5台,キャリアはDoCoMo,J-Phone(現SBM),Willcomと渡り歩いた。今の端末は出来れば3年くらい使いたいが,統計的にはやはり2年弱で買い換えることになるのだろうか。

ちなみにWebmasterはいわゆるポケベル世代なのだが,残念ながら一度も使ったことがない。一部の携帯電話には未だに「ベル打ち」と呼ばれる文字入力方式が実装されているのをご存知だろうか。

20070222_01.jpg 20070222_02.jpg

2007年02月19日

●iとかjとか

虚数単位というのは−1の平方根,つまり二乗して−1になる数のこと。記号としては一般的には"i",電気の世界では電流のiと区別するために"j"を使ったりする。

二乗して−1になる数(実数)なんて存在しない。存在しないのに,なぜか電気の世界ではよく出てくる。最近は関数電卓が計算してくれるからいいようなものの,加減乗除も面倒だ。ExcelではIM〜という分析ツールの関数でないと扱えないし,書式も一般的じゃないので困る。

あーめんどくさい。

2007年02月12日

●週末見た景色 那須

3年ぶりのスキー。やはり積雪は少ない。夜は那須高原の貸別荘に泊まって,2日目は牧場でペロシキを食べて,「日本秘湯を守る会」登録の大丸温泉旅館で日帰り入浴。雪の降りしきる中,混浴の露天風呂を堪能。

下界に雪がまったく無いので無理もないが,温泉周辺だけ積雪&凍結路で,FF車が何台も坂を登れず立ち往生していたり,FR車に至ってはJAFに牽引救助されていた。今回キューブ(FF)は出さなかったが,もし出していたら大変なことになっていただろう。

20070212_01.jpg 20070212_02.jpg 20070212_03.jpg 20070212_04.jpg 20070212_05.jpg

ついでに話題のYoutubeで動画をアップしてみる。

続きを読む "週末見た景色 那須"
2007年02月08日

●少子化問題と地球温暖化

時事ネタに触れるのは珍しいが,一言書いておこう。どこかの大臣が「女性は生む機械」だとか放言して物議を醸しているらしい。

この発言そのものは失言という他なく,腹の中でなんと思っていようと,皆が見ている前でこのようなことを口走ってしまう大臣はちょっと資質を疑われても仕方がないと思う。

この大臣が気にしているのはいわゆる「少子化問題」というやつだ。

一方,この冬は暖かく,記録的に雪が少ないなど,こちらも話題になっていて,こうなると昨年の大雪のことはケロっと忘れて「地球温暖化問題」と騒ぐ人が大勢いる。

さて,多くの方はとっくにお気付きだと思うが,少子化問題と地球温暖化問題は二律背反の関係にある。つまり,人口が増えれば消費エネルギーも増えて温暖化は加速してしまうし,温暖化を食い止めるためには人口の抑制(少子化の推進)が必須だ。少子化も温暖化も盛んに報道される割には,この当たり前の関係がズバリ指摘されるのを見たことがない。何か差し障りがあるのだろうか。

しかも少子化問題というのは日本をはじめ先進国の一部だけの話で,地球規模で見れば人口も消費エネルギー(炭酸ガス放出量)も増える一方である。

日本の少子化問題というのは詰まるところ,税金や年金を払ってくれる財源の不足という問題であって,件の大臣でなくとも,政治家はそういう目でしか問題を捉えていない。

「将来のために」と政治家はおっしゃるが,政治家の望むように人口が増え続けたとしたら,土地も資源も有限なのだから破綻するというのは子供でも判ることだ。本当に人類社会の将来を考えるなら,途上国も含めた人口抑制,カーボンフリーエネルギーやCO2固定化などの研究や食料の安定供給にこそ,もっと資源を投入すべきだろう。

先進国で少子化が進むというのは,生活スタイルの多様化だとか何とかいろんな説があるだろうが,じつは多くの人たちは(政府が何と言おうと)これ以上人口が増えてはマズいと,無意識に感じて子供を減らしているのでは,なんて考えてしまう今日この頃である。

2007年02月04日

●週末見た景色2 浅草・隅田川

横浜から東京に移動して,はとバスの浅草散策〜隅田川下りのツアー。渋いイメージだがなかなか楽しめた。雷門から仲見世通りはもの凄い人出。川下りでは勝鬨橋をはじめとする数々の橋をくぐり,終盤には遠くレインボーブリッジとお台場を望むことができる。またバスの車窓からは銀座の街並を眺めることもできる。

20070204d_08.jpg 20070204d_09.jpg 20070204d_10.jpg 20070204d_11.jpg 20070204d_12.jpg 20070204d_13.jpg

FujiFilm FinePix S5000

ペンタSPのレンズは55mm一本しか持っていないので,場所によってはもう少し広角が欲しいと思う場合もある。が,交換レンズがあるとどうしてもフットワークが鈍くなるので,気軽にパシャパシャ撮ることを考えるとやはり標準レンズ一本というのがいいのかもしれない。

20070204a_06.jpg 20070204a_07.jpg 20070204a_08.jpg 20070204a_09.jpg 20070204a_10.jpg

ASAHI PENTAX SP / SuperTakumar 1:1.8/55
FujiFilm SP100

●週末見た景色1 横浜

横浜駅東口からシーバスで山下公園へ。そこから中華街まで歩いて,飲茶を堪能。

写真はFinePix S5000で撮影したものと,

20070204d_01.jpg 20070204d_02.jpg 20070204d_03.jpg 20070204d_04.jpg 20070204d_05.jpg 20070204d_06.jpg 20070204d_07.jpg

FujiFilm FinePix S5000

ペンタックスSPで撮影したもの。メンテナンス後は快調で,マニュアルでの撮影もだいぶ慣れてきた。

20070204a_01.jpg 20070204a_02.jpg 20070204a_03.jpg 20070204a_04.jpg 20070204a_05.jpg

ASAHI PENTAX SP / SuperTakumar 1:1.8/55
FujiFilm SP100

2007年01月28日

●吉野家と松屋

そろそろ牛丼再開のほとぼりも冷めただろうと,吉野家に牛丼を食いに行く。まだ昼時間帯の限定販売だが,それほど混雑することもなく普通に食べることができた。何年ぶりかで食べた吉牛の味は格別だった。早く限定なしの販売に戻ってくれるのを期待している。

ところで,松屋の店頭の広告でいつも気になっているメニューがある。ハッシュドハンバーグ。これは細切れにしたハンバーグ,つまりひき肉のことですか?

2007年01月26日

●球切れとカー用品店

愛車キューブのヘッドライトが片方消えている。球切れは2年ぶりくらいか。

早速近所の黄色い帽子のカー用品店でH4のバルブを物色する。しかしやたらと色温度の高い高効率バルブばかりが並んでいて,純正グレードのバルブがない。いや,よく見たら一種類だけ置いてあるが2個買うと3千円もする。

こんなに高いハズはないので,何度も棚を上から下まで確認してみたが,3,000円より安いバルブがひとつも無い。これでカー用品専門店を名乗るのはちょっと問題ではないか。かんな氏(旧Kinoppy氏;最近ハンドルネームを変えた)曰く「ここはクルマにお金をかけたい人が来る店だから,これでいいのでは」。なるほど。

そういわれてみれば,パジェロに乗っていた頃のWebmasterもこの手の高効率バルブで6千円とか7千円するものを嬉々として買っていた記憶がある。子供やペットを可愛がるのと一緒で,クルマが趣味の人はよろこんで金を出すわけだからここの商売も充分成り立つわけだ。

いままでキューブに付けていたバルブはホームセンタで500円で売られていた処分品で,かなり色温度が高い(白い)バルブだった。しかし一度濃霧の中でこの白いライトが乱反射してまったく前が見えず恐ろしい思いをしてから,ライトはちょっと黄色がかった純正の色がいいと思い直したWebmasterである。

キューブには出来るだけ金をかけない方針なので,もっと安いバルブを探してホームセンタに行ってみる。するとどうだろう。並んでいるのはやはり白色の高効率バルブが多いが,値段は軒並みカー用品店の1/3である。その中から,色温度が低めの1,200円のバルブを選んでみた。

駐車場で早速交換してみると,いい具合に黄色がかった落ち着いた色で,満足な買い物が出来たと思う。車の部品を買うときは,まずはホームセンタ,次にディーラー,最後にカー用品店と回るのが正解かもしれない。

2007年01月24日

●今週見た景色2 十和田

出張後半は十和田。八戸あたりまでは雪もなく調子いいなー,と思っていたら甘かった。十和田の積雪は30センチほど。これでも例年よりはずいぶん少ないのだとか。

厳寒の十和田湖と奥入瀬渓流。どうせなら紅葉の季節に来たかった。屋外での仕事だったので,厚着はして行ったが,それでも体力を消耗した。

十和田の宿は自衛隊御用達の民宿。東北弁のもてなしはありがたいが,ビジネスホテルに慣れた身にはちょっとつらい。

なんとか八戸まで戻って,東横インの無料カレーにありつく。

20070124_01.jpg 20070124_02.jpg 20070124_03.jpg 20070124_04.jpg 20070124_05.jpg 20070124_06.jpg 20070124_07.jpg 20070124_08.jpg 20070124_09.jpg

2007年01月22日

●今週見た景色1 仙台

今週は日曜から4泊5日で東北に出張。はじめの2日間の仕事は仙台。牛タンはちょっと飽きたので,夜はコンビニで調達(昼飯抜きで働いたので量が多い)

2泊目のホテルは部屋でLANが可能だったので,このように写真がアップできる。

何年ぶりかでヨドバシ仙台店をのぞいて見たが,デジカメばかりでフィルムカメラはほとんど置いてない。フィルム自体の売り場も端に追いやられている。

20070122_01.jpg 20070122_02.jpg 20070122_03.jpg 20070122_04.jpg 20070122_05.jpg

2007年01月17日

●給湯器とお湯張りのナゾ

自宅の給湯器は都市ガス(13A)を使っている。スペックを見ると総合64kW(給湯52kW,風呂12kW)と書いてある。風呂12kWというのは追い炊き能力のことだろう。

52kWの給湯能力とはどれほどのものか。フル出力で1時間運転したとして得られる熱量は52kWh。1kWhは860kcalだから,52x860=44,720kcalになる。

一方,1gの水の温度を1℃上げるのに必要な熱量が1calなので,風呂に必要な200リットル(=200kg)の水を冬場の5℃の水温から40℃の適温まで温めるのに必要な熱量は,(40-5)x200x103=7,000,000cal=7,000kcalだ。

従ってこの給湯器でお湯張りをすると,7,000÷44,720=0.16時間,つまり約10分で風呂を適温のお湯で満たすことができる。お湯張りの時間は実際もこんなものだ。

さて,では昨日のお風呂のお湯があまり汚れなかったので,お湯を捨てないでおいて,今日は追い炊き機能を使って沸かしなおすことにしよう。この場合は12kWの能力(1時間で10,320kcal)だ。水温は寒い時の室温と考えて15℃程度からのスタートとすると,40℃まで温めるには(40-15)x200x103=5,000kcalが必要となる。

追い炊きで沸かす場合には,5,000÷10,320=0.48時間,つまり約30分かかるわけだ。追い炊きだとやけに風呂が沸くまでに時間がかかるな,と思っていたが計算すれば当たり前の話であった。

ガスの燃焼温度は2000℃ほどで,それで単純に水を温め数十℃程度のお湯を得る,というのが普通の給湯器(うちはコレ)だが,その温度差を見れば判るようにこれではあまり効率が良くない。特に最近ではオール電化に押され気味のガスなので,極力ガスの熱量を有効に使おうと,潜熱を回収して床暖房までする給湯器(エコジョーズ)や,いっそのことガスの燃焼でエンジンを回して発電して,お湯はその排熱で沸かしてやろうという家庭用コージェネ(エコウィル)などがこれからのトレンドである。

オール電化住宅の給湯設備で,でかい貯湯(ちょとう)タンクが付いてくるのは,電気給湯器の能力的な問題。電気はガスのように大熱量を短時間に発生させるのが苦手なので,ちょっとずつちょっとずつお湯を沸かしてタンクに貯めておき,シャワーなどで大量に使うときはこのタンクからお湯を供給するのである。設計がマズい昔のお宅だと,来客などがあって大量にお湯を消費するとシャワーが途中で水になる,なんてことも起きた。

うちで使っているシャワートイレは「瞬間湯沸し方式」といって,お湯タンクを持たずその都度電気で洗浄用のお湯を作るタイプだ。お尻に当てる細い水流のお湯を作るだけでも,その消費電力は1.2kWと,家庭用電気製品の中ではドライヤーと同じくらいの重量級である(給湯器の能力との違いに注目!)。貯湯保温によるロスがない分,総消費電力量はおトクらしい。

2007年01月15日

●音楽教育の弊害とカラオケ負け惜しみ

こんなことなら子供の頃から何か楽器を習わせてもらえば良かったな。と,かなりの比率の大人は思っていることだろう。

楽器代や月謝など経済的な問題があるので実際に習わせてもらえたかたどうかは難しいところだが,だったらせめて音楽の時間はまじめに縦笛やピアニカ(メロディオン)を吹いたり,合唱に参加しておけば良かった。

なぜか小学校,中学校の頃は「音楽の授業をマジメに受けるなんて,男子としてカッコ悪い」というような風潮があったように思うがWebmasterの学校だけだろうか。たいていの男子は譜面など読めず,教科書に「ド,レ,ミ」とルビをふっても,リコーダなんてまともに吹けなかった。合唱をしても声を出すのは女子ばかりで,男子の中でも不良っぽい子などは「やってらんねーぜ」的なオーラをまとっていた。

WebmasterはMML(Music Macro Language)の習得のために基本的な譜面の読み方は必須だったので,いつの間にかルビを振らなくともリコーダは吹けるようになっていたが,恥ずかしいのでわざと他の男子達とレベルを合わせていた記憶がある。当然吹奏楽部には男子部員はひとりも居なかった(これはWebmasterの学校だけ?)。

クラス対抗の合唱コンクールが毎年あって,選曲の段階から男子はやる気がない。本番2週間前くらいになると「ちゃんとやってよっ男子!」と勝気な女子から罵られ,女子の学級委員などは泣きながら担任の先生に窮状を訴えに行ったものである。結局先生に諭されて最後はまじめに歌うハメになるのだから,だったら最初からまじめに歌えばいいんじゃないか,とWebmasterは常々思っていたが,八方美人で長いものには巻かれるタイプだったので,男子の結束(?)に従って「音楽なんてやってられるか」的な態度を取っていたものだ。

ところが,である。あれほど音楽がキライだったはずの不良っぽい男子が,思春期になると急にバンドを組んだり,カラオケに行き始めるのだ。おまえら音楽キライだったんじゃないの?リコーダも吹けないのにギター?人前で歌なんて絶対歌わないぜ,っていう態度じゃなかったっけ???

彼らは表向き音楽がキライなフリをしながら,じつは裏では流行の歌謡曲やロックを聴いたり,ギターを買ってもらったりしていたのである。歌番組など見たこともなかったWebmasterは,カラオケが苦手なままひとり取り残されたのであった。もう騙されたという気持ちでいっぱいである。同年代の男友達が懐かしそうにBOΦWYなんかの話をするとき,Webmasterは必ず「じゃあおまえは合唱コンクールの野生の馬まじめに歌ったのかよ!?BOΦWYよりまず野生の馬だろ!」と問い詰めたくなるのだ。

という,ゆがんだ音楽教育の弊害のせいでWebmasteはカラオケが苦手なので,最近知り合った方たちには,一緒にカラオケに行ってもWebmasterにマイクを勧めないよう,丁重にお願い申し上げる次第である。

2007年01月14日

●フルートの練習 何もない歌口編

買ってきたムラっち(仮称)で早速練習。始めてから一週間の録音を無謀にも公開しておこう。曲は『Au Clair de la Luna(月の光に)』の冒頭。下のパートはKinoppy氏に吹いてもらった。クラリネットをはじめて一週間のときよりかなりヘボで,先が思いやられる。ちなみにヘタクソなのを我慢して最後まで聴いていただくと,ボーナストラックとしてピートの鳴き声が入っている。

フルートについては以前調べたが,クラリネットやサックスと大きく違うのはやはりリードのない歌口だろうか。

倍音(ハーモニック)で中〜高音域を出す点はクラリネットやサックスも同じだが,クラやサックスはレジスタキー(オクターブキー)があるので,気分的にも切り替えやすい。一方フルートは運指はまったく同じで,息の吹き込み方だけで1オクターブ上がったり下がったりする。音程によって息の吹き込み方を変えることを意識すると,スラーが全然つながらない。逆に同じ音を出しているつもりが,低い方や高い方の倍音成分が混じって鳴ってしまうこともあって,その点がクラリネットとは違う難しさだ。

なによりフルートは奏者の吹き方がそのまま音に反映されるダイレクト感(?)の高い楽器だと思う。クラリネットではその日のコンディションによってリードを変えてみたりとか,小細工(?)をする余地があるが,フルートでは自分の口が全てである。

運指もクラリネットとはずいぶん違うので混乱する。個人的に苦手なのは右手小指と薬指を多用する点。よく使うのに,スムーズに動かずイライラする。練習すれば脳に新しいシナプスがたくさん形成されそうな予感。あとは楽器を持つときの支点となる左人差し指の付け根と,右の小指が痛い。クラリネットとは違い,唇の疲れは(指に比べれば)それほどない。

教本はKinoppy氏の「トレバー・ワイ いちばんはじめのフルート教本」。クラリネットではいきなり曲を吹く系の教本を使っていたため半音階の運指が覚えられず,初めて吹く譜面で苦労することが多かったので,フルートでは基本を重視して地味な練習を続けている。

2007年01月12日

●キューブ車検で代車はマーチ

愛車キューブ(AZ10)の2度目の車検である。ベルト類など交換部品がけっこうあって費用がかさんでしまった。普段自分ではメンテナンスなど一切やらないので,お金で安全を買うというか,ディーラにお布施を納めるつもりで任せている。

代車は現行型のマーチ(AK12)。車格はほとんど変わらないので,車幅感覚などの違和感はほとんどない。キューブはシャコタンでサスもヘタっているので,それに比べればマーチはフワフワした乗り心地だ。インテリジェントキーはなかなか便利かもしれない。うちは玄関もRFIDカードなので,車がインテリジェントキーになればカギ束をポケットから出す必要はなくなる。

いっそのこと,体のどこかにRFIDチップを埋め込んでしまってSUICAとかクレジットカード機能も全部持たせたらどうか。カギをなくしたり盗難の心配も不要だし,本人確認も楽になると思う。技術的には現在でも飼い犬に迷子札の代わりにチップを埋め込む手術は普通に行われているので,難しいことはないはずだ。停電のときはちょっと困るが。

現行型のマーチに乗ってみて,新車に買い換えたいという気分になるかな,とちょっと思ったが,WebmasterもKinoppy氏もそんなことはなかった。むしろ「これならキューブが壊れるまで乗った方がいいね」という感じ。ローンを組んで買い換えたくなるような気になるクルマというのが今のところない。(ホビーとして運転してみたいクルマならあるが,趣味としては高価すぎる)

キューブの燃費は街乗りで11km/L程度,高速で16km/Lというところ。10km/Lを切ることはまずない。プレミアム(ハイオク)指定のエンジンだが,中古で買って以来一度もハイオクは入れたことがない。特に不具合はないようだし,ハイオクとレギュラの価格差分(10%)の燃費向上があるならハイオクを入れてもいいが,そんなに良くなるとはちょっと思えない。

エンジンルームは買ったときから何やら改造されていたが,どういった意図の改造なのかは不明。車検も普通に通っているので,たいした変更ではないのカモ。そもそもCVTで居住性・燃費重視のコンパクトカーのエンジンに手を入れても何も面白いことはないだろう。そのことに気付いて前オーナーは1年で手放したのかもしれない。

20070112.jpg

【ご参考】キューブ1回目の車検

2007年01月06日

●初心者のフルート選び いきなりムラマツ編

昨日からのつづき

さて,いろいろなフルートが吹いてみたくてたまらないKinoppy氏に付き合っていただいてお店でフルート選びである。

最初に行ったのは管楽器の品揃えは県下一と自称している水戸のK楽器店。ユーフォニアムだとかチューバだとか,確かに他の店では見かけない楽器が置いてある。しかしステューデントモデルのフルートは3本しか在庫がない。アルタスとサンキョウとおなじみヤマハだ。銀や金の高い楽器も飾ってあるが,ハナから対象外である。

吹かせてくれとお願いすると,「どうぞ」と楽器を出してくれるが,どうやらショウケースの前のその場で吹けということらしい。確かこの店には立派な試奏室があるはずだが,案内してはもらえなかった。冷やかしだと思われたのか?コートを着たまま店員に見守られながらではなかなか音も出ないが,サンキョウエチュードだけはKinoppy氏の楽器とほぼ同じ感じカナ,というところ。

店内でリペアもやっているこの店は技術は確かで,メーカーごとの特徴などウンチクはためになったが,印象としてはイマイチだ。在庫が少ないのもマイナス。とりあえずサンキョウは水戸ではここでしか置いていないようなので,サンキョウに決める場合はここに戻ってくることにして,別の店へ。

次にお邪魔したのは同じく水戸のS楽器店。某氏がソプラノサックスを買った店だ。ここは超高級品が置いてない代わりに,ステューデントモデルの在庫は結構ある。名の知れたブランドで在庫がないのはサンキョウとミヤザワくらいだ。目を引くのはちょっと予算オーバーだが国内フルートメーカーの元祖ムラマツだろう。

試奏をお願いすると,防音スタジオに通されて,ヤマハを除く同価格帯のフルート5本を準備してくれた。ごゆっくりお試しくださいというので大いに気分が良い。何しろWebmasterは練習不足でポーとかプーとかしか音が出せないので,お客さんがウロウロしていると恥ずかしくて試奏できないのだ。

そんなWebmasterでも,ムラマツは音が出しやすくよく響くのはわかった。他は似たり寄ったりだが,パールは高音が出しやすいかな,という感じ。

そこへ,楽器店でやっているフルート教室の先生が登場。このスタジオはフルート教室で使っている部屋で,今は昼休みらしい。ちょうどいい,ということでKinoppy氏が先生に「このフルート吹いてみてくれませんか?」とお願いしている。さすがだ...。で,若くて美人の先生は快く引き受けてくださり,選定中のフルートで音を出してくださった。その音といったらもう衝撃的である。到底同じ楽器とは思えない。特にムラマツの音色は美しく,先生も「この楽器はいいと思います」と言っている。もしかしたら店の戦略にまんまとハマったのかもしれないが,展示品を買う以上,調整に不具合があっては困るので先生に確認してもらえたのはラッキーだった。

ということで買ったのはムラマツの中では一番安いモデルEXIIIで,カバードキーのEメカニズム付きである。Kinoppy氏がインラインリングキーだし,リングキーの方が上手に見える心理効果もあるのだが,展示品購入のため選択肢はなかった。取り寄せてもらえばいいと思う方もおられるかもしれないが,ムラマツは最近やたらと人気があるらしく,モデルによっては納期2年という恐ろしいことになっているらしい。店員も「これはちょっとレアですよ」と言っていた(本当かどうかは知らない)。

20060106_01.jpg

2007年01月05日

●初心者のフルート選び 楽器の魔力編

5ヶ月ほどクラリネットを吹いてきたが,ある程度吹けるようになってくると安物楽器ではなんとなく物足りないような気がしてくる。実際出てくる音はさほど変わらないのかもしれないが,ケースに入れたときの見た目とか,手入れするときの満足感とか,そういうものがプラスチックの楽器では今ひとつなのだ。これは趣味の道具としてはかなり重要な点である。

で,良いクラリネットを買うことにしたのかというとじつは違う。先日書いたように,自分だけでクラリネットを選びに行って,試奏して決めるというのはほとんど不可能だということがよくわかったし,せっかく新しい楽器を買うなら別な楽器も試してみたくなるのが人情(?)というものだ。

このロジックでなぜフルートか,というのは少々説明がやっかいなので割愛する。というか自分でもよくわからない。冬休み中にKinoppy氏のフルートで練習させてもらって,とにかく自分のフルートが欲しくなったのである。

2万とかで買える超安物を除外すると,最低でもステューデントモデルと呼ばれる15〜20万クラスになってしまう。20万出せば新しいMacBookでもデジタル一眼カメラでも大きい冷蔵庫でも買うことができる。だがしかし,ヘコんだ車もそのままに,ソプラノサックスを買ってしまった某氏の例を出すまでもなく,楽器には人心を惑わす魔力のようなものがある気がする。また,家電品と違って良い楽器は丁寧に扱えば一生モノとなる。

20070105.jpg

つづく...

2007年01月04日

●正月見た景色 鵜の岬

メンテナンスから返ってきたペンタSPを持って早速試し撮り。

フィルムの装填が不安で,何度も裏フタを開けて確認していたので最初の数枚は無駄になってしまったが,明らかな失敗写真というのは無かった。露出計はエラい。ただピートを撮ろうとすると露出云々というよりピント合わせに問題ありという感じで,オートフォーカスに慣れていると動いている被写体を撮るのはとても難しいということを思い知らされた。

写真はフジのFDIでデジタイズしたもので,サイズ以外の補正はしていない。

20070104_01.jpg 20070104_02.jpg 20070104_03.jpg 20070104_04.jpg 20070104_05.jpg

ASAHI PENTAX SP / SuperTakumar 1:1.8/55
KONICA MINOLTA JX100

2007年01月01日

●あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

今年も今まで同様,写真ネタにはこだわらず,アクセス数アップも意識せず,更新頻度も適当に続けて行きたいと思っておりますので,どうぞよろしくお願いいたします。

初詣で引いたおみくじは大吉だったので,何か良いことがあるといいなぁ。と言いつつ,じつは今現在ものすごく幸せで,これまでの人生で一番充実しているような気がする。これ以上の幸福というのはちょっと想像が難しいけれど,あとはこの幸せができるだけ長く続いて,さらに自分だけでなく周りの人や世界中の人々が幸せになってくれれば言うことなしだ。SFでもミステリィでも現実世界でも,未来は明るく,ハッピーエンドなのが一番である。

20070101.jpg

2006年12月31日

●クラリネットスタンドと試奏の難しさ

今年最後の買い物は自分へのご褒美ということで,クラリネットスタンドと,メーカーの異なるリードを何枚かサンプリング。

当たり前だがリードは同じ2 1/2(二半)という表記でもメーカーごとにまったく違う吹奏感となる。

ついでに15万くらいのクラリネット(クランポンの木製管)を試奏させてもらったが,試奏用のマウスピースとリードはこちらで指定できなかったので,本体がどうなのかまでは結局判断できず。あまり意味が無かった。サックスやクラリネットなど,リード楽器の試奏はリード,マウスピース,リガジャー,管など,音に影響する要素が多くて難しいと思うのだが,熟練者はどうしているのだろう。木管専門店にでも行けば好みの条件で試奏させてもらえたりするのだろうか。

フルートもKinoppy氏が4本くらい試奏していたのでついでに吹かせてもらった。こちらは実際とほぼ同じ条件で試奏できるので評価もしやすいと思う。最近フルートは練習をサボっていたので違いが判るほどではなかったが,参考にはなったし,またフルートが欲しくなってきた。

20061231_01.jpg 20061231_02.jpg

水戸の楽器屋へ買いに行ったのだが,打ち合わせたわけでもないのにmeka会長やクロクロさんと偶然お店で遭遇して驚いた。楽器吹きの習性は予測しやすいのだろうか...

2006年12月29日

●機械式時計の精度とアナログ回帰

先日調達したS社の海外向け自動巻き機械式時計は,手巻き機構がないので,停めないためには毎日着用するしかない。オン・オフ・冠婚葬祭関係なく昼間は着用している。

精度は1日で+10秒弱といったところで,一週間に一度くらいの頻度で合わせている。機械式時計はたいてい進み側に調整されていて,「時計が遅れていて電車に間に合わなかった」というようなトラブルがないように配慮されている。

ただ,この7S26Aというムーブメントは安いだけあって秒針を止める機構がないので,時間を合わせる作業にはちょっとしたコツが必要。どっちにしろすぐに進むので,ピッタリに合わせてもあまり意味がない。

古いものが好き,というわけでもないのだが,スケジュールはパソコンから紙の手帳に戻ったし,フィルムのマニュアルカメラをメンテナンスしたり,腕時計をデジタルから機械式にしたり,木管楽器を吹いたりと,なんとなくアナログに回帰しているWebmasterであった。

2006年12月27日

●PowerBookG4その後

PowerBookG4(12")を使い始めて1年経った(Kinoppy氏は1年半)。標準のメモリ512MBではスワップが頻発してとても遅いので,WebmasterもKinoppy氏も最大の1.25GBに増設している。これだと複数のアプリを起ち上げて切替えながら使っても支障はない。

2台ともバッテリーリコールの対象だったので,Webで申し込んだら2週間ほどで新品のバッテリーが送られてきた。古いバッテリーはその場で運送業者の方が回収していった。まだ寿命は充分にあったバッテリーなので,予備として手元に置いても良かったのだが,万が一火を噴いたら困るので安全を優先した。

画面が狭い(1024*768)のはいかんともし難く,最近はVirtureDesktopsで仮想デスクトップを3画面ほど切替えながら使うことが多い。割り振りは「メール専用画面」,「ウェブ専用画面」,「その他作業画面」という感じ。内蔵のモーションセンサーで切り替える機能があって,軽くディスプレイを叩いてやると画面が切り替わるので面白いのだが,ピートに叩かれて画面が切り替わってしまうため使えない機能となった。

よく使うアプリはFireFox(ウェブ)とThunderbird(メール)。デジカメの写真が多いのでiPhotoも良いかと思ったのだが,管理する写真が多すぎて(1.5万枚ほど),動作が重いので使っていない。最新バージョンは管理できる枚数も多く動作も軽いという話だが金を出すかどうかは悩ましい。今は日付でフォルダを作って,Finderのサムネイルとプレビューで確認している。Macなんだからもうちょっとスマートにやりたいところだ。

FTPはFetchを試用のまま使い続けているし,圧縮のDropStuffも試用だ。フリーで使いやすいものが未だに見つからないため。

HDDの空きは30GBほど(全容量80GB)で,このペースで写真などが増えていくと心もとない。HDDの換装は簡単にできるのだろうか?

パソコンの前にいると必ずピート(体重6キロ)がキーボードに乗ってくる(しかも座り込む)ので,毛も入るだろうし機械としては過酷な環境だ。強制排除(抱き上げて引き剥がす)したら,ツメを引っ掛けてキートップがもげたことが何度かあって,Enterキーなど固定用のツメが折れてしまったので接着剤で補修して使っている。ディスプレイを「バタン!」と閉じられるのはしょっちゅうだし,電源キーを長押しされて強制シャットダウンされたことも何度もある。正直1年間大きなトラブルが無かったことが信じられない。

20061227.jpg

対ネコ用の設定としては,
・キーボードのリピート入力設定は「切」にしておく
・デスクトップのアイコンは「ロック」にしておく
という2点は有用だと思う。書類のこまめな保存は言うまでもない。一方,無効なキー入力に対するエラー音を大きくしたりしても,まったく効果がないようだ。昔から売っているキーボードに被せるゴムシートは,毛の侵入を防ぐ効果は多少期待できるかもしれないが,タッチがヘコヘコして気持ち悪いのであまり好みではない。一応Kinoppy氏が試用している。

全般的には満足しており,あと3年くらいはメンテナンスしながら使いたいと思っているが,世間ではIntelMac全盛で,旧アーキテクチャのPowerPCがいつまでサポートされるか不安である。それよりもピートに壊される可能性が高いかもしれないが...

2006年12月26日

●ペンタSPメンテナンス

なんとなく動作はするものの,露出もバラバラでたまに写らないコマのあるペンタSP(ASAHI PENTAX SPOTMATIC)のメンテナンスをどうしようか考えていたところ,近所の写真屋が開くカメラフェアで,古いカメラの無料診断・修理見積りをしてくれるという情報をキャッチし,早速持ち込んだ。

Kinoppy氏は「そんなの『このカメラはもうダメです。今ならこちらの新しいデジカメがお安くなってますよ』という商売じゃないの?」と疑っていたようだが,経験上カメラ好きに悪人は居ないのでWebmasterはあまり心配していなかった。

趣味がそのまま商売になってしまったようなカメラ診断士のおじさんは,ペンタSPを一通り調べてまんざらでもない表情だ。曰く「修理は必要ですが,修理すればまだまだ使えますよ」と,横のジャンクカメラの山からニコンの電脳一眼レフを取り出し「こういうタイプはダメです。すぐ故障するし,部品もない。レンズもボディもプラスチックだし。それに比べて(SPは)レンズは総ガラスだし,金属の塊みたいなもんでしょ,部品さえ交換してやればずっと使えるんです」と饒舌である。聞けばご自身でもペンタSPを使っておられたとのことで,これなら修理も信頼できそうだ。

症状としては稼動部の油切れが致命的で,シャッタスピードが規定の値になっておらず,しかも毎回バラバラで,さらにシャッタスピードを上げていくとシャッタが完全に開かない場合もあり,今までの露出の合わない写真や写らないコマはこれで説明がつく。露出計は電池フタが固着して動かず,スイッチを入れてシャッタを切るとミラーアップしたまま戻らない場合もあるとのことで,露出計の修理は見積り時点では不透明だった。あとは古いカメラにありがちなモルトプレーン(裏ブタからの光漏れを防ぐスポンジ)の劣化と,ファインダ,レンズのカビ・汚れなどが挙げられた。

見積りは修理と調整で計¥19,500。「この値段でやってくれるところは無いと思いますよ」とおじさんは話していたが本当だろうか。この辺は相場というのがわからないので判断できない。まあ交換部品+手間賃と考えれば高くはないと思う。

早速修理をお願いして,待つこと3週間。ついに退院してきたペンタSPである。修理明細には,

  • モルトプレーン劣化交換
  • 巻戻し,巻上げ調整
  • シャッタ幕開かず調整
  • ファインダー汚れ,カビ修理
  • レンズカビ清掃修理
  • メーター調整,その他調整

とある。メーター調整ということは,露出計も直ったのであろうか。緊張しながらスイッチを入れると,見事!ファインダー内の露出計の針が元気良く振れる。これはうれしい。勘に頼って露出を決めるのも楽しいものだが,普通に写真を撮るならやっぱり露出計は欲しいところだ。合わせて固着して動かなかったASA/DINのフィルム感度設定ダイヤルも修理されていた。ファインダーもレンズもピカピカで,視界がクリアになって気分がいい。早く試し撮りしてみなくては。

料金は見積りどおりで,見てもらったときは「見積りは最低限の金額で,バラしてみないと正確な値段はわかりません。もう少し上乗せが必要かも」と話していたが,良心的であった。カメラフェアは年に何度かやっているらしいので,次は実家に置いてあるCanon FPも見てもらおうかと思っている。

20061225_01.jpg 20061225_02.jpg 20061225_03.jpg 20061225_04.jpg

2006年12月24日

●クリスマスミニライブ

クリスマスミニライブの模様。初の人前での演奏で緊張してしまった。やはりピッチがどうしても低くなってしまって申し訳なかったが,楽しく吹けたので良かったと思う。メンバーの皆さんお疲れさまでした。また聴きにきて頂いたお客さんとお店のスタッフにも感謝!

右の写真はプレゼント交換で頂いたもの。多謝!

20061223_01.jpg 20061223_05.jpg 20061223_06.jpg 20061223_03.jpg 20061223_04.jpg

曲はライブ録音の『ジングルベル(Jingle Bells)』

演奏:Pocky Sound Potatochips
会場:Second Earth.Diner

2006年12月22日

●ホロホロ3歳

懸命な読者の方ならご記憶のことと思うが,Webmaster宅ではピートの他にもホロホロというペットを飼って(?)いる。

蒸発して減った水(Xウォーター)を補充する以外はメンテナンスフリーで,1年くらい生きるだろうかと思っていたらもう3歳だ。ただし数は1匹,また1匹と減って,最初5匹いたエビは現在2匹になってしまった。(遺骸は他のエビが食べる)

以前Xウォーターを名古屋の東急ハンズで買ったことがあったが,先日行ったらホロホロもXウォーターも置いていなかった。現在残っている量だとあと半年分くらいだろうか。エビの寿命が先か,Xウォーターが切れるのが先か。

holoholo3y.jpg

2006年12月14日

●昨日見た景色 仙台

ちょうど光のページェントが始まっていた。デジカメを持っていかなかったので京ぽんの不鮮明な写真で申し訳ないが,定禅寺通りのイルミネーション。以前見に行ったジャズフェスティバルと同じ場所だった。

今回の牛タンは味太助。牛タンは好きだが,仙台のは肉厚なので毎回毎回食べているとちょっと飽きてくるかも?

20061213_01.jpg 20061213_02.jpg 20061213_03.jpg

2006年12月10日

●クリスマス課題曲3

クリスマス課題曲その3は『サンタが街にやってくる(SantaClaus is Coming to Town)』。今回初登場のソプラノサックスが主役。

早速試し吹きさせて頂いたが,とても吹きやすく,音もキレイで感激。いつになるかわからないが次の楽器選びがまた難しくなった。

音は東芝のICレコーダDMR-3500PSに外部マイクをつないで録っている。元々音楽録り用ではないので音質はそれなり。今回は上等なコンデンスミルクコンデンサマイクをお借りしたので少しはマシだろうか。ヘッドフォン端子からPowerBookG4のLine-INにつないで,QTRexという録音ソフトでmov形式で取り込んで,iLoveMP3でMP3に変換している。録音レベルなどもっと広範囲に設定できて,MP3で直接保存できるような便利な(OSX用の)フリーウェアがあるといいのだが。

アレンジと演奏:Pocky Sound Potatochips

●クリスマス課題曲2

クリスマス課題曲その2をお届けしたい。定番の『ジングルベル(Jingle Bells)』。本番までにはもう少し・・・ってあまり時間がないが大丈夫だろうか。

アレンジと演奏:Pocky Sound Potatochips

2006年12月04日

●今日見た景色 仙台

定禅寺通りのはずれ辺りにある安いビジネスホテル。
部屋は狭いし汚いし、冷蔵庫も湯沸かしポットも何もなし。ユニットバスも立ってシャワーがやっとの狭さ。
ロビーで無線LANが使えるのが救いだが、部屋では入らないのでこの書き込みは京ぽんから。
ミラコスタの直後に泊まると落差が激しい。料金は十分の一以下だが、自分で選ぶなら多少高くてももうちょっとキレイなところがいい。今回は仕事の都合で仕方なく。

20061205.jpg

2006年12月02日

●今週見た景色 東京ディズニーシーとホテルミラコスタ

ホテルミラコスタとディズニーシー。毎年この時期に定点観測しているような感じ。清掃の行き届いたキレイな園内と気持ちのいいサービスは変わっていないが,長らく建設中だった巨大なアトラクション(タワーオブテラー)が完成していたり,昼間の水上ショウが昨年とは違っていたり,少しずつ変化もある。現在はアンバサダー,ミラコスタに続く3軒目の直営ホテルが建設中だ。

20061130_01.jpg 20061130_02.jpg 20061130_03.jpg 20061130_04.jpg

【参考】
昨年の様子
pyon*webのミラコスタページ

2006年11月28日

●クリスマス課題曲1

クリスマス課題曲(?)の『神の御子は今宵しも(O Come, All Ye Faithful)』。全員で合わせたのはこれが初回なので,本番(?)までにはもっと上手になる予定。録音器材も配置も適当なので音質についてはご容赦願いたい。

編曲:Kinoppy氏
演奏:Pocky Sound Potatochips

2006年11月25日

●今日見た景色 かみね公園

日立市のかみね公園。桜のイメージが強いが,紅葉も一部綺麗なところがあった。写真を撮っている人も何人かいた。

多いときはノラ猫を10匹くらい見かけることもあったが,今日は2匹だけ。

20061125_01.jpg 20061125_02.jpg 20061125_03.jpg 20061125_04.jpg 20061125_05.jpg

2006年11月22日

●ひーぽん

エアコンは不思議な機械だと思ったことはないだろうか。暖房はまだわかる。電球も触れば熱いし,電気を熱に変えるのは容易という気がする。だが冷房はどうだろう。確か熱というのは熱い方から冷たい方に一方通行で伝わると習ったような気がする。暑い部屋から熱を奪い去る冷房というのは自然の法則に反してはいないか?

もちろんエアコンは自然法則に反しているわけではない。井戸の底から水をくみ上げるように,熱を暑い部屋の中からくみ上げて,さらに暑い室外に捨てる巧妙なシカケがある。それがヒートポンプ(熱ポンプ)だ。

エアコンの室内機と室外機をつなぐチューブの中には,冷媒と呼ばれるガスが入っていて,室内機と室外機の間を循環している。ガスは圧縮すると温度が上がり,膨張すると温度が下がるという性質がある。

冷房の手順はこうだ。チューブの中の冷媒は,室内機を出るとコンプレッサ(電気で動く圧縮機)で圧縮されて温度が上がる(25℃→50℃)。高温になった冷媒は室外機の中で外気と熱をやり取りする。冷媒の方が外気より高温なので,冷媒は冷やされる(50℃→40℃)。冷やされた冷媒が室内機に戻るときに膨張弁というのを通って膨張し,温度が下がる(40℃→15℃)。低温になった冷媒は室内機に入り,部屋の空気と熱をやり取りする。今度は冷媒が室温よりも低温なので,室内に冷たい空気を吹き出して,冷媒の温度は上がる(15℃→25℃)。これを最初に戻って繰り返せば,最終的に室温は15℃まで冷えることになる。代わりに外気が温められることになるが,外は広いので気にしない。

暖房はこの手順をそのまま逆にすれば良い。寒い室外からさらに熱を搾り取って(?),室内に放出するわけだ。

ヒートポンプのエライところはその効率の良さで,使った電気エネルギーの5〜6倍もの熱エネルギーを得ることが出来る。「永久機関じゃあるまいしそんなバカな!」と思うかもしれないが,じつはエアコンで消費する電気というのはほとんどコンプレッサというモーターを動かす動力に使われ,熱エネルギーそのものは外気から頂戴しているためにこのようなことが起こる。

一方,同じ電気による暖房でも電気ストーブなどは,電気をそのまま熱(と光)に変えるため,効率は最大でも1となり,エアコンと同じくらい電気を食う割にはちっとも部屋が暖まらない,ということになる。

電気によるエアコンは上記の通りだが,もうひとつ,高温の熱源(熱湯とか)をエネルギー源にしたエアコンというのもあって,規模の大きな店舗や病院などで使われている。熱湯を使って冷房するなんて,電気を使うよりさらに不可解だが,こちらも巧妙な仕組みがある。が,長くなったのでこちらは宿題ということにしよう。

2006年11月21日

●京ぽんの電池

京ぽん(WillcomのPHS AH-K3001V)を使い始めて1年半になる。そろそろ電池の寿命という感じで,通常の使い方だとフル充電から一泊二日ほどでカラになる。待ち受け時の表示は満タンでも,通話やメールで負荷をかけると一気に電圧が下がって「充電が必要です」表示になってしまう。

PHSは月々の料金が安い代わりに,端末は少し高いようだ。少なくとも以前は見かけた「端末1円」というような格安品がない。こうなると電池を交換して使い続けるか,機種変更するか迷うところである。しかもKinoppy氏の同型端末も同じ症状なので必要な投資は2台分。電池交換なら4,000円×2台,一番安い機種変更で8,800円×2台というところ。

今の端末で一切不満が無ければ当然電池交換なのだが,操作の「もっさり感」や画質の悪いカメラなど,気に入らない点もあるので余計に迷っている。

2006年11月17日

●路線バスの観察2

田舎のバス路線なので設備の更新はサッパリ進まない。それでも最近ようやく車内放送のテープ(次は○○です。△△へはこちらでお降りになると便利です)が合成音声(媒体は不明)に変わった。今まではテープ再生の設備がボロで声が高くなったり低くなったりしていたのだ。まあどちらかというと平板な合成音声よりもテープ録音の方が温かみはあったかもしれない。

この地域ではバスは後ろ乗り前降りで,乗車時に番号が印刷された整理券が発券され,降りたいバス停が近づいたら各座席にあるボタンで知らせ,降車時に整理券番号に応じた料金を支払う,というシステムである。しかし,そういった「バスの乗り方」がバスのどこにも表示されていない。このシステムは別に全国共通というわけではないのだから,少々不親切ではないか。しかも乗務員はたいてい流暢な茨城弁で無愛想なため,他所から来た人が乗ろうとすると混乱すること必至である。

先日など,アジアからの留学生と思しき若者が前方の出口から乗り込もうとして乗務員に怒られていた。なんとか後ろから乗ったはいいが,今度は「料金後払い」が解らず乗務員とモメている。「降りっとき!あと!あと!」と乗務員は大声で訴えているが,日本語(しかも茨城弁)がわからない留学生はもちろんハト鉄砲な顔をするばかり。常々不親切な乗務員の態度にムカついている乗客は誰一人として助け舟を出そうとはしない。ま,これに懲りたら英語を併記した「バスの乗り方」をでかでかと貼っておくことだ。

数台ではあるが,整理券をRFID化した試験車両も走っている。これは降車時に整理券を機械にかざすと,必要な料金が表示されるというモノで,一見便利そうだが,じつはそうでもない。初めて乗る人に対しては,上記のように説明不足で結局使い方がわからないし,熟練者(?)は整理券に印刷された番号と前方に表示されている電光掲示板の料金表を見比べて,降りるバス停が近づいてくると予め小銭を用意しておくことができるのだが,RFID整理券では降車時に機械にかざして初めて料金が表示され,それから小銭を準備するので時間のロスがある。さらに,鉄道と違ってバスの場合は,バス停を通過したかどうか乗務員がいちいちボタンを押して料金と放送の更新をする必要があるが,たまに切り替えを忘れている乗務員もいて,そうするとシステマチックな整理券も結局無意味である。

一番スマートなのは都会でよくある「市内定額制」で,乗車時に決まった料金(例えば200円)を払ったらあとはどのバス停で降りようと自由,という方式だろう。これならバスの腹に「定額200円先払い  flat-rate ¥200 Pay first」とでも書いておけば誰も迷わない。田舎だと利用者が少ないのでこれではペイしないのだろうが,もっと親切なシステムにできないものだろうか。

ご参考:路線バスの観察

2006年11月15日

●クラリネットその後

安物クラリネットを買ってから3ヶ月が経った。最近練習の録音を公開していないが,なかなか納得のいく演奏が出来ないからである。さすがに毎日は練習できていないが,時間のあるときは極力吹くようにしている。

吹奏楽仲間の集まりで月に一度は公共の音楽室を借りて合奏したりするので,無目的に一人で教本を練習するのに比べればやりがいがあると思うし,楽しい。

管楽器に特有の現象だと思うが,寒くなってくるとやたらと管内に水が溜まる。クラリネットは真っ直ぐな管を立てて吹いているので,水はベルの端からポタポタと落ちて床が水浸しだ。この水は呼気に含まれる水分が管壁で結露したもので唾液ではないらしい。しかし見た目も悪いし吹いた感じもなんとなく悪くなるし,場合によってはキーの部分から垂れてきて指が滑る。何とかしたいところだが,熟練者はどう対処しているのだろう。

集まりでは初見の譜面をいきなり吹いてしまえる方が多く,練度の差に愕然とする。ゆっくりならば音階は読み取れるものの,テンポがわからない。知っている曲の主旋律ならまだ頭の中でイメージしやすいが,伴奏パートや知らない曲だとメトロノームを使ってもなかなか合わせられない。すぐに今どこを吹いているのかがわからなくなってしまう。何度も手本の演奏なりCDを聴いて覚えてからでないととても吹けない。

先日の集まりでは,フルートの女性2名によるデュエットが試みられ,初回にして大変素晴らしいハーモニーで感激した。思わず自分もフルートが欲しくなってしまった。LynxにあやかってLinuxというのはどうだろう。

2006年11月12日

●週末見た景色 竪破山

紅葉スポットは混雑しそうなので,穴場的な竪破山(たつわれさん)へ。幹線道路から駐車場まで未舗装の細い林道を3kmほど走るのでシャコタンのキューブにはちょっとキツかった。駐車場からの登山道は整備されており歩きやすく,数々の奇岩・奇石があって面白い。特に巨大な丸い岩をまっぷたつに割ったようなその名も「太刀割石」は圧巻。また頂上展望台からの眺めも素晴らしい。

今回はペンタSPのフィルム装填もバッチリきまって,Kinoppy氏がフィルム1本分撮影。ほとんどはちゃんと写っていたが,2枚ほど右4/5くらいの面積が黒くなる現象が見られた。他は問題ないので原因は不明。

ただ,今回は同時プリントだけでデジタイズはしなかったので,下の写真はすべてFinePix S5000で撮影したもの。

20061112_01.jpg 20061112_02.jpg 20061112_03.jpg 20061112_04.jpg 20061112_05.jpg

2006年11月11日

●メモ:「水からの伝言」を信じないで

いじめなど道徳の問題が注目されている昨今ですので,念のためリンクしておきます。

「水からの伝言」を信じないでください

ある程度科学的な思考ができる大人なら心配いらないと思いますが,小学校などで先生が道徳の教材に使ったりする例もあるらしいので,お子様のいるご家庭では注意された方が良いかと。

2006年11月06日

●直流を測る

バッテリーの状態を見るには電流を測ればいいというコメントを頂いた。これはつまり,負荷を取らない状態で電圧だけを測っても意味がなく,負荷をつないだ状態で電流を流せる力が残っているかどうかが重要ということだ。乾電池でも同じで,ほぼカラになった電池でもテスタを当てると1.5ボルトが出ていたりする。

電圧を測るのは比較的簡単で,バッテリーの場合なら電圧計(テスタ)のリードをバッテリーのプラスとマイナスの端子にそれぞれ当ててやれば良い。では回路の電流を測るにはどうするか。

学校の実験などで使った電流計は,回路に直列に挿入してやる必要がある。バッテリーだと端子から一旦ケーブルを外し,外したケーブルと端子の間に電流計を挟んで接続しなおしてやる。

手元に電圧計しかない場合は,外したケーブルと端子の間に抵抗を挿入し,この両端の電圧を測ることで間接的に電流を求めることができる。抵抗値がRオーム,電圧がVボルトなら,電流IはI=V÷Rである(オームの法則)。このとき,抵抗値は出来るだけ小さいものを使うのが普通だ。抵抗自身による電力消費と発熱の問題があるため。ちなみにこの抵抗のことをシャント抵抗と呼ぶ。

上に書いた方法はいずれも一旦バッテリーからケーブルを外し,測り終わったらまた元に戻してやる必要があるので手間がかかる。

回路には手をつけずに(端子からケーブルを外さずに)電流を測る方法としては,クランプ型の電流計というものがある。ドーナツ状の部品の一箇所が切れており,そこを開いて,測りたい電流が流れているケーブルをドーナツの穴に通してやる。いわゆる貫通型の変流器(CT)と答えると半分正解。CTは原理(電磁誘導)上交流でないと測定できないので,バッテリーの直流電流は測ることができない。直流を測ることの出来るクランプ型電流計は,ホール素子という半導体がドーナツの切れ目に入っていて,直流電流により発生する磁界を検出して電圧に変換することで計測する。

direct_current.png

2006年11月05日

●フィルム装填ミス

花園渓谷ではペンタSPでも撮影していたのだが,フィルムの装填ミスで丸々無駄になってしまった。巻き上げがちょっと固いし,引っかかりがあると感じていたのだが,カウンタは進んでいるし大丈夫だろうと撮っていたら,24枚撮りなのに30になってもまだ巻ける・・・これは完全にフィルムの装填が悪くて,案の定巻き戻してみたら全然手応えがない。フィルムを入れたのはWebmasterで,渾身の一枚を撮ろうと張り切っていたKinoppy氏には大変申し訳ないことをした。

一度フィルムをセットすると,巻き戻してみるまでフタを開けられない(露光してしまうので)から途中で確認することもできない。デジカメでは起こり得ないトラブルと言える。

写真屋でカメラを見てもらって,フィルム装填のコツも教えてもらった。今までは「だいたいこんな感じだろう」と適当に装填していたのだ。なので次回からは(たぶん)大丈夫のはず。
失敗したフィルムは店の専用器材を使ってベロ(フィルムの先端)を引っ張りだしてもらって,再装填後,近所の風景を写してみたら下のようにちゃんと写った。

20061105.jpg

2006年11月04日

●週末見た景色 花園神社〜花園渓谷

北茨城市の花園神社〜花園渓谷。紅葉には少し早く,色づき始めというところ。それでも観光バスが何台も訪れていた。むしろ紅葉の時期を外していった方が静寂に包まれて気持ちよく散策できるかもしれない。

写真はほとんどKinoppy氏が撮影。

20061103_01.jpg 20061103_02.jpg 20061103_03.jpg 20061103_04.jpg 20061103_05.jpg

2006年10月31日

●音楽環境いろいろ

バッテリーも不調だがカーステレオもしばらく前に壊れた。これは2001年にパジェロ用に買ったSANYOのモノで,CD-Rに焼いたMP3ファイルを再生することができるということで重宝していたが,たまにCDの認識をしくじるようになって,ついにはまったく認識しなくなった。まあ5年使ったのでこのまま廃棄だろう。純正のCD/MDデッキに戻してとりあえずCDだけは聴けるようになった。MDは作成環境がないので役に立たない。

携帯音楽プレーヤは2002年に買ったCREATIVEの128MBのモノを愛用している。MP3が20〜30曲程度しか入らない容量で液晶表示もないが,普通のアルカリ単4電池1本で12時間再生できるので,予備の電池を1本持っておけば外出先でも充電切れの心配がない点が気に入っている。面倒で3年以上曲を入替えていない。基本的に出張の電車/飛行機内で耳栓代わりに使うだけなので,曲は何でも良いのである。ちなみにガーネット・クロウと広瀬香美とミスチルが入っている。ヘッドフォンはなかなか耳に合う形状のものがなく,何度か買い替えている。せっかくPowerBookを持っているのだからiPodがほしいと思うときもあるが,現状でも特に困っているわけではないので壊れるまではこのまま使うかもしれない。

部屋では何度か紹介しているBOSE PLS-1510と125の組み合わせ(WestBorough)で,125は天井に吊っている。これでCD,DVDはもちろん,AirMacExpressを使ってiTunesのライブラリを無線LANで飛ばして聴くことが出来るのでなかなか便利だ。

しかしもう何年もCDを買っていない。iTMSでは試しに何曲か買ってみたがその程度である。当然流行の曲はわからないが,合コンのために新しい曲を覚える必要もないので古い曲ばかり聴いている。

最近楽器を演奏するようになったので,手軽に使える録音機材がほしいところだ。PowerBookでも内蔵マイクで録れることは録れるが,持ち運びが不便だし操作が面倒である。

nomad128.jpg

2006年10月30日

●キューブバッテリーあがり再び

またしてもキューブのバッテリーあがりだ。前回書いた後にも,じつは再度バッテリーがあがってJAFを呼び,そのときに覚悟を決めて高価な大容量バッテリーに交換したのである。それから9ヶ月ほどで3度目のバッテリーあがりとなった。

状況としては,週末車に乗って,駐車場に一週間放置してまた週末に乗ろうとするとバッテリーがあがっている,というもの。集中ドアロックも動かないし,セルはピクリとも回らない。完全に干上がった状態である。前兆は特になく,一週間前に乗ったときもセルの回りが渋いとか,そういうことはなかった。

今回もJAFの対応は迅速で,20時頃のロードサービス要請であったが15分ほどで到着。ただし正規隊員(?)ではなく,契約業者らしい。ポータブルの緊急スターター(小型バッテリーにブースターケーブルが付いたモノ)を干上がったバッテリーに接続し,セルを回せば一発始動である。そのまましばらくアイドリングして,念のために1時間ほどドライブして応急処置は完了。

高かった大容量バッテリーはチェッカー機能付きで,ボタンを押すとLEDの色でバッテリーの健全性が判るというモノ。応急処置の後はグリーン(良好)になっていたが,果たして本当に当てになるのだろうか???

バッテリーあがりの原因はなんだろう。度重なる事態に懲りて,ライトの消し忘れや半ドアはチェックするようにしている。確かに車に乗る頻度は少ない。週末に郊外のホームセンタに出かけるか,完全にレジャーで乗る程度で,長距離と呼べるドライブはせいぜい月に1度くらい,多くは10〜20キロ程度の短距離利用である。しかし「サンデードライバー」という言葉があるくらいで,週末に短距離しか乗らない人だって大勢居るだろう。それでもバッテリーあがりが大問題になっているという話も聞かないし取説にも「週に3日以上乗ってください」なんて書いてない(と思う)。

状況から考えれば,カーナビ,カーステレオ等電装品の暗電流(待機電流)が週末の充電量を上回り,徐々に大容量バッテリーの残量を食いつぶしていってある日底を付いた,ということなのだと思う。バッテリーを買った用品店の見解も同じだが,なんだか釈然としない。

毎日,せめて数日おきに運転してやれば大丈夫なのかもしれないが,必要もないのにバッテリー充電のためだけにガソリンと時間を消費するのでは環境に優しくないし無駄である。JAFが使っているポータブルのスターターが手元にあれば今後再びバッテリーがあがったときにすぐ対応できるので,安いモノがないか探しているところだ。あるいは車から降りるときにバッテリー端子からケーブルを外してやる手もある。作業的に少し面倒なので,直列にスイッチを入れて運転席から操作できるようにするとか(危ないか?)。

日常で必要ないのなら自家用車は処分してレンタカーとタクシーで済むのではないか,という考え方もある。Kinoppy氏ともよくその話をするのだが,確かに税金や保険など,自家用車にはかなりの維持費がかかるので,例えば必要なときにタクシーを呼んだとしても自家用車を維持するよりも費用的には結果として安いと思う...思うのだが,やはり気分的な問題というのがあって,ホームセンターに出かけるのにいちいちタクシーを呼ぶのはためらわれるし,なかなか来ないバスを待つのも面倒だ。またちょっと思いついて早朝にドライブに出発するといった場合,レンタカーでは対応できない。リスクへの対処という意味では,先日もあったのだが台風などの悪天候で公共交通機関がマヒしたときに当てになるのは結局自家用車である。

公共交通機関ですべての用事に対応できる都心に住んでいるならともかく,田舎だと駅とスーパーが近い程度のロケーションではまだまだ自家用車に頼らざるを得ないというのが現実なのだろうか。

2006年10月25日

●リードの厚さのナゾ

クラリネットを買うときに,リードについては何もわからなかったので,スーパーの店員が「こちらの厚さが一般的です」と勧めてくれたものを1箱(10枚入)購入した。これが厚さ2・1/2というモノ。

一般的な厚みのリードで音が出ないことには話にならないだろうから,とりあえずはこのリードで吹けるように練習した。ある程度音が出るようになってくると,10枚のリードの中でも個体差があって,明確に吹き辛いものと,吹きやすいものがあることが判ってきた。調べると1箱買っても「当たり」と思えるリードは1,2枚なのだとか。

では厚みの違うリードではどのくらい感じが違うのもなのか。リードは1枚ずつのバラ売りもしていることだし,最初に買ったものから上下1/2段ずつ厚みの違うリードを数枚サンプリングしてみた。薄い側が2,厚い側は3である。

実際に吹き比べた感じだが,3は2・1/2に比べて多少抵抗が増したかな,という程度でさほど違和感を感じなかった。一方2の方は軽い息でも大きい音が出る代わりに,高音のコントロールが難しく,その違いが実感できる。

厚いリードと薄いリード,どちらが良いのかは結局よく判らない。厚い側には3よりももっと厚いリードがあるが,これは吹くのにかなりの抵抗がありそうだと想像できる。パワーのある人が使うと安定した迫力のある音が出るのかもしれない。薄いリードは繊細なイメージで,わずかな息の違いで音が大きく変わるため,吹きこなすのが難しそうだ。Webmasterのレベルでは,当分は最初に勧めてもらった2・1/2くらいがちょうどいいのかもしれない。

20061025.jpg

2006年10月24日

●週末見た景色2 西山荘

西山荘は常陸太田市にある水戸光圀公(黄門さま)が晩年を過ごした地。隠居してから亡くなるまでの10年間,質素倹約を旨とし日本史の編纂に励んだ光圀公。じつはこの後近くの「竜神大吊橋」も見た。こちらは無駄な公共事業の代表として全国的に有名である。事業の是非はともかく,どちらの名所も紅葉の時期はとても綺麗だろう。

20061022_01.jpg 20061022_02.jpg 20061022_03.jpg 20061022_04.jpg 20061022_05.jpg

2006年10月23日

●週末見た景色1 Lynxミニライブ

近所でやっていたフルートアンサンブルLynxのミニライブ。PA(アンプ・スピーカ使用)だったのが少し残念だが,フルートは音が小さいし屋外イベントだったので仕方が無い。

こういう演奏を聴くとフルートもいいな,と思う。今使っているクラリネットは安物で,いずれ多少マシな楽器が欲しいとも思うのだが,買い替えるときにはまた悩みそうだ。

20061021lynx.jpg

2006年10月19日

●デジカメ修理完了

故障して入院していたデジカメFinePixS5000が戻ってきた。修理内容はCCD基板交換とある。修理見積りでは1.5万円かかると脅されていたのだが,実際の請求はタダだった。取次ぎの写真屋によると,メーカーが「ユーザの取扱い方法による不具合か,製品自体の不良か判断できなかったため,今回は無料とさせて頂く」と言ってきたらしい。

こちらとしては有料でも構わないと思っていたので,無料で直してもらってラッキーだった。早まって中途半端な新製品に手を出さずにおいて良かった。

デジカメや,フィルムカメラでも電脳満載のEOSなどはヘタをすると数年で修理不能の故障を起こす。電脳機器の故障はたいてい1か0で中間段階がない。今回のデジカメの故障も,昨日まではまったく問題なかったのに,今日撮ろうとしたら写らないのである。また,電脳カメラは必ず電源を必要とし,電源がなければ「1枚だけでも」といくら念じても絶対に写らない。

それに比べれば40年前に発売されたペンタSPは,経年劣化により新品の時に比べれば写りは悪くなっているかもしれないが,まったく写らないということはないし,電池も必要ない。これは「記録」という意味ではけっこう重要で,ピンボケでも手ぶれでも,何がしか写っているのと,まったく何もないというのでは雲泥の差がある。

世間では一眼レフデジカメの売れ行きが好調らしく,カメラメーカーも競って新機種を発売している。だが果たして,これらのカメラのうち40年後でも動作し,写真が取り出せる状態のものが何台あるだろうか。画素数や機能を競うのも結構だが,カメラとしての信頼性を望んでいる人も多いと思う。まあ,商売としては次々と買い換えてもらう方がいいに決まっているのだが。

2006年10月17日

●猫のピート 生後18ヶ月

ピートもいつの間にか生後18ヶ月(1歳半)である。体重はピーク時で6.2キロまで増えたが,今はフードをライト系(ピュリナONE)に変えて5.8キロというところ。ライト系フードでもサイエンスダイエットなどはほとんど口を付けず(ハンストのつもり?),どうしたものかと思っていたが,ピュリナONEは食べてくれたので良かった。

今のところ病気もせず元気いっぱいで,年1回のワクチン接種(3種混合)も済ませた。あまりにも元気すぎておもちゃで遊んでいると頭から壁に激突したりベッドやテーブルから逆さに落ちたりするのでケガでもしないかヒヤヒヤしている。

夏は新潟への帰省に連れて行った程度で,暑いので散歩はあまりしなかった。普段は快適なインドアライフを送っているため,炎天下に出ると舌を出してハーハーし始めるのである(犬と違って猫でこれをするのは危険信号)。

1日の行動パターンはだいたい決まっていて,
朝:朝食を作るKinoppy氏と共に起床。朝から暴れて廊下に閉め出される。
午前中〜夕方:食事の後はソファの背もたれかカゴの中で惰眠をむさぼる。Kinoppy氏が在宅ならゴロゴロ甘える。
夕方〜宵の口:Webmasterのパソコンを邪魔する。
夜〜寝るまで:もっとも元気な時間帯。Kinoppy氏かWebmasterに遊んでもらえるまで暴れる。
深夜:食事をもらって2人が寝ると,自分も寝る。

という感じだろうか。

フルートやクラリネットを吹いたときのピートの反応だが,最初のうちはやはり音がうるさかったのかトイレに避難したりしていたのだが,そのうちにニャーニャー鳴きながら足下をうろついたり,最近では椅子に座って吹いていると膝に乗ってくるようになった。演奏を止めさせる一番効果的な方法だと学習したようだ。

噛み付きはWebmasterに対してはあまりしなくなったのだが,誰に似たのか女性の脚がお好きなようで,Kinoppy氏のスネによくかぶりついて泣かせている。

夜の寝床はネコイエかソファの背もたれの上が多いが,そろそろ朝晩寒くなってきたので,人間のベッドにもぐり込んでくるかもしれない。

pete20061017_01.jpg pete20061017_02.jpg pete20061017_03.jpg

【関連記事】

2006年10月12日

●今週見た景色 幕張

今週は幕張メッセで行われた某イベントでブースの説明員という大役を仰せつかり,イベントコンパニオンのお姉様方と共にお客様のお相手をした。さすがにメッセでのプレゼンは初めての経験で,お客様も大勢来てくださりありがたかったが,ブースを離れるヒマがなくて水も飲めずトイレにも行けないという状態で疲労困憊である。

20061010_01.jpg 20061010_03.jpg 20061010_04.jpg

イベントコンパニオンの方たちが私服で準備したり説明を受けている光景。なかなかのレアショット?彼女たちは普段から礼儀正しく愛想も良く,さすがはプロフェッショナルという印象だ。同僚は「終わってから飲みに誘えないかな」と期待していたがたぶんムリだろう。

20061010_05.jpg 20061010_06.jpg

目の前のブースのコンパニオンさんが,会場中で一番扇情的なコスチュームを着ておられ,目のやり場には困らなかった苦労した。またバックヤードに入ると自ブースのコンパニオンさんが休憩したりメイクを直したりしていて,いろいろな意味で貴重な経験となった。しかしあまりにも疲労が激しいのでできれば毎年は遠慮したいところである。

2006年10月08日

●今日見た景色 助川市民の森

先週に引き続いてアナログカメラを持ってハイキング。行き先は日立市の助川市民の森。今回はKinoppy氏のペンタSP+55mmは変わらずだが,ピートという大荷物があるので,荷物を少しでも軽くするために予備機は軽量のEOS100p+50mmという組み合わせ。

20061008_01.jpg 20061008_02.jpg 20061008_03.jpg

暴風雨が過ぎた後で空気が澄んでおり,ほぼピーカンという絶好の撮影びよりだったものの,プリントした写真を見ると思ったように撮れた写真が少なく,反省点の多い結果となった。ペンタSPは画面の右1/4ほどが暗く写る現象がたまに見られる。

このカメラで今後もたくさん撮るなら分解調整が必要な気がするが,これを分解調整に出すお金があればおそらく上等なマニュアル一眼の中古カメラが買えるだろう。悩ましいところだ。

そもそも前回と今回の撮影だけで,フィルム7本(安物ネガ),同時プリントとCD書き込み料金合わせて1万円以上かかっている。恐ろしいランニングコストである。

2006年10月05日

●頂き物 PSP

またもや頂き物で大変恐縮だがPSP(プレステポータブル)である。

携帯ゲーム機を手にするのは任天堂のゲームウォッチ以来だ。

Wi-Fiとブラウザが標準で内蔵されていて,単独でパソコン用の無線LANにつながってインターネット閲覧も可能。面倒な設定も必要ない。たいしたものだ。ファームウェアのアップデートなどもネット経由で行われる。

ゲームはあまり得意ではないのだが,面白い使い方はないものだろうか。Windows用にはいろいろとPSPを活用するためのソフトがあるようだが,AppleとSONYというのは携帯音楽プレーヤをめぐるいろいろなことがあって,MacとPSPの相性というのはイマイチなのかもしれない。一応USBでつなげばファイルのやり取り程度はできる。

psp.jpg

2006年10月01日

●週末見た景色 花貫渓谷〜土岳山

実は愛用のデジカメFinePixS5000が故障して入院中である。どうやらAEまわりのトラブルらしく,明るいところでは露出が大幅にオーバーになってしまう。修理見積もりを取ったら15,000円(+見積もり代2,000円)と出た。かなり微妙なところであるが,Kinoppy氏も使い慣れた機械であるし,なにより2年前に他界した父の形見でもあるので,修理をお願いしたところである。

さて,久しぶりにデジカメがない環境となったことだし,いい機会なので銀塩カメラにも風を当ててやろう。電脳一眼レフのEOS5+EF50mm F1.4に加えて,やはり父の形見であるASAHI Pentax SPOTMATICも引っ張りだす。この機械は実家で発掘して以来ほとんど使ったことがなかったので,ちゃんと撮れるのか確認したかったのだ。

行き先は茨城県高萩市の花貫渓谷〜土岳山(標高600メートル)。写真はすべてKinoppy氏撮影。レンズはSuper-Takumar 1:1.8/55,内蔵露出計が壊れているため,露出はEOSの露出計の値を参考にして決めた。FinePixは約10倍のズームレンズ搭載なので普段はついズームに頼ってしまうが,写真の基本は50mmと言われていて,必要な画角は足で稼ぐものと教えてあげたらKinoppy氏も撮影を楽しんでいた様子。

20060930_01.jpg 20060930_02.jpg 20060930_03.jpg 20060930_04.jpg

フィルムはホームセンタで売っているISO400のカラーネガ。心配していた写りだが,まずまず良い感じで,40年前の機械でメンテナンスもしていないことを考えれば充分だろう。本当は分解清掃調整に出したいところだが,また金がかかりそうだ。

20060930_05.jpg

取り直しが効かず,現像に出すまで結果もわからない銀塩カメラは不便ではあるが,その分一枚一枚に心がこもるというか,思い入れがあって出来上がりの写真を見ながらの反省もまた楽しい。だが経済的には圧倒的に不利で,これからは本当に好きな人の道楽としてのみ生き残っていくメディアだろう。

2006年09月24日

●頂き物 ZO-3ギター

FERNANDESのZO-3(ぞーさん)ギターを頂いた。(しかも2本。多謝!)
アンプスピーカ内蔵なので電池を入れれば単体で音が出る。

Kinoppy氏は簡単なコードくらいなら弾けるようだが,Webmasterはサッパリだめ。まったく指が動かない。相当練習が必要である。

本も読みたいし楽器も練習したい。仕事なんかしてる場合じゃない。と,思うのだが実際は出張や期末の仕事に追われる日々である。

zo-3.jpg

2006年09月22日

●今日見た景色 名古屋

またしても常滑市日帰り。時間がなかったので写真はJR名古屋駅周辺。

吹奏楽(?)集まりのために名古屋のお土産調達してきました。お楽しみに。

nagoya060922_01.jpg nagoya060922_02.jpg nagoya060922_03.jpg

2006年09月13日

●今日見た景色 那覇

沖縄は人生初上陸だが仕事。飛行機はポケモンジェット(B747-400)。帰る頃にちょうど台風が来そうで心配。

京ぽんだと写真がうまくアップできない。

okinawa01.jpg okinawa02.jpg okinawa03.jpg okinawa04.jpg okinawa05.jpg

2006/9/17追記:

幸い16日は本島への台風の影響はあまりなく,無事に帰ってくることができた。航空会社と旅行会社からはかなり脅されたが,地元のタクシー運転手や店員は「ぜんぜん大丈夫ですよ〜」と当初から言っていた。さすがだ。

なんくるないさ〜。

okinawa06.jpg okinawa07.jpg okinawa08.jpg

2006年09月10日

●週末見た景色 仙台

定禅寺ストリートジャズフェスティバルにお誘い頂いたので,ジャズと牛たんを堪能してきた。

sendai060909_01.jpg sendai060909_02.jpg sendai060909_03.jpg sendai060909_04.jpg sendai060909_05.jpg sendai060909_06.jpg

2006年09月07日

●クラリネット練習中2

Der Lindenbaum『菩提樹』(シューベルト)。Kinoppy氏にフルートで下のパートを吹いてもらっている。間違っているしテンポも合っていないが,曲の最後でちょうど良くピートが鳴いてくれたのが面白かったので公開。

2006年09月06日

●劇場版Zガンダム

3部作のDVDが出揃ったのでレンタルで鑑賞。ネットの世界で平和に暮らしたかったら政治と,宗教と,ガンダムの話は書くなという格言がある。それほどまでにガンダムというのは(ある年齢層の,特に男性の)人々にとって思い入れが大きい恐るべき作品なのだ。

なので感想というのは非常に書きにくい。Webmasterはリアルタイムの1st世代ではないが,一応大人になってから再放送などで初代ガンダムテレビシリーズ,劇場3部作DVD,Zテレビシリーズ,ZZテレビシリーズ,逆襲のシャアDVDあたりは観ているが,これらはガンダムの名を冠する多くの派生シリーズの一部に過ぎない。

この中では個人的にZと逆シャアが好きだが,そう公言するとたいてい初代原理主義の人からは石を投げられそうだし,クォリティーが段違いの∀(ターンエー)やSEEDが好きな人からはバカにされる。

Zのどこが好きかといえば,やはりモビルスーツだろうか。複雑な変形機構は強度上不利だろうと頭ではわかっているのだが,変形という響きが心の琴線に触れるのである。最近のプラモデルはスタイルを維持しつつ完全変形が可能らしいので,いつか組んでみたいと密かに思っている。昔のものはスタイル重視だと変形不可能,変形可能なものはスタイルがいびつだったりパーツの付け替えが必要だった。

リックディアス,マークII,百式,ハイザックあたりも変形はしないが好きである。どことなく中世の騎士風で丸みを帯びていた初代のモビルスーツに比べ,直線部分が多くメカメカしいのが良い。

お話という意味では主要キャラクターがばんばん死んでいくし主人公の最後もあんな風(テレビ版)でかなり悲壮なのだが,戦争を描いている以上,単純なハッピーエンドには成り得ないだろうから,あんなものだろう。

あとはシャア(クワトロ)だ。彼が赤いモビルスーツ(リックディアス)に乗って登場するシーンでシビれた人は多いのでは。

ということで,劇場版とは関係ない感想になってしまった。テレビシリーズを知っていれば飛び飛びのエピソードの幕間をある程度頭の中で補完して観ることが出来るが,テレビを未見の人には少々わけがわからないかもしれない。なぜ地球連邦(ティターンズ)がザクで,スペースノイド(エゥーゴ)がガンダムなのか(初代は逆だった)とか,予備知識を入れてから観ないと混乱するのではないか。

2006年09月04日

●バイオリンのナゾ

カタログギフトを頂戴する機会があり,中を見るとずいぶん高額そうな商品が並んでいるので恐縮してしまったWebmasterである。

様々なジャンルの商品の中には楽器もいくつかあり,ギターやウクレレと並んでなんとバイオリンがある。「海外一流メーカーの指導を受けて生産された・・・」と微妙な表現で紹介されているが,シャレのつもりでこれに決めた。カタログギフトの醍醐味は普段買わないような品を思い切って選べることにある。

さて,ブツは届いたがWebmasterもKinoppyもバイオリンには触ったことすらない。ケースに入っていたのはバイオリン本体と,弦を擦る毛の付いた棒(弓?),それからメンテに使うらしい茶色の樹脂状のモノで,取説や教本の類は一切ない。

バイオリンを弾く映像を思い浮かべて,Kinoppyが棒で弦を擦ってみるがまったく音が出ない。バイオリンがヘタクソなので有名(?)なしずかちゃんだって,ギーギーギコギコと音は出るのになぜだ。じつは単なる飾り物で演奏は出来ないシロモノなのか?

不安を感じつつも,こういうときはインターネットで検索だ。いくつかのページを見ていくと,どうやら弾き始めの時は毛のところに松脂(まつやに)を塗るらしいということが判る。ケースに入っていた茶色い樹脂がおそらく松脂を固めたものであろう。

松脂の表面を少し傷つけて,弓の毛をなすりつける。表面がペタペタ感じるようになるまでなすりつけたら,無事に音(のようなもの)が出るようになった。

しかし教本がないので弾き方がさっぱり判らない。クラリネットは独学でもなんとかなりそうな手ごたえのようなものを感じたが,バイオリンは前途多難という感じがする。

参考:pyon*weblog ピートの憂鬱

violin.jpg

2006年09月03日

●銀座で買い物

有楽町には仕事で何度も行く機会があったのだが,JR有楽町駅から皇居とは逆方向に歩くとそこが銀座であるという事実を知らなかった。銀座というと何やら田舎者が近づき難い雰囲気であったのだが,少し親近感がわいたWebmasterである。

というわけで帝国ホテルに泊まったついでに銀座山野楽器で記念に買い物。

mouthpiecepatch.jpg

2006年08月27日

●週末見た景色 有楽町〜皇居周辺

有楽町〜皇居周辺。宿泊は帝国ホテル。ディナーは「バイキング」の元祖インペリアル・バイキング。

店名は,社内公募で決まりました。当時,日比谷の映画館でカーク・ダグラス主演の映画「バイキング」が上映されていたこと,また,北欧の海賊”バイキング”のイメージが新しいレストランの食のスタイルと重なったことがヒントになりました。

yurakucho01.jpgyurakucho02.jpg yurakucho03.jpg yurakucho04.jpg

2006年08月20日

●譜面のナゾ

Kinoppyがフルート用の譜面をクラリネット用に翻訳してくれた。調性がフルートはC(ハ),クラリネットはB♭(変ロ)と異なるため,フルート用に書かれた楽譜はそのままではクラリネットには使えない。

・・・ということなのだが,この辺は勉強不足でまだよく解っていないWebmasterである。つまりフルートの楽譜の「ド」をクラリネットで「ド」として吹いても調のずれた曲になってしまう,ということらしい。翻訳してもらった譜面を使うことで,(練習すれば)フルートとクラリネットで同じ曲を合奏することができる。

楽器吹きの人がよく「サックスはエス管,フルートはツェー管,クラリネットはベー管」などと言うが,これは音名をドイツ語で表したもの。エス(Es)は英語表記でE♭(変ホ),ツェー(C)は同じくC(ハ),ベー(B)はB♭(変ロ)ということになる。

fumen.jpg

2006年08月16日

●クラリネット練習中

2週間ほど教本やDVDで練習してきたクラリネット,まだとても人に聴かせられるレベルではないが,それを言ったら独学ではそんなレベルに達するのは何年先になるかわかったものではない。どうせなら多少なりとも練習の成果が感じられるように,その時々の演奏を録音して,さらにそれを公開すればいい意味でプレッシャーになって上達するのではないか。

ということで恥を忍んで録音ファイルを公開してみる。再生ボタンを押すと音が出るので,職場などでご覧頂いている場合はご注意願いたい。

曲目は教本の最初の方にある「ダッタン人の踊り」(ボロディン)のつもり。

2006年08月15日

●エアロソアラ

ついに室内で飛ばせるラジコン(※)飛行機が¥2,600で買える時代が来た。タカラトミーのエアロソアラである。夏休み,帰省する以外はクーラの効いた室内で徹底的にインドアレジャーで過ごすことに決めたWebmasterとしては是非サンプリングせねばなるまい。

機体は発泡スチロールで,モータとプロペラは主翼後端上に配置されている。墜落したときに壊れないようにという配慮だろう。他に動くのはラダーで,推力の可変とラダーによって上昇下降,左右旋回を実現する。充電は機体をプロポにセットすることで行い,40秒の充電で約30秒の飛行が可能。

実際に室内で飛ばしてみると,これがなかなか難しい。公式サイトの調整方法を見ながら機体を調整して,しばらく練習したら旋回飛行はなんとかできるようになった。難しいが,これはとても楽しい。リビングで飛ばしても充分楽しいが,できれば体育館などの少し広い場所だとより楽しめるだろう。


※赤外線(IR)コントロールなので正確にはラジコン(RC)ではない。

2006年08月13日

●クラリネット関係買い物

帰省で新潟に行ったついでに,ヤマハ新潟店を覗いてみる。10年以上ぶりに入ったが,それほど広い店舗ではないのにけっこう充実していて感心。思わずクラリネット関係の品物に散財してしまった。

・マウスピース
 オーディオで重要なのは音の出口となるスピーカと言われるが,クラリネットなどのリード楽器では音の発生源であるマウスピースが重要だ。安物楽器でもここを換えるだけでずいぶん吹きやすくなる場合があるとKinoppyにも言われたので,試しにヤマハのマウスピースを買ってみた。これも単品売りのマウスピースの中では安い方だが,それでもその効果は充分に体感できるもので,やはり付属のマウスピースはオマケ品程度のモノだったことがわかった。音は楽に出るし,ピッチも合わせやすくなって満足。こうなるとリガジャー(リードを止める部品)やリードも欲しくなるのが人情だが,道具に凝りだすときりがないのでまずは練習しなくては...
しかしこのマウスピース,コルクがキツくて取り付けがやたらと大変だった。規格を間違えたかと心配になるほどだったが,これは安物の本体の工作精度が適当だからなのか,一般的にこういうものなのか,よくわからない。

・リードケース
 まだリードの良し悪しが判るレベルではないが,リードを付け替えて吹き比べるにしても,リードケースが無いと面倒だし,第一これを持っているとなんとなくカッコいい気がして買ってしまった。

・教則DVD
 とにかく吹き方を教えてくれる人がいないので,多少もったいない気はしたがこういうものはやはり必要だろう。

2006年08月12日

●今日見た景色 新潟

阿賀町(旧三川村)の道の駅「阿賀の里」。新潟の土産を買うのにたまに立ち寄るところ。

ピートを連れての帰省は3回目。

2006年08月06日

●クラリネット購入

先日の集まりポケットサックスという楽器に触らせてもらい,値段も手頃だし面白そうなので,早速楽器屋に買いに行った。

ところがちょっとした手違いがあって,帰りのwebmasterの手にはクラリネットが…。

ポケットサックスの横に,たいして変わらない価格帯(つまり安物)のクラリネットが置いてあった。安物とはいえ木管ならではの複雑に並んだキーが魅力的で,ポケットサックスよりも断然カッコいい。「試し吹きさせてもらって一発で音が出たら買ってみよう」と決めて試し吹きしたところ,しばらくは「ピーッ」という酷い音(リードミスというらしい)しか出なかったが,そのうちにそれっぽい音が出るようになった。同じリード楽器なので音を出すコツはサックスと似ている気がする。

極端に安い楽器の是非についてはフルートとサックスについて経験者の方から「イマイチだよ」と助言を受けていたが,クラリネットに関しては周囲で持っている人がいないことだし,ひとつWebmasterがパイオニアになろう,という心意気(?)で購入を決めた。

スワブなどのメンテナンス用品一式と消耗品のリード,教本,譜面台なども買ったので結局かなりの出費になってしまった。これは時間がかかっても少しは吹けるようにならないと投資が無駄になってしまう。

そんなわけで一週間ほど練習しているのだが,吹いているうちに下くちびるが痺れるように疲れてしまって長時間吹き続けることができない。これは鍛え方が足りないのか,吹き方が間違っているのか,とにかく周りで教えてくれる人がいないので手探り状態でやっている。それでも音を出していると気晴らしになるし,サックスほど音量が大きくないので気も使わないし,なかなか気に入っている。

クラリネットとフルート

2006年08月03日

●今日見た景色 常滑

愛知県常滑市に日帰り。現地滞在3時間,移動10時間。行きは500系のぞみ,帰りは700系のぞみだった。常滑は焼き物が有名で,INAXの工場がある。

2006年07月30日

●野外ライブ鑑賞

仕事が終わってから近所でやっていた野外ライブを見物に行った。

最近はフルートの練習もすっかりサボっているWebmasterだが,先日Kinoppyのゆかいな吹奏楽仲間たちが集う楽器お試し会に参加して,いろいろな楽器に触り,自分でも何か楽器がやってみたいとすっかり感化されてしまった。野外ライブではジャズやスカのバンドも出ており,なかなか参考になった。

2006年07月23日

●キーボードバスター

ピートが爪を引っかけてまたキートップがもげた。

ノートパソコンのキーボードはこのようなパンタグラフタイプと呼ばれる形式のものが多い。軽いキータッチで,デスクトップ機のおまけで付いてくるキーボードに比べれば入力の感触は良いが,メカニカルキーボードのような爽快感(?)はない。

このようにキートップが外れてもツメの位置を確認して上から押し込んでやれば簡単に元に戻せる。が,ツメが折れてしまったらおしまいだ。今回はパンタグラフ側の引っかかりが外れていて,キートップを乗せて押し込んだだけでは元に戻らず冷や汗をかいた。隣のキートップもわざとはずして,パンタの構造を確認して直したら無事に復旧できた。

keyboard.jpg

2006年07月16日

●LEGOブロック

子供の頃から基本的にはインドア派だったWebmasterはブロックで遊ぶのが好きだった。本当に小さい頃はパーツの大きい幼児用ブロックで遊んでいたが,手先が器用になると,LEGOブロックが欲しくなる。

デパートのおもちゃ売り場に連れて行ってもらうと,たくさんあるLEGOの中から400円とか500円の小さなキットをねだるわけだ。値段の張る基本セットや大型キットに比べると,例えば小さな自動車一台分と人形1体とか,最低限の部品しか入っていないが,何回分か合わせるとそれなりにパーツが揃ってきて,想像力を発揮すればいろいろなモノを組み立てて遊ぶことができる。

買ってもらうキットを選ぶときは,その完成形態は実はどうでもよくて,自分の欲しい部品が入っているか,汎用的に使えるパーツが多く入っているか,ということが重要なわけだ。

また,持っている限られた種類と数のパーツの中で求める形を実現する,それを考えるのもまた楽しい。むしろ基本セットなど与えられない方が,想像力が発揮できて良いかもしれない。

よく作ったのはやはり乗り物で,気に入った形が出来るとやはりお気に入りの人形と一緒に布団の中に潜り込んで「探検ごっこ」とか「秘密基地ごっこ」をするわけである。そのとき布団は未知の洞窟であり,険しい山岳であり,月面や火星の渓谷となった。人形は極めて単純な造形(全体の自由度を合計してもたった7しかない)であったが,けっこう感情移入していて,手がもげたり顔の模様が擦り切れて消えてしまうと悲しかったものだ。

写真は食玩として売っていたモノで衝動買いしてしまった。人形の意匠は凝っているが,構造や規格は昔から変わっていない。
子供の頃は指をくわえて見ているしかなかった基本セットだって買える身分になったが,子供の頃のような創造性が発揮できるだろうか...。

2006年07月15日

●今日見た景色 千葉

千葉の懸垂型モノレール。営業的にはなかなか苦戦しているようだが,こういうシャレた新交通があると「ああ都会だな」という感じがする。

「チバラキ」(千葉も茨城も同じようなもの)と言われたりすることもあるが,たいていの千葉県民は茨城と一緒にされると怒る。当然だろう。

2006年07月10日

●今日見た景色 名古屋~常滑

名古屋~常滑。いろいろと名物の多い名古屋だが,一人だと外食する勇気のない小心者Webmasterであった(coco壱番屋は同僚と一緒に入った)。


2006年07月09日

●サイン入りalgo

算数パズルで書いたように,数学者にして大道芸人というピーター・フランクルさんの講演を聴く機会があった。

大学で講義が出来る程度に話せる言語は12カ国語だそうで,日本語など漢字の読み書きを含めてペラペラである。その流暢な日本語で,面白い講演をしながら算数パズルを出題しつつ楽しい大道芸を披露してくれるのだ。一粒で三度美味しい講演であった。

講演の後,著書の即売会があり,その場でご本人がサインをしてくださるというので,小心者のWebmasterも一番後ろに並んでサインをちょうだいすることにした。

本もためになりそうな内容だったが,欲しかったのはピーター氏が協力して開発された「頭のよくなるゲーム algo」。

本はピーター氏が持参してきた分が完売してしまっていたが,algoは幸運なことにひとつだけ残っていた。
Webmaster「サインは"ピートさん"でお願いできますか?」
ピーター氏「いいですよ〜。あなたはピートさんと呼ばれているのですか?」
W「いいえ。飼っているネコです」
ピ「は?」
W「ネコです」
ピ「ネコ...」

ネコのために快くサインを書いてくださったピーター氏に心より感謝したい。

algo01.jpg
algo02.jpg